207件中 21 - 30件表示
  • ダウンタウン汁

    ダウンタウン汁から見た板尾創路板尾創路

    当初は60分枠で放送されていたが、番組は放送開始から半年後の1994年4月に放送枠を30分拡大し、「ダウンタウン粕」という番組本編とは別進行のコーナーを放送するようになった。このコーナーには、東野幸治、板尾創路(130R)、蔵野孝洋(130R)、木村祐一の4人が「ハンバーグ」というチームを組んで出演していた。内容はメンバー同時で主に過激なお題に体を張ったことに挑むことが多かった。ダウンタウン汁 フレッシュアイペディアより)

  • 火花 (小説)

    火花 (小説)から見た板尾創路板尾創路

    2017年2月14日、板尾創路監督により映画化されることが発表された。同年11月に公開(後述)。火花 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 木村祐一

    木村祐一から見た板尾創路板尾創路

    NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)で、ダウンタウン、今田耕司、ほんこん、板尾創路など、年齢が下の先輩が多い。浜田雅功と初対面の際、浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。東野幸治とは正確には東野のほうが先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。木村祐一 フレッシュアイペディアより)

  • ルミネtheよしもと

    ルミネtheよしもとから見た板尾創路板尾創路

    。これは、テレビやロケの合間に舞台に出る者が多く、頻繁に新作を稽古し上演するのは難しいためとみられる。現在、板尾創路による舞台は「ルミネtheよしもとプロデュース公演」と呼ばれ、新喜劇とは趣の異なる内容である。ルミネtheよしもと フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た板尾創路板尾創路

    定時制高校の卒業後は、「手に職をつけたい」と思い寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討した。しかし学費が高く、肌が弱かったために医者から「水を扱う職業には向いていない」と忠告されたこともあって断念。途方に暮れていたときに、当時入学料が5万円程度だった「吉本総合芸能学院」(以下、NSC)に目が留まり、「昔からお笑いも好きだし」と軽い考えで1985年、4期生としてNSCに入学した。同期にNSCでは130R(ほんこん、板尾創路)、桂茶がまがおり、吉本以外ではダチョウ倶楽部やウッチャンナンチャンなどがいる。程なく、ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。ほんこんは「骨付きカルビ」という芸名でボケ、今田は「上ロース」という芸名でツッコミであった。ネタはほんこんが作っていて、節水をテーマにした漫才などをやっていた。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 板尾釧路

    板尾釧路から見た板尾創路板尾創路

    板尾釧路 フレッシュアイペディアより)

  • 一杯いきますか!!

    一杯いきますか!!から見た板尾創路板尾創路

    平泉成・板尾創路・矢作兼が演じる3人のサラリーマンが、居酒屋で繰り広げるユル〜い会話を絶妙の間とセリフ回しで表現するショートオムニバスドラマ。一杯いきますか!! フレッシュアイペディアより)

  • 桜と印籠

    桜と印籠から見た板尾創路板尾創路

    『桜と印籠』(さくらといんろう)は、2008年5月26日に公開された日本映画。主演は板尾創路と千原ジュニア。桜と印籠 フレッシュアイペディアより)

  • 富田林市立第三中学校

    富田林市立第三中学校から見た板尾創路板尾創路

    板尾創路(お笑い芸人、130R)富田林市立第三中学校 フレッシュアイペディアより)

  • MALCO

    MALCOから見た板尾創路板尾創路

    メジャーデビュー後3枚のシングルのジャケットとミュージックビデオに130Rの板尾創路が起用されている。ミュージックビデオの監督は竹中直人主演の映画『男はソレを我慢できない』、『海でのはなし。』などの映画監督・脚本家大宮エリーが務めている。MALCO フレッシュアイペディアより)

207件中 21 - 30件表示

「板尾創路」のニューストピックワード