218件中 41 - 50件表示
  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た橋本龍太郎

    1994年6月、自社さ連立の村山内閣が発足。これを期に新党さきがけに合流し、政策調査会副会長に就く。1996年1月に橋本連立内閣が成立、首班指名では造反すると言われたが村山富市から後継指名を受けた自民党の橋本龍太郎総裁に投票した。橋本がPL法の対象から血液製剤を外すよう抵抗した厚生族のドンであったためで、最後まで悩んだという。連立与党の行政改革プロジェクトチーム座長を務め、1996年5月に国家公務員人事の一括採用や天下り規制を含む公務員制度改革の座長私案を提示した。同年6月に超党派の若手有志議員による政策勉強会「司馬遼太郎哲学研究会」の呼びかけ人となり発足させた。この会は、鳩山新党(旧民主党構想)をにらんだ若手による交流会と見られた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た西川公也

    多重債務問題(サラ金問題)について消費者金融に厳しい立場を取り、安倍内閣ではグレーゾーン金利制度を追求した。グレーゾーン金利を復活させようとする甘利明、西川公也ら金融サービス制度を検討する会の動きを警戒し、超党派の議員連盟を結成して後藤田正純と共同代表を務めている。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た尾崎行雄

    祖父が尾崎行雄のファンで、男の初孫である枝野には「ゆきお」という名前をつけろと父が祖父から言われていて、字は違うが"幸男"と名付けたというのが名前の由来である。自身の名前の由来を聞かされたことが影響し、物心がついた頃から政治家を志望していた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た阿比留瑠比

    この際に枝野が情報の一元化を指示したと報道されており、例えば文部科学省は3月15日夜以降、同原発から半径20?30km範囲内について、同省の観測車両で放射線量をド測定した結果を発表していた。しかし記者から健康への影響を問われた際に担当者は「データの評価は行わない。官房長官の指示でコメントできない」と述べている。また、産経新聞記者の阿比留瑠比は枝野が「情報はどこかで一元化して勝手に出さないように」と指示したことにより、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム (SPEEDI)情報の公開がストップされたとしている。ただし、原子力安全・保安院の解析したSPEEDIの予測結果は枝野の一元化の指示に反し、45件のうち、2件しか官邸に送付されていなかった。この一方で、文部科学省は事故の直後に外務省を通じて試算結果をアメリカ軍には提供していた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た井出正一

    1995年から薬害エイズ問題を追求し、真相究明と和解を実現して一躍注目された。1995年1月に薬害エイズ裁判の原告弁護団から接触を受け、国の責任を確信。8月、井出正一厚生大臣と被害者の面談を官僚に内密に実現した。10月に裁判所から和解勧告が出されても厚生省が責任を認めなかったため、衆院厚生委員会で追及。厚生省の当時の対応について説明を求める質問主意書を提出した。1996年1月から橋本内閣の厚相として薬害エイズ問題に取り組んだ菅直人をサポートし、"郡司ファイル"発見などの真相究明と国の和解受け入れにつなげた。2月の大臣謝罪の場で司会を務め、7月には安部英元エイズ研究班班長らへの証人喚問で尋問に立った。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た金田誠一

    脳死状態からの臓器移植には賛成だが、脳死を人の死と法で定めることには反対している。1997年の臓器移植法案についての審議では、脳死を人の死としない法案(金田案)の提案者となり、「脳死状態では、自らの臓器を提供して、他人の生命を救うことに限定される。その中で自分の命を縮めるという自己決定も許されるのではないか」などと発言した。2009年の臓器移植法改正案についての審議では、脳死の判定基準を厳格化するC案の提案者となった。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た高山智司

    1988年、24歳で司法試験に合格。司法修習を経て弁護士となり、東京の法律事務所に就職し当時のボス弁高山征治郎の子息で現在は小沢チルドレンの代議士高山智司も司法試験浪人中(小沢自由党参院議員渡辺秀央政策秘書就職以前)は枝野の選挙ボランティアでその実弟(征治郎の末っ子)高山泰三は議員会館スタッフだった。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た小嶋和司

    早稲田大学に合格したらジャーナリストを、東北大学に合格したら弁護士を目指すことにして両校を受験する。早稲田大学は不合格となり、東北大学法学部進学(同級生に森雅子らがいる)、法曹界を目指すことになった。東北大学では憲法学者の小嶋和司のゼミに所属、ここで憲法も法律も道具であるという考え方になる。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た渡辺秀央

    1988年、24歳で司法試験に合格。司法修習を経て弁護士となり、東京の法律事務所に就職し当時のボス弁高山征治郎の子息で現在は小沢チルドレンの代議士高山智司も司法試験浪人中(小沢自由党参院議員渡辺秀央政策秘書就職以前)は枝野の選挙ボランティアでその実弟(征治郎の末っ子)高山泰三は議員会館スタッフだった。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た高山泰三

    1988年、24歳で司法試験に合格。司法修習を経て弁護士となり、東京の法律事務所に就職し当時のボス弁高山征治郎の子息で現在は小沢チルドレンの代議士高山智司も司法試験浪人中(小沢自由党参院議員渡辺秀央政策秘書就職以前)は枝野の選挙ボランティアでその実弟(征治郎の末っ子)高山泰三は議員会館スタッフだった。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

218件中 41 - 50件表示

「枝野幸男」のニューストピックワード