前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家こん平

    林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 - )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名、田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。言霊群団「夢吽空」団員。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバーである。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た桂歌丸

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者・桂歌丸からはそれをネタにされ、「歌のCDはいいから落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た三遊亭小遊三三遊亭 小遊三

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には、正式なメンバーとなった2006年以降、7年続けて秩父夜祭を大々的にPRしている。ただし秩父を愛するが故、度を超すと他の地方を罵倒することもある。一例として、『笑点』の大喜利では、大月秩父代理戦争などが有名。しかし、2010年6月6日に大月市で行われた独演会まで大月を訪れたことはなく、この独演会をもって代理戦争を終結させたいとネタにしていたことがある。なおこの独演会には、秩父市長・久喜邦康と大月市長・石井由己雄(大月の人の都留高校時代の同期生)が立ち会ったという。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た三遊亭圓楽 (6代目)

    なお、前司会者・5代目圓楽が療養のため休演した際、大喜利メンバーが交代で代理司会を担当していた(2005年11月27日放送分より桂歌丸に固定)が、大喜利メンバーの中でたい平だけが司会を務めなかった。これは、たい平本人によれば、「自分は、あくまで師匠・こん平の代理として出演していており、師匠を差し置いて司会を務めることは出来ない」ためである。その後、正式なレギュラーメンバーとなった後、2008年6月29日放送分は司会の歌丸が腰の手術で一時休演した際、大喜利の司会を務めた(この日の冒頭は、木久扇と楽太郎〈現・6代目圓楽〉が担当)。「ターボが回転しすぎて、収録後に鼻血が出た」という(笑点オフィシャル本より)。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た山田隆夫山田 隆夫

    演芸コーナーで若手大喜利が行われた時代から出演していた若手大喜利メンバーである。1998年7月に山田隆夫が4週間休んだ際、大喜利下克上にてチャンピオンとなり、1週のみ(第1623回の7月12日)山田の代わりに座布団運びを務め、師匠・林家こん平と師弟での共演を果たした。1999年の正月特番で行われた師弟大喜利でも、師弟での共演を果たしている。『笑点Jr.』にも『BS笑点』時代から出演している。放送開始当初は大喜利メンバーとして出演し、2003年11月9日の放送で初めて出演権を剥奪されるが、それ以降は出演権を剥奪されることはなく、復帰した2003年12月7日から最終回まで出演し続けた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た日本コロムビア

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者・桂歌丸からはそれをネタにされ、「歌のCDはいいから落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た田中邦衛

    さだまさし - 笑点では、六代目円楽が、田中邦衛のものまねであいの手を入れることがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家木久扇

    落語家を目指すきっかけは、大学に入学した際にふと立ち寄った落研サークルが当時は廃部寸前だったため、何とかしなければと友人数名を集めて廃部を撤回させたことにある。落研サークルでの高座名は「遊々亭迷々丸(ゆうゆうてい めめまる)」。その当時は落語を観たことも聴いたこともなかったために漫才やコントをやっていたが、後にたまたまラジオで流れていた人間国宝・5代目柳家小さんの『粗忽長屋』を聴いて感動し、真剣に落語を始めた。また、武蔵野美大出身という学歴を活かし、著書や自身のCDの挿絵を自ら担当するなど画才でも知られる。また同じく絵を描くことで知られている林家木久扇の絵のアシスタントをしていたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家ペー

    現在、『笑点』メンバーで唯一直弟子を取っていないが、林家テリ平(テリー伊藤)、林家たいペー(林家ペー)がいるため、2008年には「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「2人とも自分より年上でわがままなので、師匠である私の言うことをまったく聞いてくれない」とネタにしている。また、落語協会は彼らをたい平の弟子とは公認していない(ペーは漫談家として登録、テリーは未加盟)。ほかに、テリー同様、『テリーとたい平のってけラジオ』で共演した正木あずみが2010年10月に三味線漫談家として弟子入りし、林家あずみの高座名を名乗っている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たさかなクンさかなクン

    さかなクン - 2012年元日で共演。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示

「林家たい平」のニューストピックワード