前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
942件中 1 - 10件表示
  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た柏レイソル柏レイソル

    リーグ戦については、第23節終了時までは中位付近を推移していたが、第24節から第29節にかけて5勝1分をマークし4位まで浮上した。しかし、残り7試合を勝利無しで終えた為、順位を落としてシーズンを終えた。リーグ戦の最終成績は15勝4分17敗の勝点48で7位だった。ヤマザキナビスコカップでは1回戦で京都に敗れた(合計スコア1-9)。天皇杯ではJ1勢の神戸、C大阪を続けて破った後、準々決勝でに敗れたものの、クラブ初の天皇杯ベスト8進出を果たした。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見た柏レイソル柏レイソル

    新加入の高卒ルーキー平島崇が主力として機能したことや、外国人も元横浜MのMFダビド・ビスコンティ、平塚やで活躍したバデア、エースフォワードのモントージャも活躍した。アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺毅

    渡辺毅から見た柏レイソル柏レイソル

    2004年シーズン限りで現役引退し、現在はJリーグ・柏レイソルのジュニアチームでコーチを務めている。渡辺毅 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た柏レイソル柏レイソル

    ベット体制2年目。元日本代表の岩本輝雄を獲得して同時に主将に据えた。リーグ戦は開幕3連敗でスタートし、第5節のヴァンフォーレ甲府戦に勝利した後、ベットを監督から解任。Jリーグカップ(ナビスコ杯)1回戦のG大阪戦 を挟み、第6節、4月18日の札幌戦から松本育夫に監督が交代した。久々のクラブチーム監督となった松本に対して反発した岩本はやがてチーム構想から外されたが、岩本に代わって主将に就任した中西の起用やから途中加入したDF森川拓巳などが守備を安定させ、攻撃面ではブラジル人のティンガが活躍した。松本就任後のチームは順調に勝ち点を伸ばし、7月30日・第19節の大宮戦に勝利して首位に立ち、11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にJ2優勝も決めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た柏レイソル柏レイソル

    2002年、前監督の西野朗が監督に就任。1stステージは中断期間までに4勝1分け2敗の4位。再開後も4連勝で一時は3位に浮上、最終的に9勝1分5敗で4位に入った。2ndステージも磐田と優勝を争ったが、直接対決で0-2と完敗するなどし、2位の成績(10勝5敗)。年間順位も過去最高の3位となり、19勝1分10敗と2年振りの勝ち越しを達成。また失点数・反則ポイント共に、チーム歴代最少であった。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た柏レイソル柏レイソル

    山形からMF永井篤志、鳥栖からGKシュナイダー潤之介等を獲得。第1クールは開幕から11戦無敗(6勝5分)、第2クールは一時負けが込んだが、3位でリーグ戦前半を折り返す。第3クールに入って失点が増えたことなどから、6月に札幌から林卓人を、7月に元新潟のMFファビーニョを、8月にはからDF岡山一成を、いずれも期限付き移籍で獲得。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ中継 (NHK)

    Jリーグ中継 (NHK)から見た柏レイソル柏レイソル

    2011年3月5日の2011年J1開幕節(柏レイソルvs清水エスパルス・日立柏サッカー場)までは旧・衛星第1テレビジョンからの放送で、デジタル放送も含めて標準画質(レターボックス16:9)となっていたが、2011年4月23日の2011年J1第7節(川崎フロンターレvsベガルタ仙台・等々力陸上競技場)からは新・BS1に移行し、デジタル放送はハイビジョンにて放送されている。Jリーグ中継 (NHK) フレッシュアイペディアより)

  • 高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会から見た柏レイソル柏レイソル

    柏レイソルU-18 (準優勝クラブ・8年ぶり3回目)高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のサッカー

    2013年のサッカーから見た柏レイソル柏レイソル

    【JFA】第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝で、柏レイソルがガンバ大阪を1-0で下し柏レイソルとなって初、前身の日立製作所時代以来37年ぶり3回目の優勝をし、AFCチャンピオンズリーグ2013への出場権を獲得。2013年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た柏レイソル柏レイソル

    長谷川体制6年目。新戦力として千葉からボスナーを、VfLボーフムから小野伸二を獲得。に期限付き移籍していた杉山浩太、東京Vに期限付き移籍していた廣井友信が復帰、ユースチームから鍋田亜人夢が加入。第9節の浦和戦で、鹿島、磐田に続き3チーム目のJ1通算300勝を達成。最終順位は6位、シーズン終了後長谷川監督退任。天皇杯で準優勝。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
942件中 1 - 10件表示

「柏レイソル」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]