218件中 91 - 100件表示
  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た国家公務員

    1994年6月、自社さ連立の村山内閣が発足。これを期に新党さきがけに合流し、政策調査会副会長に就く。1996年1月に橋本連立内閣が成立、首班指名では造反すると言われたが村山富市から後継指名を受けた自民党の橋本龍太郎総裁に投票した。橋本がPL法の対象から血液製剤を外すよう抵抗した厚生族のドンであったためで、最後まで悩んだという。連立与党の行政改革プロジェクトチーム座長を務め、1996年5月に国家公務員人事の一括採用や天下り規制を含む公務員制度改革の座長私案を提示した。同年6月に超党派の若手有志議員による政策勉強会「司馬遼太郎哲学研究会」の呼びかけ人となり発足させた。この会は、鳩山新党(旧民主党構想)をにらんだ若手による交流会と見られた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た国家戦略局

    2010年1月に仙谷が国家戦略担当大臣を兼任することとなり、仙谷を補佐するため首相補佐官に起用されることが発表される。しかし正式に任命されることはなく、仙谷の兼務を解く形で行政刷新担当大臣への就任が決まる。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た2009年

    2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で6度目の当選。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見たTBSテレビ

    1994年にTBS制作『オールスター感謝祭』の人気コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」に参加、TBS周辺を走った事がある。この時の映像が2011年4月9日に放送された同番組にて紹介された。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た民主党 (日本 1998-)

    民主党政策調査会長(第6代)、民主党幹事長(第10代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣官房長官(第79代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、経済産業大臣(第16代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)などを歴任した。予算委員会等の答弁では、野田内閣の内閣法制局長官に代わって、憲法及び法律解釈も担当していた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た自社さ連立政権

    1994年6月、自社さ連立の村山内閣が発足。これを期に新党さきがけに合流し、政策調査会副会長に就く。1996年1月に橋本連立内閣が成立、首班指名では造反すると言われたが村山富市から後継指名を受けた自民党の橋本龍太郎総裁に投票した。橋本がPL法の対象から血液製剤を外すよう抵抗した厚生族のドンであったためで、最後まで悩んだという。連立与党の行政改革プロジェクトチーム座長を務め、1996年5月に国家公務員人事の一括採用や天下り規制を含む公務員制度改革の座長私案を提示した。同年6月に超党派の若手有志議員による政策勉強会「司馬遼太郎哲学研究会」の呼びかけ人となり発足させた。この会は、鳩山新党(旧民主党構想)をにらんだ若手による交流会と見られた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た経済産業大臣

    民主党政策調査会長(第6代)、民主党幹事長(第10代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣官房長官(第79代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、経済産業大臣(第16代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)などを歴任した。予算委員会等の答弁では、野田内閣の内閣法制局長官に代わって、憲法及び法律解釈も担当していた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た第41回衆議院議員総選挙

    1996年旧民主党結成に参加。同年10月の総選挙に埼玉5区からボランティア中心の選挙で挑む。しかし小選挙区では自民現職の福永信彦に敗れ、重複立候補していた比例北関東ブロックから比例復活で再選した。1997年旧民主党政調会長に就任する。同年5月に、社民党出身議員の族議員的体質に批判的な旧民主党内の若手衆院議員による政治集団「2010年の会」を立ち上げ、代表世話人となる。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た幹事長

    民主党政策調査会長(第6代)、民主党幹事長(第10代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣官房長官(第79代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、経済産業大臣(第16代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)などを歴任した。予算委員会等の答弁では、野田内閣の内閣法制局長官に代わって、憲法及び法律解釈も担当していた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)

    民主党政策調査会長(第6代)、民主党幹事長(第10代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣官房長官(第79代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、経済産業大臣(第16代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)などを歴任した。予算委員会等の答弁では、野田内閣の内閣法制局長官に代わって、憲法及び法律解釈も担当していた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

218件中 91 - 100件表示

「枝野幸男」のニューストピックワード