79件中 21 - 30件表示
  • 林威助

    林威助から見た藤井秀悟

    初安打・初打点:同上、1回表に藤井秀悟から適時二塁打林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た船越雅史

    林が台湾出身であることを知らないアナウンサー・他球団ファンなどには、「はやし いすけ」と読まれてしまうことがあった。WBCの試合では、実況の日本テレビアナウンサー船越雅史に終始「リン・ウエンツ」と間違われていた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たデイリースポーツ

    来日した当初は苦手だった日本語も、長い日本暮らしのおかげで流暢であり、インタビューも日本語で受け答えする。。『デイリースポーツ』の携帯サイトでコラムを連載したこともある。逆に母語である台湾國語はやや忘れかけており、2006年にWBC台湾代表となった際は台湾チームのメンバーや現地記者との会話が一苦労だったという。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た日本テレビ放送網

    林が台湾出身であることを知らないアナウンサー・他球団ファンなどには、「はやし いすけ」と読まれてしまうことがあった。WBCの試合では、実況の日本テレビアナウンサー船越雅史に終始「リン・ウエンツ」と間違われていた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たアルク

    『中国語ジャーナル』2007年8月号(アルク社)では林について特集が組まれ、表紙に載った。また、付録のCDには林へのインタビューが収録されており、普段はほとんど耳にする機会のない林の中国語(台湾國語)を聴くことができる。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た東京ヤクルトスワローズ

    も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。アンディ・シーツの不振により3番に入ることが多く、林 (Lin) の L と4番を打つ金本知憲のニックネーム「アニキ」(Aniki) の A を掛けた「LA砲」を形成した。6月10日の対福岡ソフトバンクホークス戦では祖国の英雄でもある相手監督の王貞治の前で、プロ入り初のサヨナラ安打となる本塁打を放った。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と正田耕三打撃コーチ(当時)に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、それでも打率.292を記録。中でも15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって来日12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくないため、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会の台湾代表を辞退。12月に手術を受けた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た読売ジャイアンツ

    は前年受けた手術のリハビリなどの影響から、シーズン初出場は5月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦であった。この試合は6回裏1死2塁の場面で代打として登場、一塁線を抜ける適時二塁打を放ち、復帰戦を自らの一打で祝った。この後、一時は今岡誠の不調で日替わりだった5番に定着して3割超の打率を維持していたが、7月8日の対読売ジャイアンツ戦で左膝靭帯を痛めて離脱し、北京オリンピックの台湾代表を辞退。8月に復帰したが、シーズン成績は打率.249, 2本塁打だった。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た千葉ロッテマリーンズ

    は前年受けた手術のリハビリなどの影響から、シーズン初出場は5月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦であった。この試合は6回裏1死2塁の場面で代打として登場、一塁線を抜ける適時二塁打を放ち、復帰戦を自らの一打で祝った。この後、一時は今岡誠の不調で日替わりだった5番に定着して3割超の打率を維持していたが、7月8日の対読売ジャイアンツ戦で左膝靭帯を痛めて離脱し、北京オリンピックの台湾代表を辞退。8月に復帰したが、シーズン成績は打率.249, 2本塁打だった。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た田中瑞季

    台湾台中市出身。幼い頃にテレビで見た日本野球に憧れ、小学生時から野球を始める。台中の中学校(中山國民中學)在学時から、台湾ではその非凡な野球センスが話題となっていた。中学卒業後に日本への野球留学の誘いを受け、父の体調を慮って一旦は断ったが、翌年再び勧誘され、日本の文化に触れたい好奇心もあってに柳川高校へ入学した。同級生に田中瑞季がいる。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た濱中治

    も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。アンディ・シーツの不振により3番に入ることが多く、林 (Lin) の L と4番を打つ金本知憲のニックネーム「アニキ」(Aniki) の A を掛けた「LA砲」を形成した。6月10日の対福岡ソフトバンクホークス戦では祖国の英雄でもある相手監督の王貞治の前で、プロ入り初のサヨナラ安打となる本塁打を放った。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と正田耕三打撃コーチ(当時)に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、それでも打率.292を記録。中でも15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって来日12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくないため、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会の台湾代表を辞退。12月に手術を受けた。林威助 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「林威助」のニューストピックワード

  • 写真を見るたびに約束事を思い出してもらい、殺処分される不幸な猫の減少につなげたい

  • 白鵬3敗