155件中 11 - 20件表示
  • 本多平直

    本多平直から見た枝野幸男枝野幸男

    表現規制問題やコンテンツ規制問題に理解があり、メディア規制に否定的である。枝野幸男の政策秘書時代には児童ポルノ禁止法連立与党案の修正における中心的な役割を担った。本多平直 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣

    野田内閣から見た枝野幸男枝野幸男

    発足から9日後の2011年9月10日、鉢呂吉雄経済産業大臣が福島第一原子力発電所事故に関連する不適切発言の責任を取って辞表を提出。同日夜の持ち回り閣議で、9月11日付での辞任を了承した。後任には前内閣で官房長官を務めた枝野幸男が就任した。野田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による電力危機

    東日本大震災による電力危機から見た枝野幸男枝野幸男

    また平行して福井県大飯発電所3,4号機では関西電力によるストレステストの審査が2012年2月13日に原子力安全・保安院、3月23日に原子力安全委員会をそれぞれ通過し、それ以降は地元住民、自治体、政府等による再開判断に移行した。4月13日には野田佳彦首相、枝野幸男経済産業大臣、細野豪志原発事故担当大臣、藤村修官房長官の関係3閣僚による協議において、供給見通しの厳しい関西電力の電力不足を回避するには再稼働が必要との結論を出すに至り、関西電力の電力危機回避のための再稼働が焦点となり地元同意に注目が集まった(地元同意の経緯については大飯発電所の項目を参照)。西川一誠福井県知事が首相に同意を伝えたことを受けて、政府は6月16日午前に同発電所の再稼働を決定、順次稼働し7月下旬に定格出力レベルに達する見込みと報じられた。東日本大震災による電力危機 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の政治

    2011年の政治から見た枝野幸男枝野幸男

    菅直人首相が、松本龍防災担当相を復興対策担当相と兼務し細野豪志首相補佐官が原発事故担当相として初入閣し、江田五月法相は環境相と兼務、枝野幸男官房長官を行政刷新担当相と兼務させ、自民党を離党した浜田和幸参院議員を総務政務官として起用、蓮舫行政刷新担当相は首相補佐官に。2011年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故の影響

    福島第一原子力発電所事故の影響から見た枝野幸男枝野幸男

    事故の影響が長引いてくると、政府の対応も長期避難に備えたものに切り替わっていった。2011年3月25日、屋内退避を指示されていた半径20 kmから30 km圏内の住民に、枝野幸男官房長官が自主避難を要請した。4月22日には、半径20 km圏内が災害対策基本法に基づく警戒区域に設定され、民間人は強制的に退去され、立ち入りが禁止された。半径20 km圏外では、飯舘村の全域と川俣町の一部、半径20 km圏内を除く浪江町と葛尾村の全域、南相馬市の一部が「計画的避難区域」に指定され、約1か月かけて避難することになった。また、半径20 kmから30 km圏内のうち計画的避難区域でない地域の大半が、緊急時に屋内退避や避難ができるよう準備しておくことが求められる「緊急時避難準備区域」に指定され、屋内退避指示は解除された。5月10日からは警戒区域内の住民の一時帰宅が行われた。原発から3km以内へは一時帰宅できなかったが、8月26日から実施された。福島第一原子力発電所事故の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 新党さきがけ

    新党さきがけから見た枝野幸男枝野幸男

    なお、この離脱過程で、多くの所属議員は旧民主党に参加した。結党時の民主党は旧社会党出身者が大半だったが、その多くがベテラン議員だったこともあり、中堅・若手の多いさきがけ出身者が中枢を担った。旧民主党が他会派を吸収する形で1998年に結党された民主党 (日本 1998-)においてもその傾向は続いた。したがって、新党さきがけは実質的に現在の民主党の母体と見ることも出来る。これらさきがけ出身者(鳩山由紀夫、菅直人、前原誠司、玄葉光一郎、枝野幸男、荒井聰、小沢鋭仁など)は2009年の政権交代後の民主党政権においても中心的な人材となっており、2人の総理大臣(鳩山、菅)を輩出した。新党さきがけ フレッシュアイペディアより)

  • 事業仕分け (行政刷新会議)

    事業仕分け (行政刷新会議)から見た枝野幸男枝野幸男

    加藤秀樹行政刷新会議事務局長は、「事業仕分けは、政策を議論する場ではない。事業目的の是非を議論するのは政策論であり、事業仕分けはその事業についた予算が目的通り実際の現場で有効に活用されているのかを調査するものである。」と説明している。なお、枝野幸男行政刷新担当大臣は、「事業目的と実際の状況が乖離していると誰が見ても判断するような場合に限り、事業仕分けにおいて事業目的の是非も問うことになる。」と発言している。事業仕分け (行政刷新会議) フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た枝野幸男枝野幸男

    1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙で京都1区において日本新党公認新党さきがけ推薦で立候補して初当選(同区で日本共産党穀田恵二や京大法学部の先輩公明党竹内譲も初当選)。しかし東京佐川急便事件での細川護熙の借入問題に端を発した連立政権崩壊によって、細川内閣が総辞職。その後、枝野幸男、荒井聰、高見裕一らとともに日本新党を離党し、民主の風(院内会派)を結成する。この離党について、細川夫人が前原を「恩を仇で返す薄情な男」と怒っていたと週刊現代は報じている。その2ヵ月後には「民主の風」メンバーとともに新党さきがけに合流し、菅直人政調会長(当時)のもとで政調副会長、院内幹事(国会対策委員長)渡海紀三朗の下で院内副幹事(国対副委員長)をそれぞれ歴任する。1995年(平成7年)第17回参議院議員通常選挙では与野党を超え民改連現職笹野貞子支援。1996年(平成8年)の総選挙直前に旧民主党、1998年(平成10年)の民主党の結党に参加。1999年(平成11年)1月民主党代表選挙では塾の先輩で同じ政令指定都市選出の都道府県議経験者で、1993年(平成5年)の衆議院に初当選した同期の松沢成文の推薦人、同年9月の代表選挙では菅直人の推薦人となる。2001年(平成13年)第19回参議院議員通常選挙では京都府選挙区で通商産業省を退官した松井孝治を支援(笹野は喧嘩別れし無所属で出馬)小泉旋風で勢いに乗る自由民主党総裁派閥清和研の現職西田吉宏の後塵を拝したが初当選に導いた。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • チベット問題を考える議員連盟

    チベット問題を考える議員連盟から見た枝野幸男枝野幸男

    名誉顧問 : 枝野幸男(前代表、民主党)チベット問題を考える議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎卓

    黒崎卓から見た枝野幸男枝野幸男

    枝野幸男(衆議院議員)や鷺谷威(地震学者、名古屋大学准教授)とは高校の同級生。黒崎卓 フレッシュアイペディアより)

155件中 11 - 20件表示

「枝野幸男」のニューストピックワード