前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家こん平

    林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 - )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名は田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。武蔵野美術大学客員教授。言霊群団「夢吽空」団員。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバー。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家ペー

    落語家の直弟子を取っていないが、非公式(番組内で、たい平曰く「芸能人特別枠」と称している)ながらも林家テリ平(テリー伊藤)、林家たいペー(林家ペー)がいるため、2008年には「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「2人とも自分より年上でわがままなので、師匠である私の言うことをまったく聞いてくれない」とネタにしている。ほかに、テリー同様、『テリーとたい平のってけラジオ』で共演した正木あずみが2010年10月に三味線漫談家として弟子入りし、林家あずみの高座名を名乗っている。彼女は、落語協会が公認した初の直弟子(色物)として扱われている。また、上記とは別に、正式な落語家の弟子を取ろうとしたこともあり、たい平の元で見習いとして働いた人物がいるが、落語協会の規定変更により前座として登録することができないことが判明したため、たい平門下への弟子入りを断念している。この人物はたい平の紹介により、三遊亭好楽に改めて入門し、現在は三遊亭鯛好(前座時代の名前は「たい好」)として活動している。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た日本コロムビア

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者(当時)・桂歌丸からはそれをネタにされ、「あのね、歌のCDなんか出さずに落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た稲川淳二

    稲川淳二 - 似ていないと不評であり、自身でも似ていないことを認めている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家木久扇

    落語家を目指すきっかけは、大学に入学した際にふと立ち寄った落研サークルが当時は廃部寸前だったため、何とかしなければと友人数名を集めて廃部を撤回させたことにある。落研サークルでの高座名は「遊々亭迷々丸(ゆうゆうてい めめまる)」。その当時は落語を観たことも聴いたこともなかったために漫才やコントをやっていたが、後にたまたまラジオで流れていた人間国宝・5代目柳家小さんの『粗忽長屋』を聴いて感動し、真剣に落語を始めた。また、武蔵野美大出身という学歴を活かし、著書や自身のCDの挿絵を自ら担当するなど画才でも知られる。また同じく絵を描くことで知られている林家木久扇の絵のアシスタントをしていたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た桂歌丸

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者(当時)・桂歌丸からはそれをネタにされ、「あのね、歌のCDなんか出さずに落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た山田隆夫

    演芸コーナーで若手大喜利が行われた時代から出演していたメンバーでもある。1998年7月に山田隆夫が4週間休んだ際、大喜利下克上(若手大喜利)にてMVPに選ばれ、1週のみ(第1623回の7月12日)山田の代わりに座布団運びを務め、師匠・林家こん平と師弟での共演を果たした。1999年の正月特番で行われた師弟大喜利でも、師弟での共演を果たしている。『笑点Jr.』にも『BS笑点』時代から出演している。放送開始当初は大喜利メンバーとして出演し、2003年11月9日の放送で初めて出演権を剥奪されるが、それ以降は出演権を剥奪されることはなく、復帰した2003年12月7日から最終回まで出演し続けた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た大山のぶ代

    大山のぶ代 - ドラえもんのものまね。また、「ドラ落語」と言う持ちネタもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た藤原竜也

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には翌月開催の秩父夜祭を大々的にPRしており、参加の様子は派生番組の『笑点 特大号』で放送されている。2009年に俳優の藤原竜也、演歌歌手の冠二郎、THE ALFEEの桜井賢と共に秩父市の観光大使に任命された。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た沢尻エリカ

    沢尻エリカ - 「別に」で多用してた林家たい平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示

「林家たい平」のニューストピックワード