79件中 11 - 20件表示
  • 林威助

    林威助から見た大豊泰昭

    バリー・ボンズを参考にした打撃フォームが特徴。同じく台湾出身で阪神にも在籍していた大豊泰昭を目標としている。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た王貞治

    も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。アンディ・シーツの不振により3番に入ることが多く、林 (Lin) の L と4番を打つ金本知憲のニックネーム「アニキ」(Aniki) の A を掛けた「LA砲」を形成した。6月10日の対福岡ソフトバンクホークス戦では祖国の英雄でもある相手監督の王貞治の前で、プロ入り初のサヨナラ安打となる本塁打を放った。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と正田耕三打撃コーチ(当時)に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、それでも打率.292を記録。中でも15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって来日12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくないため、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会の台湾代表を辞退。12月に手術を受けた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た金本知憲金本 知憲

    も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。アンディ・シーツの不振により3番に入ることが多く、林 (Lin) の L と4番を打つ金本知憲のニックネーム「アニキ」(Aniki) の A を掛けた「LA砲」を形成した。6月10日の対福岡ソフトバンクホークス戦では祖国の英雄でもある相手監督の王貞治の前で、プロ入り初のサヨナラ安打となる本塁打を放った。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と正田耕三打撃コーチ(当時)に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、それでも打率.292を記録。中でも15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって来日12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくないため、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会の台湾代表を辞退。12月に手術を受けた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た岡田彰布

    前述2008年の復帰戦代打でのブライアン・シコースキーとの対戦で、150 km/hの直球を警戒しつつ初球のチェンジアップに対応した一打には、「あないして対応できるんやからな」と岡田彰布監督(当時)から評価されている。一方、前述の立浪からは「力があっても無駄な動きをしているところがある。もっと打てる選手。外からバットが出やすいようだ」と評されている。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た里崎智也

    初盗塁:2007年6月16日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(千葉マリンスタジアム)、4回表に二盗(投手:清水直行、捕手:里崎智也林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た桟原将司

    初出場:2004年10月10日、対読売ジャイアンツ28回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に桟原将司の代打として出場林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たブライアン・シコースキー

    前述2008年の復帰戦代打でのブライアン・シコースキーとの対戦で、150 km/hの直球を警戒しつつ初球のチェンジアップに対応した一打には、「あないして対応できるんやからな」と岡田彰布監督(当時)から評価されている。一方、前述の立浪からは「力があっても無駄な動きをしているところがある。もっと打てる選手。外からバットが出やすいようだ」と評されている。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た今岡誠

    は前年受けた手術のリハビリなどの影響から、シーズン初出場は5月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦であった。この試合は6回裏1死2塁の場面で代打として登場、一塁線を抜ける適時二塁打を放ち、復帰戦を自らの一打で祝った。この後、一時は今岡誠の不調で日替わりだった5番に定着して3割超の打率を維持していたが、7月8日の対読売ジャイアンツ戦で左膝靭帯を痛めて離脱し、北京オリンピックの台湾代表を辞退。8月に復帰したが、シーズン成績は打率.249, 2本塁打だった。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た真田裕貴

    初打席:同上、6回裏に真田裕貴の前に中飛林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たボン・ジョヴィ

    「Have a Nice Day」- Bon Jovi(? - 2009年)林威助 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「林威助」のニューストピックワード

  • 写真を見るたびに約束事を思い出してもらい、殺処分される不幸な猫の減少につなげたい

  • 白鵬3敗