233件中 21 - 30件表示
  • 新党さきがけ

    新党さきがけから見た枝野幸男枝野幸男

    なお、この離脱過程で、多くの旧所属議員は旧民主党に参加した。結党時の民主党は旧社会党出身者が大半だったが、その多くがベテラン議員だったこともあり、中堅・若手の多いさきがけ出身者が中枢を担った。旧民主党が他会派を吸収する形で1998年に結党された新民主党においてもその傾向は続いた。したがって、新党さきがけは実質的に後の民主党の母体と見ることもできる。これらさきがけ出身者(鳩山由紀夫、菅直人、前原誠司、玄葉光一郎、枝野幸男、荒井聰、小沢鋭仁など)は2009年に誕生した民主党政権においても中心的な人材として政権を担い、2人の内閣総理大臣(鳩山、菅)を輩出した。新党さきがけ フレッシュアイペディアより)

  • 重徳和彦

    重徳和彦から見た枝野幸男枝野幸男

    2016年3月22日、民主党の枝野幸男幹事長と改革結集の会の村岡敏英代表が会談。同党の所属議員5名のうち村岡、小熊、重徳、鈴木の4名は民進党に合流する方針が決まった。3月27日、民進党の結成大会が都内で開かれ、民進党に入党。民進党内では旧改革結集の会出身議員と行動を共にすることがしばしばあり、合流直後に村岡・小熊らと野田グループ入りを検討していることが報じられた。重徳和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田学

    寺田学から見た枝野幸男枝野幸男

    2017年9月1日に行われた民進党代表選挙では菅直人や有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった。寺田学 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による電力危機

    東日本大震災による電力危機から見た枝野幸男枝野幸男

    また平行して福井県大飯発電所3,4号機では関西電力によるストレステストの審査が2012年2月13日に原子力安全・保安院、3月23日に原子力安全委員会をそれぞれ通過し、それ以降は地元住民、自治体、政府等による再開判断に移行した。4月13日には野田佳彦首相、枝野幸男経済産業大臣、細野豪志原発事故担当大臣、藤村修官房長官の関係3閣僚による協議において、供給見通しの厳しい関西電力の電力不足を回避するには再稼働が必要との結論を出すに至り、関西電力の電力危機回避のための再稼働が焦点となり地元同意に注目が集まった(地元同意の経緯については大飯発電所の項目を参照)。西川一誠福井県知事が首相に同意を伝えたことを受けて、政府は6月16日午前に同発電所の再稼働を決定。7月1日から大飯原発3号機が、7月18日から同原発4号機が再稼働した。東日本大震災による電力危機 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た枝野幸男枝野幸男

    枝野幸男経済産業大臣、定期検査などで停止中の大飯発電所について「再起動には必要性が存在すると判断した」と表明。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た枝野幸男枝野幸男

    しかし、2014年(平成26年)の党役員人事の刷新により、代表代行(国政選挙担当)に就任。その後の第47回衆議院議員総選挙で自民党新人候補を比例復活を許さないほどの得票を得て再選を果たした(前回出馬した桜井は比例単独候補となるが落選)。しかし岡田を代表代行に任命した代表の海江田万里が、小選挙区で敗れ比例復活もならず落選し辞意を表明したため、。内閣総理大臣指名選挙では枝野幸男幹事長と郡司彰参議院議員会長が党代表代行である岡田を首班候補とし、特別国会において投票された。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た枝野幸男枝野幸男

    2010年1月7日、菅直人が閣内横滑りの形で財務大臣に就任したことに伴い、仙谷は国務大臣として「税財政の骨格や経済運営の基本方針等について企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」(国家戦略担当)も追加で担当することになった。2010年2月10日、枝野幸男の入閣に伴い、仙谷は内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)の任を解かれ、新たに内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)に任命された。なお、「公務員制度改革担当」及び「国家戦略担当」は引き続き兼務することとなった。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • 鉢呂吉雄

    鉢呂吉雄から見た枝野幸男枝野幸男

    2010年5月、衆議院厚生労働委員長に就任。2010年6月民主党代表選挙では岡田克也、前原誠司、枝野幸男などと共に菅直人推薦人を務め自身が身を置いている旧社会党・横路グループを菅支持にまとめるなど、菅当選に尽力した。鉢呂吉雄 フレッシュアイペディアより)

  • 江崎孝

    江崎孝から見た枝野幸男枝野幸男

    2017年9月の民進党代表選挙では菅直人や有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった。江崎孝 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故の影響

    福島第一原子力発電所事故の影響から見た枝野幸男枝野幸男

    3月15日11時には半径20kmから30km圏内に屋内退避が指示された。屋内退避指示は短期間の想定だったが、10日間も継続したため、30km圏内への物流が途絶えて住民の生活基盤が崩壊した。3月25日、屋内退避を指示されていた半径20 kmから30 km圏内の住民に、枝野幸男官房長官が自主避難を要請した。枝野長官は、避難区域の拡大は必要ないながらも、市民生活が困難になっているため自主避難を促すと説明した。しかし国会事故調はこれを、避難判断を住民に委ねるという政府の責任放棄だと批判している。福島第一原子力発電所事故の影響 フレッシュアイペディアより)

233件中 21 - 30件表示

「枝野幸男」のニューストピックワード