1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • BMW JAPAN

    BMW JAPANから見た林文子林文子

    代表取締役社長 阿部 昇 100%出資子会社。1989年(昭和64年)1月4日設立。世界でも最大規模のBMWディーラーのひとつ。歴代の社長として初代 富沢尚夫、種子島経、松山豊治(Honda Cars Philippines,Inc.を設立。初代社長)や、2005年(平成17年)4月からダイエーの会長兼CEOをつとめ、現在は横浜市長である林文子がいる。BMW JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 林 (日本姓)

    林 (日本姓)から見た林文子林文子

    林文子 - 株式会社ダイエー取締役副会長林 (日本姓) フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川東部方面線

    神奈川東部方面線から見た林文子林文子

    当初の計画では2015年(平成27年)4月に相鉄・JR直通線を先行開業させるとしていた。羽沢横浜国大駅から東海道貨物線に乗り入れ、途中の鶴見駅(駅の設置予定は無い)付近で同線から横須賀線(品鶴線)に転線し、湘南新宿ラインと同じルートで新宿駅まで直通運転を行う。また、JRでは上野東京ライン(東京駅 - 上野駅間、東北本線列車線)を2015年(平成27年)3月14日に開業したが、相鉄では2013年(平成25年)12月より、神奈川県や横浜市の要請もあり、新宿駅乗り入れとは別途、同線及び同線を介した東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線への乗り入れも検討していることが発表されたが、その後2016年9月には横浜市長の林文子などが東京方面への乗り入れの具体的な検討を相鉄とJR東日本に対して要請する考えを示した。ただしこの場合、頻繁に運転する場合は鶴見駅構内もしくは品川駅構内(および両駅の構内付近)に東海道本線と品鶴線との間に立体交差の連絡線が必要となる(現在でも両駅において横須賀線と東海道本線との相互間で線路は繋がってはいるが、いずれも平面交差であり、このため相鉄から東京方面への頻繁運転は現状では困難である。なお、鶴見駅で横須賀線から東海道本線に転線する場合、ルートの違いから新宿方面直通列車が武蔵小杉駅経由になるのに対して、東京方面直通列車は川崎駅を経由することとなる)。また、横須賀線と総武快速線への直通も可能ではあるものの、相鉄とJR東日本ではこの両線への直通運転については言及していない。相鉄側ではJR線直通対応車両である12000系を導入する計画である。神奈川東部方面線 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜みなとみらい21

    横浜みなとみらい21から見た林文子林文子

    当初は2000年頃までに街全体の完成を目指していたが、経済状態(バブル崩壊)の影響などにより計画が延長されている。2000年代より中田宏横浜市長や松沢成文神奈川県知事の積極的な企業誘致とともに、横浜市では企業立地促進条例が制定され、神奈川県もインベスト神奈川を策定し、市税の減額や助成金など企業の負担を軽減する措置により優良な企業立地環境の整備を行っている。2000年代半ばには日産自動車グローバル本社等、多くの企業法人の立地が進んだ。2008年末の世界的な景気後退(リーマン・ショック)の影響を受けいくつかのオフィスビル建設計画では中止・延期等もあったが、後任の林文子横浜市長は引き続き企業誘致に向けたトップセールスを行い、上場企業の本社機能立地が着実に進んでいる。横浜みなとみらい21 フレッシュアイペディアより)

  • ダイエー

    ダイエーから見た林文子林文子

    3月30日 - 前ビー・エム・ダブリュー東京社長の林文子が、代表取締役会長兼CEOに就任。ダイエー フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見た林文子林文子

    林文子 (ホンダ系列ディーラーに在籍経験。現:横浜市長)本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

  • 中内功

    中内功から見た林文子林文子

    逝去した際、田園調布の自宅・芦屋の別宅が差押となっていたため、一度も中内の亡骸を自宅へ戻すことができずに大阪市此花区の中内家が眠る正蓮寺にそのまま搬送され、ごく近親者だけでの密葬となった。本葬儀は流通科学大学の学園葬で行われ、林文子会長(当時)ら経営陣は参列したが、ダイエーは、当時の状況(産業再生機構入りし再建中)も踏まえた上で社葬を行わなかった。中内功 フレッシュアイペディアより)

  • 上野東京ライン

    上野東京ラインから見た林文子林文子

    また、南側からは神奈川東部方面線を経由して相模鉄道の列車を乗り入れさせる計画もある。が、その後2016年9月には横浜市長の林文子らが神奈川東部方面線・相模鉄道から直通する列車に対しての同線への乗り入れの具体的な検討を相鉄とJR東日本に対して要請する考えを示した。ただしこの場合、現状の配線では鶴見駅北方または品川駅南方で平面交差となるため、頻繁に運転する場合は鶴見駅あるいは品川駅構内および両駅の構内付近に東海道本線と品鶴線との立体交差での連絡線が必要となる(ただし、上野駅で上野東京ラインの宇都宮・高崎線方面と常磐線方面が頻繁に平面交差しているため、不可能ではない)。また鶴見駅での転線の場合、上野東京ライン方面に直通する列車は川崎駅経由での運転となる。上野東京ライン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示

「林文子」のニューストピックワード