91件中 71 - 80件表示
  • 秩父地方

    秩父地方から見た林家たい平林家たい平

    林家たい平(落語家)…秩父市出身であることから、たい平が出演しているテレビ演芸番組「笑点」では、「秩父」がたい平自身を指す呼び名にもなっている。大月や静岡も同様の理由による。なお、三遊亭小遊三が、「秩父」という用語を使う場合、単に「田舎」という意味で使われることがある(これは、たい平が「大月」という用語を「田舎」という意味で発言するのと同様)。秩父地方 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶺高文

    長嶺高文から見た林家たい平林家たい平

     (旅人:阿藤快、車だん吉、太川陽介、タケカワユキヒデ、つのだ☆ひろ、寺田農、なぎら健壱、西岡徳馬、林家たい平、舞の海秀平、松岡充、宮川一朗太、目黒祐樹、八名信夫、米倉斉加年、渡辺哲 など)長嶺高文 フレッシュアイペディアより)

  • 増山さやか

    増山さやかから見た林家たい平林家たい平

    テリー伊藤のってけラジオ (2006年8月8日・2007年5月21日林家たい平の代打、2007年5月10日テリー伊藤の代打)増山さやか フレッシュアイペディアより)

  • 1月30日

    1月30日から見た林家たい平林家たい平

    1965年 - 田鹿千華、元フリーアナウンサー(林家たい平夫人)1月30日 フレッシュアイペディアより)

  • 千谷沢村

    千谷沢村から見た林家たい平林家たい平

    大月市 - 三遊亭小遊三の出身地。こん平休養後の2008年ごろから、こん平の弟子・たい平によって、ネタとして田舎扱いの対象とされている。千谷沢村 フレッシュアイペディアより)

  • 東尋坊

    東尋坊から見た林家たい平林家たい平

    「笑点」では、主に林家たい平による殺人事件ネタでの現場として「東尋坊」が用いられ、主に「おじいさん」を突き落とすと云うネタをすることがある。その際、火曜サスペンス劇場テーマ曲を歌い出すのが定番となっている。東尋坊 フレッシュアイペディアより)

  • 三波春夫

    三波春夫から見た林家たい平林家たい平

    同郷の落語家・林家こん平が三波のファンと知られており、こん平の直弟子である林家たい平が自身の真打昇進パーティの席で、当時誕生日が近かった師匠・こん平を驚かせようと、三波に手紙を書いてパーティで唄ってもらおうとしたことがあったが、三波はこん平にその手紙を「お弟子さんの気持ちもわかるが芸能界の順序、しきたりを知らないと今後も同じ失敗をするだろう」という文書とともに送り返したという。三波春夫 フレッシュアイペディアより)

  • 代理戦争

    代理戦争から見た林家たい平林家たい平

    笑点では、三遊亭小遊三(大月市出身)と林家たい平(秩父市出身)による、お互いの出身地を用いた罵倒合戦を、双方の出身地名を取って「大月秩父代理戦争」(小遊三は、第三次世界大戦とも言っている)と称している。これがきっかけで、大月市議会・秩父市議会および両市内の民間団体などで両市の交流などの話が取り上げられるようになったが、久喜邦康秩父市長は、「大月とは縁もゆかりもない」、あるいは大月市訪問を「敵地視察」と冗談混じりに罵倒したこともあった。代理戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭好楽

    三遊亭好楽から見た林家たい平林家たい平

    その反面、前座時代は三遊亭鳳楽(当時・楽松)・6代目三遊亭圓橘(当時・朝治)ら同期で飲んだくれては叱られていた様で、兄弟子5代目春風亭柳朝と一緒に師匠正蔵に謝ってもらったりと、その失敗談の数々を聞いた林家たい平曰く「よく破門にならなかったと思うくらい豪快」。実際のところは行きつけのスナックで溜めたツケの請求を勝手に師匠に回したなどの理由でかなりの回数(本人によれば23回)破門されているというが、いつもしばらくするとなし崩し的に復帰が認められていたという。三遊亭好楽 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭愛楽

    三遊亭愛楽から見た林家たい平林家たい平

    板橋区立中根橋小学校でPTA会長を務めたことがある(2006年度)。2007年12月30日放送の『笑点』の大喜利でのチーム対抗戦で、おじさんチームの座布団運びを務めた際、三遊亭好楽にそのことをネタにされていた(それに対し林家たい平は「山田なんか何にもない」と言い返していた)。三遊亭愛楽 フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示

「林家たい平」のニューストピックワード