166件中 41 - 50件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見たサントリー

    サントリー - 「笑点キャンペーン(メンバー総出演)」林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たリクルート

    家族は同年齢である妻の田鹿千華と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、前司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た綜合警備保障

    吉田沙保里 - 笑点ではALSOK体操を披露している。2013年正月の振袖大喜利では、本人と共演を果たした。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た文化放送

    『芝浜』の舞台設定などを現代風にアレンジした『SHIBAHAMA』という自作もあり、文化放送で『芝浜』のラジオドラマが制作された際にはアドバイザーを務めている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たぴあ

    笑点絵日記(ぴあ/2007年2月)ISBN 9784835616551林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たふなっしー

    以前は師匠のこん平の流れで「山田降ろしネタ」などが多く、5代目圓楽司会時には山田に突き飛ばされたり、座布団をすべて没収されていたが、歌丸・昇太が司会を務めてからは、報復こそされるものの山田が没収した分+1枚を獲得することが多い。最近は三遊亭小遊三との地元罵倒合戦(大月秩父代理戦争)や恐妻家ネタ、「秩父○○祭り」、ブラック団ネタ(お互いの師匠に毒を盛った等)など他のメンバーとの絡みも多くなっている。ほか、「花火」や「ふなっしー」のものまねのような、アクションの派手なギャグも得意としているが、たいていこれらのネタを披露すると座布団を2枚以上から全部、時には他のメンバーまでも巻き込んで剥奪されるのがお約束となっている。『秩父たい平カレー』を発売(発表)してからは、木久扇(木久蔵ラーメン)と互いの商品を罵倒し合う事が多くなっている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た花火

    以前は師匠のこん平の流れで「山田降ろしネタ」などが多く、5代目圓楽司会時には山田に突き飛ばされたり、座布団をすべて没収されていたが、歌丸・昇太が司会を務めてからは、報復こそされるものの山田が没収した分+1枚を獲得することが多い。最近は三遊亭小遊三との地元罵倒合戦(大月秩父代理戦争)や恐妻家ネタ、「秩父○○祭り」、ブラック団ネタ(お互いの師匠に毒を盛った等)など他のメンバーとの絡みも多くなっている。ほか、「花火」や「ふなっしー」のものまねのような、アクションの派手なギャグも得意としているが、たいていこれらのネタを披露すると座布団を2枚以上から全部、時には他のメンバーまでも巻き込んで剥奪されるのがお約束となっている。『秩父たい平カレー』を発売(発表)してからは、木久扇(木久蔵ラーメン)と互いの商品を罵倒し合う事が多くなっている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た2009年

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には翌月開催の秩父夜祭を大々的にPRしており、参加の様子は派生番組の『笑点 特大号』で放送されている。2009年に俳優の藤原竜也、演歌歌手の冠二郎、THE ALFEEの桜井賢と共に秩父市の観光大使に任命された。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た三遊亭好楽

    落語家の直弟子を取っていないが、非公式(番組内で、たい平曰く「芸能人特別枠」と称している)ながらも林家テリ平(テリー伊藤)、林家たいペー(林家ペー)がいるため、2008年には「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「2人とも自分より年上でわがままなので、師匠である私の言うことをまったく聞いてくれない」とネタにしている。ほかに、テリー同様、『テリーとたい平のってけラジオ』で共演した正木あずみが2010年10月に三味線漫談家として弟子入りし、林家あずみの高座名を名乗っている。彼女は、落語協会が公認した初の直弟子(色物)として扱われている。また、上記とは別に、正式な落語家の弟子を取ろうとしたこともあり、たい平の元で見習いとして働いた人物がいるが、落語協会の規定変更により前座として登録することができないことが判明したため、たい平門下への弟子入りを断念している。この人物はたい平の紹介により、三遊亭好楽に改めて入門し、現在は三遊亭鯛好(前座時代の名前は「たい好」)として活動している。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家三平 (初代)

    「たい平」の名付け親は、師匠のこん平である。しかし当初の読みは「たいぺい」であった。こん平曰く「外国人にも語呂的に伝わりやすい」という理由だったが、大師匠初代三平の夫人・海老名香葉子の「"たいへい"の方が良いのでは」の鶴の一声に「たいへい」に決まる。なお、こん平は弟子入りをすぐ認めたわけではなく、香葉子夫人の自宅で1年間の住み込み修行をさせた上で、正式に弟子入りを認めている。また、弟子入り後も海老名家での修行は続き、合計6年間にも及ぶ。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

166件中 41 - 50件表示

「林家たい平」のニューストピックワード