108件中 11 - 20件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た大山のぶ代大山 のぶ代

    大山のぶ代 - ドラえもんのものまね。また、「ドラ落語」と言う持ちネタもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たテリー伊藤

    現在、『笑点』メンバーで唯一直弟子を取っていないが、林家テリ平(テリー伊藤)、林家たいペー(林家ペー)がいるため、2008年には「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「2人とも自分より年上でわがままなので、師匠である私の言うことをまったく聞いてくれない」とネタにしている。また、落語協会は彼らをたい平の弟子とは公認していない(ペーは漫談家として登録、テリーは未加盟)。ほかに、テリー同様、『テリーとたい平のってけラジオ』で共演した正木あずみが2010年10月に三味線漫談家として弟子入りし、林家あずみの高座名を名乗っている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た三遊亭圓楽 (5代目)

    著書『笑点絵日記』でも主張されている通り、子供のころから大の『笑点』ファンである。たい平が家族を後楽園ホールに招待したところ、オープニングで挨拶をする5代目三遊亭圓楽の周りにたい平の家族が座っていて、テレビにもその姿が映ったというエピソードが記されている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た滝口順平

    滝口順平- これが縁で「ぶらり途中下車の旅」に出演するようになった。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たさだまさし

    さだまさし - 笑点では、六代目円楽が、田中邦衛のものまねであいの手を入れることがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たBEGIN (バンド)

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者・桂歌丸からはそれをネタにされ、「歌のCDはいいから落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た田中眞紀子

    田中眞紀子 - 笑点では、六代目圓楽が、田中直紀(「パパ」と呼ばれることがある)や田中角榮のものまねであいの手を入れることがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た海老名香葉子

    「たい平」の名付け親は、師匠のこん平である。しかし当初の読みは「たいぺい」であった。こん平曰く「外国人にも語呂的に伝わりやすい」という理由だったが、こん平夫人の「"たいへい"の方が良いのでは」の鶴の一声に「たいへい」に決まる。なお、こん平は弟子入りをすぐ認めたわけではなく、初代三平の夫人・海老名香葉子の自宅での住み込み修行をさせた上で、正式に弟子入りを認めている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た野村克也

    野村克也 - 笑点では、歌丸に「誰だかわからない」「大河内傳次郎かと思った」と言われている。2013年元日で共演。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た田中直紀

    田中眞紀子 - 笑点では、六代目圓楽が、田中直紀(「パパ」と呼ばれることがある)や田中角榮のものまねであいの手を入れることがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

108件中 11 - 20件表示

「林家たい平」のニューストピックワード