79件中 61 - 70件表示
  • 林威助

    林威助から見たスターティングメンバー

    に関西学生野球連盟所属の近畿大学へ進学し、入学直後の春季リーグ戦から右翼手のレギュラーとなり首位打者とベストナインを獲得する。その後は不調に陥り3年時は膝の故障で主に代打で出場し、4年時はその故障をおして3番左翼手でスタメンに復帰、春季リーグ戦後のリーグ選抜に名を連ねたほか、秋季リーグ戦では2度目のベストナインに選ばれた。秋に行われた2002年度ドラフト会議で阪神タイガースから7巡目指名を受け入団。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た千葉マリンスタジアム

    初盗塁:2007年6月16日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(千葉マリンスタジアム)、4回表に二盗(投手:清水直行、捕手:里崎智也)林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た首位打者

    に関西学生野球連盟所属の近畿大学へ進学し、入学直後の春季リーグ戦から右翼手のレギュラーとなり首位打者とベストナインを獲得する。その後は不調に陥り3年時は膝の故障で主に代打で出場し、4年時はその故障をおして3番左翼手でスタメンに復帰、春季リーグ戦後のリーグ選抜に名を連ねたほか、秋季リーグ戦では2度目のベストナインに選ばれた。秋に行われた2002年度ドラフト会議で阪神タイガースから7巡目指名を受け入団。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た日本語

    入学当時はほとんど日本語が分からず、また台湾での中学時代に比べるとはるかに厳しく辛い練習のため「台湾に帰りたい」と思ったこともあったが、2年夏には福岡大会で決勝に進出し、小椋真介を擁する福岡工大付高校に敗れたものの準優勝。しかし入学が2年遅れだったため、3年時は日本高等学校野球連盟で定められている年齢制限を超え公式戦に出場できなかった。甲子園出場という目標を失い、台湾に帰ることを考えたが、日本でプロ選手になることに目標を切り替え、木製バットを使用するなど高校卒業後を見据えた練習に入った。高校通算47本塁打を放っているが、以上のような理由から高校1・2年の2年間での記録である。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た大阪ドーム

    はWBC台湾代表に選出される。シーズンに入ると代打として起用され、セ・パ交流戦では指名打者でのスタメン出場も数試合あった。また、同年に記録した5本塁打のうち、計3本を大阪ドームで放つなど同球場との相性が良かった。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た打席

    も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。アンディ・シーツの不振により3番に入ることが多く、林 (Lin) の L と4番を打つ金本知憲のニックネーム「アニキ」(Aniki) の A を掛けた「LA砲」を形成した。6月10日の対福岡ソフトバンクホークス戦では祖国の英雄でもある相手監督の王貞治の前で、プロ入り初のサヨナラ安打となる本塁打を放った。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と正田耕三打撃コーチ(当時)に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、それでも打率.292を記録。中でも15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって来日12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくないため、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会の台湾代表を辞退。12月に手術を受けた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た近畿大学体育会硬式野球部

    に関西学生野球連盟所属の近畿大学へ進学し、入学直後の春季リーグ戦から右翼手のレギュラーとなり首位打者とベストナインを獲得する。その後は不調に陥り3年時は膝の故障で主に代打で出場し、4年時はその故障をおして3番左翼手でスタメンに復帰、春季リーグ戦後のリーグ選抜に名を連ねたほか、秋季リーグ戦では2度目のベストナインに選ばれた。秋に行われた2002年度ドラフト会議で阪神タイガースから7巡目指名を受け入団。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック台湾代表

    WBC台湾代表に選出される。シーズンに入ると代打として起用され、セ・パ交流戦では指名打者でのスタメン出場も数試合あった。また、同年に記録した5本塁打のうち、計3本を大阪ドームで放つなど同球場との相性が良かった。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た第24回アジア野球選手権大会

    も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬に濱中治が怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。アンディ・シーツの不振により3番に入ることが多く、林 (Lin) の L と4番を打つ金本知憲のニックネーム「アニキ」(Aniki) の A を掛けた「LA砲」を形成した。6月10日の対福岡ソフトバンクホークス戦では祖国の英雄でもある相手監督の王貞治の前で、プロ入り初のサヨナラ安打となる本塁打を放った。交流戦後はシーツの不振に加えて桜井広大の台頭もあり、一塁手としてのスタメン出場も多くあった。しかし、5月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と正田耕三打撃コーチ(当時)に訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。9月27日に一軍復帰するも規定打席には4打席不足したが、それでも打率.292を記録。中でも15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって来日12年目で初めて家族を日本に招くことができた。しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくないため、同年オフに台湾で開催されたアジア選手権大会の台湾代表を辞退。12月に手術を受けた。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見た左翼手

    に関西学生野球連盟所属の近畿大学へ進学し、入学直後の春季リーグ戦から右翼手のレギュラーとなり首位打者とベストナインを獲得する。その後は不調に陥り3年時は膝の故障で主に代打で出場し、4年時はその故障をおして3番左翼手でスタメンに復帰、春季リーグ戦後のリーグ選抜に名を連ねたほか、秋季リーグ戦では2度目のベストナインに選ばれた。秋に行われた2002年度ドラフト会議で阪神タイガースから7巡目指名を受け入団。林威助 フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「林威助」のニューストピックワード

  • 写真を見るたびに約束事を思い出してもらい、殺処分される不幸な猫の減少につなげたい

  • 白鵬3敗