166件中 61 - 70件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た久喜邦康

    『笑点』の大喜利では大月秩父代理戦争ネタを三遊亭小遊三と展開していたが、2010年6月6日に大月市で行われた独演会では、秩父市長・久喜邦康と小遊三と同窓の大月市長・石井由己雄も交えてトークバトルが行われた。さらに、同年10月24日には、「第2弾」として、秩父市で両市長も交えたトークバトルが行われた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た林家あずみ

    落語家の直弟子を取っていないが、非公式(番組内で、たい平曰く「芸能人特別枠」と称している)ながらも林家テリ平(テリー伊藤)、林家たいペー(林家ペー)がいるため、2008年には「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「2人とも自分より年上でわがままなので、師匠である私の言うことをまったく聞いてくれない」とネタにしている。ほかに、テリー同様、『テリーとたい平のってけラジオ』で共演した正木あずみが2010年10月に三味線漫談家として弟子入りし、林家あずみの高座名を名乗っている。彼女は、落語協会が公認した初の直弟子(色物)として扱われている。また、上記とは別に、正式な落語家の弟子を取ろうとしたこともあり、たい平の元で見習いとして働いた人物がいるが、落語協会の規定変更により前座として登録することができないことが判明したため、たい平門下への弟子入りを断念している。この人物はたい平の紹介により、三遊亭好楽に改めて入門し、現在は三遊亭鯛好(前座時代の名前は「たい好」)として活動している。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た冠二郎

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には翌月開催の秩父夜祭を大々的にPRしており、参加の様子は派生番組の『笑点 特大号』で放送されている。2009年に俳優の藤原竜也、演歌歌手の冠二郎、THE ALFEEの桜井賢と共に秩父市の観光大使に任命された。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たアニータ・アルバラード

    アニータ・アルバラード - フィリピンパブの従業員の真似等、モノマネでは六代目円楽が客役として絡むことが多い。「バカタレスケベシャチョー」という言葉をよく使う。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たTHE ALFEE

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には翌月開催の秩父夜祭を大々的にPRしており、参加の様子は派生番組の『笑点 特大号』で放送されている。2009年に俳優の藤原竜也、演歌歌手の冠二郎、THE ALFEEの桜井賢と共に秩父市の観光大使に任命された。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たマシコタツロウ

    2006年2月18日昼に放送された、深夜番組『歌スタ!!』(日本テレビ)のスペシャル版『ハンター全員出席! 各界うたいびとガチガチデビューSP』に出演。BEGINの『恋しくて』を歌い、ウタイビトハンターが合格を意味する“よろしく”の札を上げた。その後『笑点』の大喜利で、挨拶や答えの機会を利用して『歌スタ!!』での合格や出演、歌手デビューについて宣伝した。古典落語の『芝浜』にヒントを得た『芝浜ゆらゆら』(作曲・編曲:マシコタツロウ)でCDデビュー(2006年10月18日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売)。2006年10月14日・21日(再放送)放送の『BS笑点』(BS日テレ)では、たい平司会のコーナー「使ってみよう! 落語ことば」の時間を利用して1コーラス披露した。『笑点』の司会者(当時)・桂歌丸からはそれをネタにされ、「あのね、歌のCDなんか出さずに落語のCD出しなよ」と言われているが、落語のCDはすでに複数リリースしている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たうどん

    埼玉県立秩父高等学校を経て、1988年に武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、林家こん平に入門したという落語家としては異色の経歴を持つ。実家はかつてテイラーメイドの洋服店を営んでおり、現在は実母が駄菓子店「駄菓子屋たい平」を、実兄がうどん店「うどん亭たじか」を経営している。洋服店時代は店内において落語の寄席が催されたことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たナニコレ珍百景

    ナニコレ珍百景(テレビ朝日系列、リポーターとして不定期出演)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た力士

    力士 - 2011年の大相撲八百長問題で「最初は流れで、後はワーッとよろしく」と「八百長メール」をネタにしていた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たニュースキャスター

    家族は同年齢である妻の田鹿千華と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、前司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

166件中 61 - 70件表示

「林家たい平」のニューストピックワード