板尾創路 ニュース&Wiki etc.

板尾 創路(いたお いつじ、1963年7月18日 - )は日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・130Rのボケ担当である。相方はほんこん。愛称はイッツジー。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「板尾創路」のつながり調べ

  • 笑いの剣

    笑いの剣から見た板尾創路

    番組は毎回吉本興業のお笑い芸人たちを20組近くゲストに招き、和泉修率いる「帝国軍」と蔵野孝洋(現・ほんこん)率いる「反乱軍」とに分けて勝負させていた。賞金は毎週10万円ずつ加算されていき、3連勝したほうが貯まった賞金を全額手に入れられた。もともとは「圭・修帝国軍」と「130R反乱軍」だったが、蔵野の相方の板尾創路が女子中学生へのわいせつ行為で逮捕されて芸能活動を自粛したため、前述の体制になった。(笑いの剣 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た板尾創路

    定時制高校の卒業後は、「手に職をつけたい」と思い寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討した。しかし学費が高く、肌が弱かったために医者から「水を扱う職業には向いていない」と忠告されたこともあって断念。途方に暮れていたときに、当時入学料が5万円程度だった「吉本総合芸能学院」(以下、NSC)に目が留まり、「昔からお笑いも好きだし」と軽い考えで1985年、4期生としてNSCに入学した。同期にNSCでは130R(ほんこん、板尾創路)、桂茶がまがおり、吉本以外ではダチョウ倶楽部やウッチャンナンチャンなどがいる。程なく、ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。ほんこんは「骨付きカルビ」という芸名でボケ、今田は「上ロース」という芸名でツッコミであった。ネタはほんこんが作っていて、節水をテーマにした漫才などをやっていた。(今田耕司 フレッシュアイペディアより)

「板尾創路」のニューストピックワード