696件中 91 - 100件表示
  • 明神智和

    明神智和から見た柏レイソル柏レイソル

    イーグルスユナイテッドFCから柏レイソルユースを経て、1996年に柏レイソルへ入団。1997年にはFIFAワールドユース選手権中盤の主力として活躍を見せるとともに、長らくキャプテンを務め、1999年にはクラブ初タイトルとなるナビスコカップ優勝に貢献。2000年にはクラブ初のJリーグベストイレブンを受賞した。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • マルシオ・アラウージョ

    マルシオ・アラウージョから見た柏レイソル柏レイソル

    2007年は柏レイソルに期限付き移籍したが、出場機会に恵まれず、アトレチコ・ミネイロへの復帰が決定。同年11月6日にブラジルへ帰国した。マルシオ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • 阿部吉朗

    阿部吉朗から見た柏レイソル柏レイソル

    その後2年間は、負傷や戦術上の理由からなかなかレギュラーに定着できず、2005年に出場機会を求めて、レンタル移籍で大分トリニータへ。しかし目立った活躍を見せられず、同年8月、前線の駒不足に悩むFC東京に復帰し復帰戦でゴールを決めた。2007年はまたも出場機会を求め柏レイソルへレンタル移籍。阿部吉朗 フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼実

    菅沼実から見た柏レイソル柏レイソル

    柏レイソルの下部組織出身。ユース時代の2002年10月に2種登録選手としてトップチーム入り。17歳5か月でJリーグデビューを果たした。この頃、同じ1985年生まれで当時イングランドのFAプレミアリーグを騒がせていたウェイン・ルーニーにちなみ、「みのるーにー」のあだ名で呼ばれた。菅沼実 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤聡太

    中澤聡太から見た柏レイソル柏レイソル

    2001年、前年に強化指定選手として登録されていた柏レイソルに入団。同年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権では3試合に先発出場した。中澤聡太 フレッシュアイペディアより)

  • 朴建夏

    朴建夏から見た柏レイソル柏レイソル

    2000年、水原から柏レイソルへと移籍したユーゴスラビア人フォワードのサーシャ・ドラクリッチが故障したため、補充要員として3か月という短期間のみ柏に期限付き移籍。しかし来日早々にインフルエンザにかかったこともあり、Jリーグでの成績は5試合出場1得点のみにとどまった。朴建夏 フレッシュアイペディアより)

  • 上田康太

    上田康太から見た柏レイソル柏レイソル

    東京都出身で、小学生時代はヴェルディ川崎の下部組織である読売サッカークラブで、中学時代は柏レイソル下部組織でプレーしたが、高校からは磐田のユースチームに加入。3年次はキャプテンを務め(当時の背番号は名波が好んでつけていた7)、トップ下や左サイドでもプレーをしていたが、基本ポジションは当時からボランチである。上田康太 フレッシュアイペディアより)

  • 下平匠

    下平匠から見た柏レイソル柏レイソル

    安田がフィテッセに移籍した2011年は、左サイドバックのレギュラーを確保し、6月22日のJ1第17節柏レイソル戦でJリーグ初得点を決めた(この初得点はガンバの公式応援番組『GAMBA TV〜青と黒〜』の年末特別企画『GAMBA TV アウォーズ』において、その年のベストゴール賞に選ばれた)。しかし、4月と8月の2度の腰部骨折による長期離脱もあり、シーズン終盤は同学年の藤春廣輝に出場機会を譲ることが多かった。下平匠 フレッシュアイペディアより)

  • 田邉草民

    田邉草民から見た柏レイソル柏レイソル

    2009年に入団し、5月20日のヤマザキナビスコカップGL第3節対千葉戦(フクアリ)でJリーグ公式戦に初出場。翌6月20日、J1第14節対戦(日立柏)にて、リーグ戦初出場を果たした。また、同年の2月に、早稲田大学人間科学部の通信教育課程に合格し、サッカー選手のかたわら大学での学業にも取り組んでいる。田邉草民 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーサッカー (TBSのサッカー番組)

    スーパーサッカー (TBSのサッカー番組)から見た柏レイソル柏レイソル

    同コーナーに登場してボレーシュートを披露した柏レイソルの李忠成は、サンフレッチェ広島移籍後に出場したAFCアジアカップ2011の決勝戦(オーストラリア戦)で同様のボレーシュートにより決勝点を挙げ、同番組内などで話題となった。スーパーサッカー (TBSのサッカー番組) フレッシュアイペディアより)

696件中 91 - 100件表示

「柏レイソル」のニューストピックワード