366件中 51 - 60件表示
  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た井出正一

    1995年から薬害エイズ問題を追及し、真相究明と和解を実現して一躍注目された。1995年1月に薬害エイズ裁判の原告弁護団から接触を受け、国の責任を確信。8月、井出正一厚生大臣と被害者の面談を官僚に内密に実現した。10月に裁判所から和解勧告が出されても厚生省が責任を認めなかったため、衆議院厚生委員会で追及。厚生省の当時の対応について説明を求める質問主意書を提出した。1996年1月から橋本内閣の厚相として薬害エイズ問題に取り組んだ菅直人をサポートし、"郡司ファイル"発見などの真相究明と国の和解受け入れにつなげた。2月の大臣謝罪の場で司会を務め、7月には安部英元エイズ研究班班長らへの証人喚問で尋問に立った。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た金田誠一

    脳死状態からの臓器移植には賛成だが、脳死を人の死と法で定めることには反対している。1997年の臓器移植法案についての審議では、脳死を人の死としない法案(金田案)の提案者となり、「脳死状態では、自らの臓器を提供して、他人の生命を救うことに限定される。その中で自分の命を縮めるという自己決定も許されるのではないか」などと発言した。2009年の臓器移植法改正案についての審議では、脳死の判定基準を厳格化するC案の提案者となった。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た小嶋和司

    東北大学では憲法学者の小嶋和司のゼミに所属、ここで憲法も法律も道具であるという考え方になる。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た上田清司

    1993年、日本新党の候補者公募に合格。当時初の公募による候補者として第40回衆議院議員総選挙に旧埼玉5区から日本新党公認で立候補する。手作り選挙を貫き、上田清司(現:埼玉県知事)に次ぐ2位(定数4)で初当選した。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た福永信彦

    1996年旧民主党結成に参加。同年10月の第41回衆議院議員総選挙に埼玉5区からボランティア中心の選挙で挑む。しかし小選挙区では自民現職の福永信彦に敗れ、重複立候補していた比例北関東ブロックから比例復活で再選した。1997年旧民主党政調会長に就任する。同年5月に、社民党出身議員の族議員的体質に批判的な旧民主党内の若手衆議院議員による政治集団「2010年の会」を立ち上げ、代表世話人となる。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た山本一太

    2002年に、山本一太、福山哲郎、水野賢一とともに、雑誌上に政治資金の全体像や陳情への対応を詳細に公開した。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た後藤田正純

    グレーゾーン金利を復活させようとする甘利明、西川公也ら金融サービス制度を検討する会の動きを警戒し、超党派の議員連盟を結成して後藤田正純と共同代表を務めている。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見たウィリアム・ギブスン

    東北地方太平洋沖地震の発生に際しては、内閣官房長官として連日記者会見を行った。ツイッターには枝野の体調を気遣い睡眠をとるよう促すコメントが多く投稿され、それらのコメントにハッシュタグ「#edano_nero」を附与する動きが広まった。一連の動きは『ウォールストリート・ジャーナル』や『ガーディアン』にも紹介され、この記事を読んだ作家のウィリアム・ギブスンは「Edano, sleep」とツイッターでコメントした。一部では105時間寝ずに働いたとも囁かれ、デイリー・テレグラフのネット報道では、アメリカの人気ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』に準(なぞら)えて「政界のジャック・バウアー」と報じられた。インターネットではその様子を指して枝るという言葉も生まれた。この「枝る」という言葉は、大修館書店が主催する「第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!」で、最優秀作品賞10点の1つに選ばれた。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た西修

    憲法学者の西修は、次のように述べている。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た斎藤隆夫

    尊敬する政治家には、「権力とか権威とかに媚びない人」として斎藤隆夫と尾崎行雄(尾崎顎堂)をあげている。両者は戦時体制下の日本で行われた第21回衆議院議員総選挙、通称「翼賛選挙」において、大政翼賛会には与せず、非推薦・無所属で立候補し、当選した議員である。斎藤隆夫は、大正期には普通選挙法の実現に尽力し、昭和初期には立憲民政党から議会中心主義の徹底に尽力、1936年衆議院本会議での「粛軍演説」、そして1940年衆議院本会議での「反軍演説」など言論によって軍部・ファシズムに抵抗した末、衆議院を除名(言論弾圧)された経験を持つ。尾崎行雄は、立憲政友会などに所属して議会政治の確立と憲政擁護運動に尽力した、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録を持つ衆議院の名誉議員であり、「憲政の神様」とも呼ばれる。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

366件中 51 - 60件表示

「枝野幸男」のニューストピックワード