178件中 61 - 70件表示
  • 人生実感バラエティー 板尾家は朝から生中

    人生実感バラエティー 板尾家は朝から生中から見た板尾創路板尾創路

    板尾創路の冠番組で、彼が吉本興業に所属するお笑い芸人たちとともに日曜朝の一般家庭を訪問して回っていた。番組は生放送で、番組タイトルの「生中」とは生中継のことを意味していた。人生実感バラエティー 板尾家は朝から生中 フレッシュアイペディアより)

  • ぜんじろう

    ぜんじろうから見た板尾創路板尾創路

    その後、すぐに「ぜんじろう」と名乗るようになり、同じ事務所の月亭かなめとともに漫才コンビ「かなめ・ぜんじろう」を結成した。林正之助吉本興業会長が彼らの漫才を見て「エンタツ・アチャコの再来じゃ、こいつらを売れ」と言った鶴の一声の大プッシュもあり、各局の新人賞を総ナメにした。『ABC新人漫才落語コンクール』では、優勝候補大本命だった130R(板尾創路・ほんこん)を押しのけて最優秀新人賞を受賞し、関西若手芸人のトップグループに位置した。しかし、相方のかなめがうつ病を発症するなどしてコンビは波に乗れず、程なくして解散。かなめは廃業し、ぜんじろうは再びピンでの活動を開始した。ぜんじろう フレッシュアイペディアより)

  • 虎の門

    虎の門から見た板尾創路板尾創路

    しりとり募金 - 24時間テレビ(2005年8月28日・29日、日本テレビ)の真裏に放送した。板尾創路が挑戦した。ルールは通常の「しりとり竜王戦」と同じだが、挑戦者は板尾のみ。ひとりでしりとりを取り続け、「技あり」の札が出ると100円、「一本」が出ると1000円が24時間テレビの募金に寄付された。ちなみに、募金をカウントする役目はカンニング竹山だった。虎の門 フレッシュアイペディアより)

  • 武士道シックスティーン

    武士道シックスティーンから見た板尾創路板尾創路

    甲本 肇(早苗の父): 板尾創路武士道シックスティーン フレッシュアイペディアより)

  • 池田一真

    池田一真から見た板尾創路板尾創路

    2010年1月からは板尾創路主演のドラマ『連続ドラマ小説 木下部長とボク』(読売テレビ)でドラマの重要人物でもある僕元役で俳優デビュー及び連続ドラマに初出演する。池田一真 フレッシュアイペディアより)

  • いとう あさこ

    いとうあさこから見た板尾創路板尾創路

    R-1ぐらんぷりでは、2003年に初の準決勝進出。以後5回連続で準決勝まで進出していたが、2009年の回では2回戦(シード権を得ていたため、この回の初戦)出場時に、自己紹介をした後ネタを忘れ、もう一度舞台の出入口から出直してネタを一つやったところで制限時間の2分が終わり、結局この回はこの2回戦で敗退した。そして翌2010年は、初の決勝進出を果たし、その明るく自虐ネタをぶちまける芸風を伊東四朗からは「いい!!明るい!!」と高評価され優勝したあべこうじに次ぐ2位評価の「92点」をつけられ、その他の審査員からも高評価を受けたが、板尾創路からは最低評価の「82点」をつけられ、結果は5位だった。いとうあさこ フレッシュアイペディアより)

  • 空気人形

    空気人形から見た板尾創路板尾創路

    板尾創路:人形の持ち主・秀雄空気人形 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤啓

    加藤啓から見た板尾創路板尾創路

    パルコ・プロデュース『WEE THOMAS」(作:マーティン・マクドナー、演出:長塚圭史、出演:北村有起哉、佐藤康恵、中山祐一朗、六角慎司、加藤啓、保村大和、三宅弘城、板尾創路)(2003年、PARCO劇場)加藤啓 フレッシュアイペディアより)

  • QuickJapan

    QuickJapanから見た板尾創路板尾創路

    ピエール瀧・板尾創路『ピエール瀧と板尾創路のハチ公はなぜ剥製にされたのか?』QuickJapan フレッシュアイペディアより)

  • 一杯いきますか!!

    一杯いきますか!!から見た板尾創路板尾創路

    平泉成・板尾創路・矢作兼が演じる3人のサラリーマンが、居酒屋で繰り広げるユル〜い会話を絶妙の間とセリフ回しで表現するショートオムニバスドラマ。一杯いきますか!! フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「板尾創路」のニューストピックワード