207件中 11 - 20件表示
  • 電人ザボーガー (映画)

    電人ザボーガー (映画)から見た板尾創路板尾創路

    『電人ザボーガー』をベースに、主人公・大門豊&ザボーガーと悪の組織・Σの約四半世紀(25年)間にわたる戦いを2部構成で描いており、豊は青年時代(第1部・青年期の章)を古原靖久、熟年時代(第2部・熟年期の章)を板尾創路がそれぞれ演じている。電人ザボーガー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • デカ 黒川鈴木

    デカ 黒川鈴木から見た板尾創路板尾創路

    板尾創路は、木曜ミステリーシアターの前身である木曜ナイトドラマ枠で放送された『連続ドラマ小説 木下部長とボク』(2010年1月期)以来2年ぶりの主演となり、脚本は同作を手掛けた大宮エリーが担当する。デカ 黒川鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • 月光ノ仮面

    月光ノ仮面から見た板尾創路板尾創路

    板尾創路が監督・脚本・主演を務めた2作目の作品で、古典落語『粗忽長屋』をモチーフにしている。月光ノ仮面 フレッシュアイペディアより)

  • 今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説

    今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説から見た板尾創路板尾創路

    私生活が謎に包まれた芸人・板尾創路を密着取材。予想不可能な板尾の行動をクイズとして出題する。今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 130R

    130Rから見た板尾創路板尾創路

    板尾創路(本名:同じ 1963年7月18日 - )130R フレッシュアイペディアより)

  • フリンジマン

    フリンジマンから見た板尾創路板尾創路

    『フリンジマン』(FRINGE-MAN)は、青木U平による日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2013年第24号から2014年22・23合併号まで連載された。愛人作りのベテランである主人公が、「とにかく愛人が欲しい」と願う冴えない男たちに、自身の愛人作りのノウハウをレクチャーしていくコメディ漫画である。2017年に、板尾創路主演でテレビドラマ化された。フリンジマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラゾーン (テレビ番組)

    ウルトラゾーン (テレビ番組)から見た板尾創路板尾創路

    『ウルトラQ』に登場する怪獣(ケムール人、ラゴン、M1号)が登場する、新造型のスーツによる約5分の短編コメディドラマ。このコーナー中のみ板尾創路がナレーターをつとめる。初回となる第7話と第24話の「70年代ドラマが好き!」では「これからの5分、あなたの目はあなたの体を離れ、この不思議な時間の中に入って行くのです。」と、「ウルトラQ」での石坂浩二風のナレーションで始まっていた。またこのコーナーのみ右下の番組ロゴウォーターマークがコーナー名となる。第6話では予告が放送。ウルトラゾーン (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • Quick Japan

    Quick Japanから見た板尾創路板尾創路

    板尾創路・ピエール瀧『板尾創路とピエール瀧の「行列のできるお悩み相談所」』Quick Japan フレッシュアイペディアより)

  • あさひるばん

    あさひるばんから見た板尾創路板尾創路

    それから30年後。不惑の年を超えた「あさひるばん」(浅本:國村隼、日留川:板尾創路、板東:山寺宏一)は、三人三様の人生を歩んでいた。ある日、高校生時代の3人の「マドンナ」だった野球部マネジャー・幸子(斉藤慶子)の娘・有三子(桐谷美玲)から、浅本の下に1通の手紙が届く。宮崎を離れていた浅本と日留川は、その手紙をきっかけに、久し振りに宮崎へ集結。やがて、2人の一計で板東も加わって、新たな挑戦を始める・・・・。あさひるばん フレッシュアイペディアより)

  • 着信御礼!ケータイ大喜利

    着信御礼!ケータイ大喜利から見た板尾創路板尾創路

    読み上げられた作品は、審査委員長である板尾創路が携帯電話の受信感度風に「アンテナ3本」「アンテナ2本」「アンテナ1本」「圏外」の4段階で判定する。基本的には、アンテナ1本や圏外の判定が下されることは滅多にない。マニアックすぎる内容や番組直前のニュースを見ていないとわからないような内容の場合、アンテナ1本または圏外の札が上げられる。なお、初期には1本判定されることもよくあった。最後に1本の判定が出たのは2017年の正月SPである。これは、大喜利運試しとして2017番目に送った投稿を無条件で採用されたため。着信御礼!ケータイ大喜利 フレッシュアイペディアより)

207件中 11 - 20件表示

「板尾創路」のニューストピックワード