233件中 11 - 20件表示
  • 立憲民主党 (日本)

    立憲民主党 (日本)から見た枝野幸男枝野幸男

    2017年の第48回衆議院議員総選挙を前に民進党の衆議院議員が、小池百合子東京都知事率いる保守主義を掲げる希望の党へ合流を進めるなか、目指す理念や政策が異なるリベラル系議員が参加することを見通して、同年10月2日に枝野幸男が結成を宣言し、翌日10月3日に結党した。旧社会党系のサンクチュアリ(赤松グループ)や、リベラル色の強い国のかたち研究会(菅グループ)の所属議員が多く主要メンバーとして結党に参加した。党職員にも、民進党から旧社会党の流れを汲む職員が多く参加している。立憲民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 安住淳

    安住淳から見た枝野幸男枝野幸男

    第22回参議院議員通常選挙では民主党幹事長の枝野幸男と共に陣頭指揮を執るが、菅首相の消費税増税をめぐる発言のブレ等により、民主党は大敗を喫した。党内からは枝野幹事長、安住選挙対策委員長の責任論も噴出したが、菅首相は9月に民主党代表選挙で再選されるまで両名を続投させた。9月の民主党代表選挙では現職の菅直人への支持を表明し、2010年9月に発足した菅第1次改造内閣では北澤俊美防衛大臣の下で副大臣に任命される。翌2011年1月、菅第2次改造内閣発足に伴う党役員人事で民主党国会対策委員長に就任した。5月12日、人権擁護法案を次期臨時国会で提出を目指す方針を示した。安住淳 フレッシュアイペディアより)

  • 民共共闘

    民共共闘から見た枝野幸男枝野幸男

    任期満了に伴う2016年民進党代表選挙(9月2日告示、15日投開票)では、民共共闘の是非が争点の一つとなった。代表の岡田や幹事長の枝野幸男、他の野党幹部は後継の執行部でも野党共闘を継続することを希望したが、一方で保守系の民進党議員(平田健二、細野豪志、馬淵澄夫、長島昭久など)は代表選を通じての路線修正を訴えた。告示日の公開討論会での立候補者3名の主張は以下の通り。民共共闘 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た枝野幸男枝野幸男

    鳩山の後任を決める2010年6月の民主党代表選挙において菅が出馬表明すると小沢一郎の党運営に不満を持っていた枝野幸男、仙谷由人らが菅支持に回った。小沢グループは菅の対抗馬として樽床伸二を擁立した。菅は樽床に勝利し、反小沢の急先鋒ともいわれた枝野、仙谷をそれぞれ党幹事長、官房長官に起用、小沢の意向により廃止された政策調査会を復活させた。また小沢、鳩山代表時代に作成されたマニフェストの一部修正にも取りかかった。こうして政権交代の原動力とも言われたトロイカ体制は崩壊し、メディアから"脱小沢"と称される路線に傾いていくこととなる。こうした動きを世論はおおむね評価し、内閣支持率は約60%という高水準で内閣は発足した。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た枝野幸男枝野幸男

    民進党代表選挙告示。元外務大臣前原誠司と元内閣官房長官枝野幸男の2人が立候補を届け出る。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 第178回国会

    第178回国会から見た枝野幸男枝野幸男

    内閣組閣のわずか9日後に鉢呂吉雄経済産業大臣が舌禍問題を起こして閣僚を辞職し、枝野幸男と交代したことなどから野党側は反発を強め、野田内閣を追及する姿勢を見せた。第178回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の政治

    2011年の政治から見た枝野幸男枝野幸男

    菅直人首相が、松本龍防災担当相を復興対策担当相と兼務し細野豪志首相補佐官が原発事故担当相兼消費者担当相として初入閣し、江田五月法相は環境相と兼務、枝野幸男官房長官を行政刷新担当相と兼務させ、自民党を離党した浜田和幸参院議員を総務政務官として起用、蓮舫行政刷新担当相は首相補佐官に。2011年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 園部逸夫

    園部逸夫から見た枝野幸男枝野幸男

    つまり、判決理由の一部を「傍論」として取り出し、判決(判決では「外国人に参政権は認められない」とされた)を無視して取り沙汰することを批判している。ただし、この第二段落部分を「傍論」として論じる法学論文は多数あり、また、2010年3月5日には(弁護士資格を有する)枝野幸男内閣府特命担当大臣(鳩山由紀夫政権の「法令解釈」担当も併任)は、「傍論といえども最高裁の見解」と発言している。園部逸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 事業仕分け (行政刷新会議)

    事業仕分け (行政刷新会議)から見た枝野幸男枝野幸男

    加藤秀樹行政刷新会議事務局長は、「事業仕分けは、政策を議論する場ではない。事業目的の是非を議論するのは政策論であり、事業仕分けはその事業についた予算が目的通り実際の現場で有効に活用されているのかを調査するものである。」と説明している。なお、枝野幸男行政刷新担当大臣は、「事業目的と実際の状況が乖離していると誰が見ても判断するような場合に限り、事業仕分けにおいて事業目的の是非も問うことになる。」と発言している。事業仕分け (行政刷新会議) フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法の改正手続に関する法律

    日本国憲法の改正手続に関する法律から見た枝野幸男枝野幸男

    欧州諸国の国民投票法は憲法に限らず一般重要法案全般を対象としている。そのため、民主党の枝野幸男らから、「国民の国民投票による意思表示の機会を憲法改正への同意に限定するのはおかしい」という意見が出され、本法案に対する民主党の対案として一般重要法案国民投票法が提起された。しかし、参院選直前で自民党が衆参両院で多数を握っていたため、わずかに「一般重要法案国民投票、最低投票率について与野党協議を行う」という付帯決議をつける条件で野党側は妥協せざるをえず、ほぼ与党案の形で可決された。日本国憲法の改正手続に関する法律 フレッシュアイペディアより)

233件中 11 - 20件表示

「枝野幸男」のニューストピックワード