183件中 51 - 60件表示
  • 松田龍平

    松田龍平から見た渋川清彦

    シンフォニー(2013年1月9日、10日、東京WWW 「TWIN TAIL」のライブにて上映。監督は豊田利晃、共演は渋川清彦松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た熊谷真実

    俳優松田優作と女優松田美由紀の長男。弟は俳優の松田翔太、妹はゆう姫(ユウキ。エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル)、伯母は女優の熊谷真実。元妻はモデルの太田莉菜。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た三輪明日美

    『17才』に1シーンだけ出演している理由について、当時はまだ芸能界の常識も知らなかったため『死びとの恋わずらい』で知り合った三輪明日美や猪俣ユキが監督の木下ほうかと繋がりがあったため、事務所に無断で出演しかなり怒られた。だが、今思えば改名前の菊地凛子などが出演し面白いキャスティングになっていると語っている。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た訓覇圭

    ドラマ『あまちゃん』(NHK)で連続テレビ小説に初出演し、能年玲奈演じるヒロインのマネージャー・水口琢磨役として人気を博した。出演に関しては宮藤官九郎の舞台『メカロックオペラ R2C2』での縁や、ドラマ『ハゲタカ』のプロデューサー訓覇圭、演出の井上剛が関わっていることがきっかけだという。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た石井裕也 (映画監督)

    2013年、映画『舟を編む』では「特に責任を感じて取り組みたかった。」といい同年齢の石井裕也監督と初めてぶつかった作品とし「1人じゃ戦えないことを痛感した」ことや周囲と話さなくてはいけない気持ちを持って現場に向かうようになったことを語った。本作は多くの作品賞を受賞。また松田自身、国内主演男優賞を総なめにした。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た山尾庸三

    長州ファイブ(2007年2月10日、リベロ) - 山尾庸三松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た生田信

    劒岳 点の記(2009年6月20日、東映) - 生田信松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た中村七之助 (2代目)

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た伊達政宗

    大河ドラマ 天地人 第28話 - 最終話(2009年7月12日 - 11月22日、NHK) - 伊達政宗松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たPES

    PES 1stソロアルバム『素敵なこと』(12曲目「OK! MEXICO」に歌唱参加)松田龍平 フレッシュアイペディアより)

183件中 51 - 60件表示

「松田龍平」のニューストピックワード