1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見た林威助林威助

    1イニング4奪三振:2009年9月17日、対阪神タイガース24回戦(東京ドーム)、6回表に鳥谷敬・金本知憲・新井貴浩(捕逸)・林威助から ※史上13人目(セ・リーグ6人目)ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 濱中治

    濱中治から見た林威助林威助

    翌は自身の不振と故障、林威助や桜井広大の台頭があり、一軍と二軍を往復するシーズンとなり、結局打率.193、本塁打6、打点14と不本意な成績に終わる。度重なる怪我のため、阪神では戦力として計算しづらくなった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た林威助林威助

    阪神球団では、2015年同月26日に、掛布を二軍監督として正式に契約。翌27日には、二軍監督へ就任することや、現役時代と同じ背番号31を着用することを正式に発表した。契約期間は2年で、掛布が阪神のユニフォームを正式に着用するのは、現役引退以来27年振り。阪神の選手や首脳陣が背番号31を着用するのは、林威助外野手の退団(2013年)以来2年振りであった。掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

  • 林啓介

    林啓介から見た林威助林威助

    ロッテ時代には、2006年まで同姓の林孝哉も在籍していたため、新聞やスコアボード上などでは「林啓」と表記されていた。阪神入団後の2013年には、かねてから林威助(リン・ウェイツゥ)が日本人選手扱いで在籍していたことから、名字の読みは異なるものの「林啓」と表記されていた。ちなみに林威助も、林と同時に戦力外通告を受けている。林啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た林威助林威助

    引退後3年間欠番とされた後、萩原誠、広澤克実、濱中治、林威助らが掛布の後継者として期待されこの背番号を背負ったが(特にヤクルト・巨人で主軸打者として実績のあった広澤は球団から「31は掛布のイメージが強すぎるのでそれを払拭して欲しい」という要望を受け着用している)、2014年に林威助の退団と同時に掛布がゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター(DC)として阪神に復帰したのを期に、掛布の後を継ぐに足る選手の台頭と成長まで、この番号を凍結する方針を固めた。2016年、掛布は二軍監督に就任しこの番号を再び着用したが、2017年シーズン終了後に退任したため、再び欠番となっている。野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高校野球

    日本の高校野球から見た林威助林威助

    前述の森岡の一件から規則が一部改められた。中学卒業の翌年度に何らかの理由で高校に進学せず、高校入学が通常より2学年遅れとなる18歳になる年度(4月1日時点で満17歳、中学卒業までに原級留置が2年あった場合を含む)になった選手は、高校2年の学年末まで試合出場可と改められた。ただしセンバツ大会では、前年度の大会でもあり新年度の大会でもある側面を持つ為、最長で新3年生となる年のセンバツ大会決勝まで出場可となった。森岡が出場した海星戦は、文字通り新年度となる4月1日に行われたが、今後2学年ずれて入学した選手が学齢で最も早い誕生日となる4月2日生まれの選手であった場合、センバツ大会で上位に進出すれば20歳で出場することもあり得ることになる(この制度が設置される以前の2学年遅れの高校入学者としては林威助が知られており、林威助もまた早生まれである)。日本の高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た林威助林威助

    1月22日 - 林威助、プロ野球選手1979年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「林威助」のニューストピックワード