183件中 11 - 20件表示
  • 松田龍平

    松田龍平から見た新井浩文

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た浅野忠信

    1999年、映画『御法度』(大島渚監督)でデビュー。同作により日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにした。当時はその後も俳優を続けるという意思は無かったが、この作品で邦画への興味を抱き、それまで洋画ばかり見ていたため何を見て良いのか分からず、この作品で出会い尊敬した浅野忠信の作品を見始め、以前から好きだった『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督作品、浅野出演の映画『ラブ&ポップ』に大きく影響を受ける。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た松本潤

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た松岡茉優

    撮影中、演技について能年が分からないことがあるとよく松田が相談を受けていた。また松岡茉優は「GMT」との距離感について実際に「水口とGMTの関係」を普段から作ってくれていたと語っている。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た水川あさみ

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た庵野秀明

    1999年、映画『御法度』(大島渚監督)でデビュー。同作により日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにした。当時はその後も俳優を続けるという意思は無かったが、この作品で邦画への興味を抱き、それまで洋画ばかり見ていたため何を見て良いのか分からず、この作品で出会い尊敬した浅野忠信の作品を見始め、以前から好きだった『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督作品、浅野出演の映画『ラブ&ポップ』に大きく影響を受ける。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たピエール瀧

    ドラマ『あまちゃん』で共演した能年玲奈には「おもしろい方」と言われ、撮影中に『ゾンビの行進』のモノマネをいきなりしたことや、今後の能年についてお色気路線を薦めたこと、作中で『GMT』を演じた若手女優たちと「しゃべり場」をしていたことなどを暴露された。またあらいぐまラスカルのラスカルに似ていると言われ、能年のブログには『ラスカルさん』と書かれている。本人はその言葉にピンときていなかったというが、後に「ラスカル」を「オスカル」と聞き間違えていたからだということがピエール瀧に明かされた。また ピエール瀧について「あまちゃん」クランクアップの日まで電撃ネットワークの人だと勘違いしていたことも暴露されている。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た森田芳光

    映画『舟を編む』は、プロデューサーが映画『家族ゲーム』の森田芳光監督と父親のぶつかり合いと同じものを求めて企画されたものであり、松田は本作で第38回報知映画賞、主演男優賞を受賞。1983年に同賞を受賞した父親と、史上初の父子での受賞となった。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た大島渚

    中学3年生の時、『御法度』の主役を捜していた大島渚の目にとまり、出演を直接要請される。「自分に出来るわけがない」という想いと高校受験を理由に一度は断るも、受験が終わった後なら出来るか?と聞かれ断る理由が無くなってしまう。最終的には自分で考え俳優の道に進むこととなる。デビュー作ではまだ中学3年生であったが、間接的ではあるが男性同士の絡みのシーンがある過酷なものだった。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たロバート・デニーロ

    NTT docomo dビデオ(2013年2月)のCMではロバート・デニーロと共演。ハリウッドにて優作が亡くなる直前に共演が決まっていたが叶わず、その経緯があったため息子龍平との共演が実現した。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

183件中 11 - 20件表示

「松田龍平」のニューストピックワード