166件中 11 - 20件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た三遊亭小遊三

    『笑点』の大喜利では大月秩父代理戦争ネタを三遊亭小遊三と展開していたが、2010年6月6日に大月市で行われた独演会では、秩父市長・久喜邦康と小遊三と同窓の大月市長・石井由己雄も交えてトークバトルが行われた。さらに、同年10月24日には、「第2弾」として、秩父市で両市長も交えたトークバトルが行われた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た中尾彬

    中尾彬 - ねじりネクタイなど林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た田中邦衛

    さだまさし - 笑点では六代目円楽が、田中邦衛のものまねであいの手を入れることがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た土屋太鳳

    西武鉄道 - 秩父観光キャンペーン「週末ちち部」(吉高由里子と共演)、「ちちんぶいぶい秩父」(土屋太鳳と共演)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たさかなクン

    さかなクン - 2012年正月の「ものまね大喜利」・2017年正月の「なかよしペア大喜利」で本人と共演。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たテリー伊藤

    落語家の直弟子を取っていないが、非公式(番組内で、たい平曰く「芸能人特別枠」と称している)ながらも林家テリ平(テリー伊藤)、林家たいペー(林家ペー)がいるため、2008年には「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「2人とも自分より年上でわがままなので、師匠である私の言うことをまったく聞いてくれない」とネタにしている。ほかに、テリー同様、『テリーとたい平のってけラジオ』で共演した正木あずみが2010年10月に三味線漫談家として弟子入りし、林家あずみの高座名を名乗っている。彼女は、落語協会が公認した初の直弟子(色物)として扱われている。また、上記とは別に、正式な落語家の弟子を取ろうとしたこともあり、たい平の元で見習いとして働いた人物がいるが、落語協会の規定変更により前座として登録することができないことが判明したため、たい平門下への弟子入りを断念している。この人物はたい平の紹介により、三遊亭好楽に改めて入門し、現在は三遊亭鯛好(前座時代の名前は「たい好」)として活動している。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た美輪明宏

    美輪明宏 - 当時放送されていた連続テレビ小説「花子とアン」のナレーション風に「ごきげんよう、さようなら」のモノマネを行う。オーラの泉やヨイトマケの歌などレパートリー多数。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た滝口順平

    滝口順平 - これが縁で「ぶらり途中下車の旅」に出演するようになった。滝口の死後に一度「ぶらり」のナレーションの代役を務めたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た吉高由里子

    西武鉄道 - 秩父観光キャンペーン「週末ちち部」(吉高由里子と共演)、「ちちんぶいぶい秩父」(土屋太鳳と共演)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た桑田佳祐

    桑田佳祐(サザンオールスターズ) - たい平自身デビュー当時からのサザンのファンで、中学時代から桑田のものまねをしていたという。「ものまねにとどまらず自分の歌い方で歌いたいものの、どうしても地声でカッコよく歌えない」といった悩みを「キャラオケ18番」(日本テレビ)で「東京VICTORY」を歌った際に吐露しており、千華とのデートの二次会のカラオケで「いとしのエリー」を歌い、ものまねをしたつもりはなかったにも関わらず、千華に「マネじゃなくて自分の声で歌ったら?」と言われたエピソードが存在している。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

166件中 11 - 20件表示

「林家たい平」のニューストピックワード