113件中 61 - 70件表示
  • 真打

    真打から見た林家たい平林家たい平

    近年の江戸落語団体では、入門順により真打昇進が運用されているが、特に優れたものに関しては「抜擢真打」として入門順を配慮せず、真打昇進が図られる場合がある。適用例として落語協会では柳家小三治(1969年、17人抜き)、春風亭小朝(1980年、36人抜き)、柳家花緑(1994年、31人抜き)、柳家喬太郎(2000年、12人抜き)、林家たい平(2000年、7人抜き)、春風亭一之輔(2012年、21人抜き)などの例があり、また、落語芸術協会でも春風亭昇太(1992年、7人抜き)の例がある(いずれも、本人記事参照)。真打 フレッシュアイペディアより)

  • オーケープロダクション

    オーケープロダクションから見た林家たい平林家たい平

    田鹿千華(1996年、落語家の林家たい平と結婚し退所)オーケープロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 林家正蔵

    林家正蔵から見た林家たい平林家たい平

    余談ではあるが、笑点の大喜利メンバーのうち、木久扇が8代目の弟子、林家たい平が三平の孫弟子、2代目林家三平が三平の実子で孫弟子、かつ9代目の実弟である。また三遊亭好楽の元は8代目門下で真打となり、8代目の死後はかつて8代目がその名を譲った5代目三遊亭圓楽の門下に移籍した。その5代目圓楽生え抜きの弟子で、名を継いだのが6代目圓楽である。従って、大喜利メンバーのうち落語協会並びにそこから分裂した円楽一門会の人間は、皆「林家正蔵」に関係した者たちで構成されている。林家正蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見た林家たい平林家たい平

    LM.C、Sound Horizon(同人音楽からメジャーデビュー)、ナイス橋本、橘慶太、あじさい、星泉、リリメグ、林家たい平、aika、THE AURIS (SUPER) BAND、木更津キャッツアイ feat.MCU、Hearts Grow、AKB48(メジャーデビュー)2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴々舎馬風

    鈴々舎馬風から見た林家たい平林家たい平

    しかし、高齢ゆえに病を抱え、会長職も満足に務めることが難しくなった事情から、2010年6月に開かれた理事会を最後に会長職を退き、最高顧問となった。その直前、「笑点」において自らが送り出す最後の真打4名の披露口上を番組司会・桂歌丸率いる落語芸術協会との合同形式で行った際、一応自らの弟子である山田隆夫(高座名:鈴々舎鈴丸)と因縁ある林家たい平から「6月で会長を退き、“組長”となる馬風“組長”よりご挨拶」と紹介された。これに「これからは、極道一筋に精進する。手始めに、小遊三をみっちり鍛え直す」と応じ、場内の笑いを誘った。鈴々舎馬風 フレッシュアイペディアより)

  • 芝浜

    芝浜から見た林家たい平林家たい平

    『SHIBAHAMA』 - 林家たい平による新作落語の演目。『芝浜』の現代版で、同じサゲに異なる意味合いを持たせている。芝浜 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井賢

    桜井賢から見た林家たい平林家たい平

    2009年に演歌歌手の冠二郎、落語家林家たい平、俳優の藤原竜也と共に秩父市の観光大使に任命されている。桜井賢 フレッシュアイペディアより)

  • 大喜利 (笑点)

    大喜利 (笑点)から見た林家たい平林家たい平

    初代司会の立川談志から3代目司会の三波伸介まではCMが終わって画面が切り替わった時点で既にメンバー全員が板付きでの挨拶状態だったが、4代目司会の5代目圓楽就任直後の1983年4月ごろからは笑点のオープニング曲に合わせて、上手からメンバーが登場するようになった(現在では、小遊三→好楽→木久扇→三平→6代目三遊亭円楽→たい平→山田隆夫の順に登場する)。メンバーが座り、一旦全員の姿が映された後で司会者(春風亭昇太)が登場し(上手から登場するが、歌丸のみ2014年7月13日放送分以降は下手から登場するようになった)、席に着いて大喜利が始まる(5代目圓楽と歌丸は、席に着いた際に扇子を一打ちしていた)。このオープニングに変更したきっかけは、当時ディレクターであった(後にプロデューサー)飯田達哉の「座ったままでは打ち合わせした後みたいな感じに見える。動きがない」「音楽に乗って登場したほうが出演者のノリがよくなるのではないか」という提案がきっかけである。大喜利 (笑点) フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭昇太

    春風亭昇太から見た林家たい平林家たい平

    2006年5月21日より、日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーに加入した(この時、林家こん平の代理として出演していた林家たい平も、同時に正式なメンバーに昇格した)。4代目司会者の5代目三遊亭圓楽が勇退し、桂歌丸が回答者から5代目司会者に昇格したため、歌丸の後継でレギュラーとなった。銀鼠の着物を着用。歌丸休演時はレギュラー大喜利でも司会を務めたこともあった。春風亭昇太 フレッシュアイペディアより)

  • Jimexlatino

    Jimexlatinoから見た林家たい平林家たい平

    林家たい平独演会Vol.57「天下たい平」にゲスト出演Jimexlatino フレッシュアイペディアより)

113件中 61 - 70件表示

「林家たい平」のニューストピックワード