21件中 11 - 20件表示
  • 柳川高等学校

    柳川高等学校から見た林威助林威助

    林威助 (阪神タイガース)柳川高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見た林威助林威助

    1イニング4奪三振:2009年9月17日、対阪神タイガース24回戦(東京ドーム)、6回表に鳥谷敬・金本知憲・新井貴浩(捕逸)・林威助から ※史上13人目(セ・リーグ6人目)ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 濱中治

    濱中治から見た林威助林威助

    翌は自身の不振と故障、林威助や桜井広大の台頭があり、一軍と二軍を往復するシーズンとなり、結局打率.193、本塁打6、打点14と不本意な成績に終わる。度重なる怪我のため、阪神では戦力として計算しづらくなり、11月26日にオリックスの阿部健太、平野恵一との交換トレードで吉野誠とともにオリックスに移籍が発表された。12月3日付けでオリックスの支配下選手に登録され、12月5日に入団会見を行い、背番号は7番と発表された。オリックス球団は大阪府下での主催試合で「1人でも多くのファンの方に野球を生で楽しんでもらいたい」という濱中の意向から、背番号にちなんで各試合7名ずつファンを招待する「濱中治のラッキー7シート」を実施することになった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

  • 桧山 進次郎

    桧山進次郎から見た林威助林威助

    シーズン当初は二軍で5月4日に一軍合流したが、濱中に加えて桜井広大や林威助などの台頭もあって前年より更にスタメンの機会は減り、控え外野手としても葛城育郎の好調の陰に隠れた。8月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で松岡健一から自身初の代打満塁本塁打を放ちチームの逆転勝利に貢献。次の試合もタイムリーを放ち、これ以降は勝負強い打撃を見せたが前半の不振が響きシーズン成績は前年に続いて打率1割台、代打での打率は.186と前年より更に落ち込んだ。10月15日、『デイリースポーツ』紙の1面に「阪神を退団」という記事が掲載され、桧山自身が自らのサイトでこれを否定した。桧山進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城育郎

    葛城育郎から見た林威助林威助

    しかしは若手の喜田剛、桜井広大らを押しのけて開幕一軍を勝ち取り、左の代打として出場した。その後、5月に赤星憲広が椎間板ヘルニアで、8月に林威助が右肩痛で離脱した際にはスタメンでも起用され、林の離脱時には高橋光信と共に穴を埋めた。打率は高くないものの勝負強く、9月にチームが10連勝した時には5番を打つこともあり、最も出場数の多かった9月には3割を超える月間打率を記録した。外野守備も以前は送球に難があり、落下点に入りながら落球というプレーもあったが向上している所を見せた。葛城育郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野原祐也

    野原祐也から見た林威助林威助

    初出場:2009年9月9日、対中日ドラゴンズ19回戦(阪神甲子園球場)、9回表に林威助に代わり右翼手として出場野原祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 張泰山

    張泰山から見た林威助林威助

    2006年のWBCでは、阪神タイガースの林威助に4番を譲るも、5番DHとして出場した。張泰山 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た林威助林威助

    1月22日 - 林威助、プロ野球選手1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人枠 (日本プロ野球)

    外国人枠 (日本プロ野球)から見た林威助林威助

    例:大豊泰昭、大順将弘、林威助、蕭一傑、ラファエル・フェルナンデス、金伏ウーゴ外国人枠 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1月22日

    1月22日から見た林威助林威助

    1979年 - 林威助、プロ野球選手1月22日 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「林威助」のニューストピックワード

  • 写真を見るたびに約束事を思い出してもらい、殺処分される不幸な猫の減少につなげたい

  • 白鵬3敗