27件中 11 - 20件表示
  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た林威助林威助

    11月28日 - 【台湾】中華職業棒球大聯盟のドラフト会議が開かれた。兄弟エレファンツは1位で前横浜DeNAベイスターズの鄭凱文、3位で前阪神タイガースの林威助をそれぞれ指名。Lamigoモンキーズは2位で前オリックスの許銘傑を指名。義大ライノズは2位で前読売ジャイアンツの林イー豪、3位で前福岡ソフトバンクホークスの蕭一傑をそれぞれ指名2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ルー・フォード

    ルー・フォードから見た林威助林威助

    の春季キャンプは故障で出遅れたが、オープン戦後半で好調を維持し、右の大砲として期待された。3月28日、横浜ベイスターズとの開幕戦で7番・右翼手としてデビューを果たした。開幕から数試合はヒットが出なかったが、チームが開幕5連勝と勢いに乗っていたこともあり大きな穴にはならなかった。しかし、その後も結果を残すことができず、葛城育郎や林威助にレギュラーを追われる形となった。7月20日の対中日ドラゴンズ戦で、4回2点を返しなおも1死一・三塁の場面で、1ストライク2ボールから、ワンバウンドするボール球に2球手を出し三振。これに対して監督の岡田彰布は、「1人野球が分かっていない」「あそこできちんと四球を選べたら今頃ファームには落ちてない」と激怒。翌日にはシーズン3度目の二軍落ちとなった。ルー・フォード フレッシュアイペディアより)

  • 1月22日

    1月22日から見た林威助林威助

    1979年 - 林威助、プロ野球選手1月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋光信

    高橋光信から見た林威助林威助

    移籍1年目のは右の代打要員として開幕からベンチ入りするも、極度の不振に陥り開幕1か月で二軍落ち。その後、故障した林威助と入れ代わりで8月29日に一軍昇格。同年初となるスタメンで即日起用され、移籍後初打点を挙げると、8月31日には移籍後初本塁打を放ちお立ち台にも上がった。当時はちょうどチームが10連勝した時期で、連勝中は打率.500の活躍を見せた。高橋光信 フレッシュアイペディアより)

  • 台中市

    台中市から見た林威助林威助

    林威助 (野球台湾代表)台中市 フレッシュアイペディアより)

  • 張泰山

    張泰山から見た林威助林威助

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のチャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会でが阪神タイガースの林威助に4番を譲るも、5番・指名打者として出場した。ドーハアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では優勝を果たした。張泰山 フレッシュアイペディアより)

  • 野原祐也

    野原祐也から見た林威助林威助

    初出場:2009年9月9日、対中日ドラゴンズ19回戦(阪神甲子園球場)、9回表に林威助に代わり右翼手で出場野原祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た林威助林威助

    ''、3月28日の対阪神戦で自身初の開幕投手を務め、3回まで完璧に抑えていたが右手がしびれるアクシデントで逆転タイムリーを許して4イニングで降板して敗戦投手となった。続く4月4日の対広島戦でプロ初先発マスクの同級生・齋藤俊雄とのコンビで1勝したものの、他の試合でも足が攣るなどして4月は先発4試合で1勝3敗、防御率4.29だった。抑えに予定していたトラビス・ヒューズが不調だったことから、大矢明彦監督は寺原の了承を得た上で4月27日の対広島戦で抑えとして起用、セ・リーグからは初となる6年ぶりのセーブを挙げ、5月中旬にはストッパーに固定する方針となった。6月17日には自身と真田裕貴、秦裕二の3人の2001年ドラフト1位が一軍に揃う珍事が起きた。なお真田と秦は寺原がドラフトで競合された際にくじを外した巨人と横浜がそれぞれ獲得したいわゆる外れ1位である。7月6日の対阪神戦で林威助の打球を受け右足すねを打撲して3度目のセーブ失敗となったが、大事には至らず7月9日以降は5連続セーブを挙げた。7月14日には監督推薦によりオールスターゲームに初選出され、8月1日第2戦(横浜スタジアム)で7回から登板して初出場を果たし、1イニングを無失点に抑えた。9月23日の対阪神戦ではプロ初ホールドを挙げた。チームが年間100敗ペースの弱さで登板機会が少なく、10月2日の対中日戦では中8日での登板で李炳圭に勝ち越しスリーランを打たれてチームは13連敗して90敗目を喫した。最終的にリリーフ登板37試合45回2/3で防御率2.76、WHIP0.88、22セーブ1ホールド、2勝6敗だった。セーブ成功率は84.6パーセントで4度のセーブ失敗はいずれも逆転負けした。同点からの登板5試合は2勝2敗1ホールドだった。シーズン終了後の10月中旬時点で来季は先発に戻る事が決まった。オフの契約更改交渉では急な配置転換による「スクランブル手当て」として2,000万円増の年俸8,000万円(金額は推定)で更改した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・メンチ

    ケビン・メンチから見た林威助林威助

    ところが、メンチはオープン戦に入ると140 km/h前後の速球にさえ対応できない弱点を露呈し、打率.143・1本塁打の数字に終わり、シーズン開幕時にはスタメンの座が危ぶまれる状況になった。球団OBで評論家の江夏豊は、メンチは速球を窮屈そうに打つだけでなく、緩い球であっても窮屈そうだから投手としては攻めやすそうだ、という印象を語っている。それでも、定位置を争う桜井広大・林威助が揃って結果を残せなかったこともあり、メンチは開幕後もスタメン出場を続けていた。しかし、状態は上向かず、4月22日に体調不良を訴えて一軍登録抹消となった。なお、当初は腎機能障害の疑いとされたが、その後の検査で腎機能には問題がなかったと判明し、症状としては過度な疲労の蓄積というものであった。ケビン・メンチ フレッシュアイペディアより)

  • 桧山 進次郎

    桧山進次郎から見た林威助林威助

    シーズン当初は二軍で5月4日に一軍合流したが、濱中に加えて桜井広大や林威助などの台頭もあって前年より更にスタメンの機会は減り、控え外野手としても葛城育郎の好調の陰に隠れた。8月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で松岡健一から、自身初の代打満塁本塁打を放ちチームの逆転勝利に貢献。次の試合もタイムリーを放つなど、シーズン終盤には随所で勝負強い打撃を見せた。9月5日には、一軍公式戦への通算1500試合出場を達成している。しかし、通算打率は、前年に続いて1割台と低迷。さらに、代打での打率は.186と、前年から大きく落ち込んだ。10月15日、『デイリースポーツ』紙の1面に「阪神を退団」という記事が掲載され、桧山自身が自らのサイトでこれを否定する一幕もあった。桧山進次郎 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「林威助」のニューストピックワード