108件中 31 - 40件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た桂才賀

    2004年12月26日放送分よりこん平の代打として『笑点』の大喜利に出演(小遊三以来21年ぶりの新顔、若手大喜利出身メンバーでは古今亭朝次(現:7代目桂才賀)以来24年ぶりの新顔)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た鹿谷弥生

    赤城乳業「デッカルチェ」(鹿谷弥生と共演)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た柳家小さん (5代目)

    落語家を目指すきっかけは、大学に入学した際にふと立ち寄った落研サークルが当時は廃部寸前だったため、何とかしなければと友人数名を集めて廃部を撤回させたことにある。落研サークルでの高座名は「遊々亭迷々丸(ゆうゆうてい めめまる)」。その当時は落語を観たことも聴いたこともなかったために漫才やコントをやっていたが、後にたまたまラジオで流れていた人間国宝・5代目柳家小さんの『粗忽長屋』を聴いて感動し、真剣に落語を始めた。また、武蔵野美大出身という学歴を活かし、著書や自身のCDの挿絵を自ら担当するなど画才でも知られる。また同じく絵を描くことで知られている林家木久扇の絵のアシスタントをしていたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た春風亭柳昇

    5代目春風亭柳昇 - ちなみに柳昇は昇太の師匠である。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た桂枝太郎 (3代目)

    2005年6月12日放送で5代目圓楽に自分の名前を忘れられたことがあり、その後このネタがたい平の冒頭の挨拶や大喜利などで使われるようになった。5代目圓楽は名前を本当に思い出せなかったらしく、後にこれが司会降板の一因であったと語っている。なお5代目圓楽はたい平の「外国人パブ」、「物まね」など『BS笑点』時代からの持ちネタを試行錯誤の末に確立させたことについて「独自の芸風を確立してよくなってますね」と評価していた(笑点の40周年記念ムック本)。当初はこん平の病気療養に伴う代役としての出演であったこともあり、「(笑点メンバーになるために)師匠に毒を盛った」と現在でもネタにされることがある。後に5代目圓楽が脳梗塞で休演したため、6代目圓楽(当時は楽太郎)へも「(圓楽を継ぐために)師匠に毒を盛った」「お互いの師匠に毒を盛った」というネタをしていた時期もあった。歌丸の弟子である桂枝太郎にも、「たい平師匠に毒の盛り方を教わった」とネタにされたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た文化放送

    『芝浜』の舞台設定などを現代風にアレンジした『SHIBAHAMA』という自作もあり、文化放送で『芝浜』のラジオドラマが制作された際にはアドバイザーを務めている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た大河内傳次郎

    野村克也 - 笑点では、歌丸に「誰だかわからない」「大河内傳次郎かと思った」と言われている。2013年元日で共演。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たマシコタツロウマシコ タツロウ

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者・桂歌丸からはそれをネタにされ、「歌のCDはいいから落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た久喜邦康

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には、正式なメンバーとなった2006年以降、7年続けて秩父夜祭を大々的にPRしている。ただし秩父を愛するが故、度を超すと他の地方を罵倒することもある。一例として、『笑点』の大喜利では、大月秩父代理戦争などが有名。しかし、2010年6月6日に大月市で行われた独演会まで大月を訪れたことはなく、この独演会をもって代理戦争を終結させたいとネタにしていたことがある。なおこの独演会には、秩父市長・久喜邦康と大月市長・石井由己雄(大月の人の都留高校時代の同期生)が立ち会ったという。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た仙台市

    家族は、同年齢である妻の千華(ちか、1965年1月30日 - )と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。「笑点ブラック団」が単に「嫁」といった場合も、昇太の独身ネタ関係であるケースを除けば、多くの場合は千華を指す。千華は、冨士子夫人に対しては使われることのない「鬼嫁」と呼ばれることもある。巳年生まれであることから、「蛇に睨まれた蛙」などと、蛇に絡めて自虐ネタをすることもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「林家たい平」のニューストピックワード