108件中 61 - 70件表示
  • 林家たい平

    林家たい平から見た出囃子 (落語)

    出囃子は『ぎっちょ』(「ドラ落語」の際は『ドラえもんのうた』)。定紋は『花菱』(「ドラ落語」の際は『鈴』)。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見たJapan News Network

    スペシャルドラマ 恋愛小説 デューク(TBS系列、2006年7月17日放送)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た笑いがいちばん

    お笑いコンビのTIMのゴルゴ松本に少々似ている。それはたい平自身も自覚しているらしく、『笑いがいちばん』(NHK総合)で落語を披露した際、マクラの部分で、「ゴルゴ松本と思われた方……」(要約)といった話をしている。また、『笑点』では、「私は『命』じゃありません」と挨拶をした。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た志の輔ラジオ 気分がいい!

    志の輔ラジオ 気分がいい!(文化放送、1995年10月 - 、レポーター)林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た巳年

    家族は、同年齢である妻の千華(ちか、1965年1月30日 - )と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。「笑点ブラック団」が単に「嫁」といった場合も、昇太の独身ネタ関係であるケースを除けば、多くの場合は千華を指す。千華は、冨士子夫人に対しては使われることのない「鬼嫁」と呼ばれることもある。巳年生まれであることから、「蛇に睨まれた蛙」などと、蛇に絡めて自虐ネタをすることもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た

    家族は、同年齢である妻の千華(ちか、1965年1月30日 - )と2男1女。千華は仙台市出身で、たい平と結婚する前はリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともある。『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、司会者・桂歌丸の冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されている。「笑点ブラック団」が単に「」といった場合も、昇太の独身ネタ関係であるケースを除けば、多くの場合は千華を指す。千華は、冨士子夫人に対しては使われることのない「鬼嫁」と呼ばれることもある。巳年生まれであることから、「蛇に睨まれた蛙」などと、蛇に絡めて自虐ネタをすることもある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た笑点Jr.

    演芸コーナーで若手大喜利が行われた時代から出演していた若手大喜利メンバーである。1998年7月に山田隆夫が4週間休んだ際、大喜利下克上にてチャンピオンとなり、1週のみ(第1623回の7月12日)山田の代わりに座布団運びを務め、師匠・林家こん平と師弟での共演を果たした。1999年の正月特番で行われた師弟大喜利でも、師弟での共演を果たしている。『笑点Jr\.』にも『BS笑点』時代から出演している。放送開始当初は大喜利メンバーとして出演し、2003年11月9日の放送で初めて出演権を剥奪されるが、それ以降は出演権を剥奪されることはなく、復帰した2003年12月7日から最終回まで出演し続けた。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た火曜サスペンス劇場

    また、ブラック団ネタの一環として、殺人事件ネタ、とりわけ崖から誰か(「おじいさん」とした場合、大抵は歌丸である。六代目圓楽のときもあるが、この2人とは限らない)を突き落とすというネタをする際、火曜サスペンス劇場のオープニング曲を歌いだすことがある。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た代理戦争

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には、正式なメンバーとなった2006年以降、7年続けて秩父夜祭を大々的にPRしている。ただし秩父を愛するが故、度を超すと他の地方を罵倒することもある。一例として、『笑点』の大喜利では、大月秩父代理戦争などが有名。しかし、2010年6月6日に大月市で行われた独演会まで大月を訪れたことはなく、この独演会をもって代理戦争を終結させたいとネタにしていたことがある。なおこの独演会には、秩父市長・久喜邦康と大月市長・石井由己雄(大月の人の都留高校時代の同期生)が立ち会ったという。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た大月市

    生まれ故郷の秩父に愛郷心を抱いている。『笑点』(日本テレビ)でも時々挨拶の際に、秩父でのイベント情報などを盛り込んで秩父のことを紹介しており、毎年11月下旬には、正式なメンバーとなった2006年以降、7年続けて秩父夜祭を大々的にPRしている。ただし秩父を愛するが故、度を超すと他の地方を罵倒することもある。一例として、『笑点』の大喜利では、大月秩父代理戦争などが有名。しかし、2010年6月6日に大月市で行われた独演会まで大月を訪れたことはなく、この独演会をもって代理戦争を終結させたいとネタにしていたことがある。なおこの独演会には、秩父市長・久喜邦康と大月市長・石井由己雄(大月の人の都留高校時代の同期生)が立ち会ったという。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

108件中 61 - 70件表示

「林家たい平」のニューストピックワード