2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
108件中 91 - 100件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た駄菓子屋

    埼玉県立秩父高等学校を経て、1988年に武蔵野美術大学造形学部卒業後、林家こん平に入門したという落語家としては異色の経歴を持つ。実家はかつてテイラーメイドの洋服店を営んでおり、現在は実母が駄菓子店「駄菓子屋たい平」(由来はたい平本人)を、実兄がうどん店「うどん亭たじか」を経営している。洋服店時代は店内において落語の寄席が催されたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た日本テレビ系列

    林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 - )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名、田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。言霊群団「夢吽空」団員。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバーである。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た趣味悠々

    趣味悠々「落語をもっと楽しもう」(NHK教育テレビ、2006年12月6日 - 2007年1月31日、指南役並びに模範演技)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た落語家

    林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 - )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名、田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。言霊群団「夢吽空」団員。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバーである。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たターボ

    なお、前司会者・5代目圓楽が療養のため休演した際、大喜利メンバーが交代で代理司会を担当していた(2005年11月27日放送分より桂歌丸に固定)が、大喜利メンバーの中でたい平だけが司会を務めなかった。これは、たい平本人によれば、「自分は、あくまで師匠・こん平の代理として出演していており、師匠を差し置いて司会を務めることは出来ない」ためである。その後、正式なレギュラーメンバーとなった後、2008年6月29日放送分は司会の歌丸が腰の手術で一時休演した際、大喜利の司会を務めた(この日の冒頭は、木久扇と楽太郎〈現・6代目圓楽〉が担当)。「ターボが回転しすぎて、収録後に鼻血が出た」という(笑点オフィシャル本より)。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た古典落語

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者・桂歌丸からはそれをネタにされ、「歌のCDはいいから落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た横浜にぎわい座

    2006年5月7日放送で初の座布団10枚を獲得して、賞品である巨石を公開収録会場の山口県周南市から東京まで持ち帰る羽目になった。石は現在横浜にぎわい座の2階の情報コーナーで展示されている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たドラえもん (架空のキャラクター)

    大山のぶ代 - ドラえもんのものまね。また、「ドラ落語」と言う持ちネタもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たフリーアナウンサー

    家族は、同年齢である妻の千華(ちか、1965年1月30日 - )と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。「笑点ブラック団」が単に「嫁」といった場合も、昇太の独身ネタ関係であるケースを除けば、多くの場合は千華を指す。千華は、冨士子夫人に対しては使われることのない「鬼嫁」と呼ばれることもある。巳年生まれであることから、「蛇に睨まれた蛙」などと、蛇に絡めて自虐ネタをすることもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た芝浜

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者・桂歌丸からはそれをネタにされ、「歌のCDはいいから落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
108件中 91 - 100件表示

「林家たい平」のニューストピックワード