166件中 51 - 60件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家木久蔵 (2代目)

    ドラGO!(テレビ東京系列、林家木久蔵と「落語家が行く麺街道ドライブ」企画で不定期レギュラー出演)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た鹿谷弥生

    赤城乳業 - 「デッカルチェ」(鹿谷弥生と共演)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た大滝秀治

    大滝秀治 - 基本的に「山田の挨拶はつまらん!!」と述べる。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た桂才賀

    2004年12月26日放送分よりこん平の代打として『笑点』の大喜利に出演(小遊三以来21年ぶりの新顔、若手大喜利出身メンバーでは古今亭朝次(現:7代目桂才賀)以来24年ぶりの新顔)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た春風亭昇太

    2004年12月26日放送分からは、病気療養のために休演した師匠のこん平の代役として若手大喜利から選抜されて大喜利に出演した。当初は「復帰まで師匠の座席を死守しなければ」という思いで臨んでいたが、2006年5月21日の放送分から若手大喜利の司会だった春風亭昇太の加入と同時に正式なメンバーに昇格した。代役当時は立場を意識してからか、初期の挨拶では「師匠のこん平に尋ねたところ〜」と言って挨拶をはじめ、締めは両手を真上に突き上げて、こん平の「新潟生まれ」を真似た「秩父生まれのたい平でーす」としゃべるなど、こん平の挨拶ネタをよく用いていた。現在では最後の部分だけが残り、「(○○の)たい平です」で挨拶を締める。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た中尾隆聖

    中尾隆聖 - ばいきんまんのものまね。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た柳家小さん (5代目)

    落語家を目指すきっかけは、大学に入学した際にふと立ち寄った落研サークルが当時は廃部寸前だったため、何とかしなければと友人数名を集めて廃部を撤回させたことにある。落研サークルでの高座名は「遊々亭迷々丸(ゆうゆうてい めめまる)」。その当時は落語を観たことも聴いたこともなかったために漫才やコントをやっていたが、後にたまたまラジオで流れていた人間国宝・5代目柳家小さんの『粗忽長屋』を聴いて感動し、真剣に落語を始めた。また、武蔵野美大出身という学歴を活かし、著書や自身のCDの挿絵を自ら担当するなど画才でも知られる。また同じく絵を描くことで知られている林家木久扇の絵のアシスタントをしていたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た春風亭柳昇

    5代目春風亭柳昇 - 春風亭昇太の師匠である。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た石井由己雄

    『笑点』の大喜利では大月秩父代理戦争ネタを三遊亭小遊三と展開していたが、2010年6月6日に大月市で行われた独演会では、秩父市長・久喜邦康と小遊三と同窓の大月市長・石井由己雄も交えてトークバトルが行われた。さらに、同年10月24日には、「第2弾」として、秩父市で両市長も交えたトークバトルが行われた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た田鹿千華

    家族は同年齢である妻の田鹿千華と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、前司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示

「林家たい平」のニューストピックワード