696件中 51 - 60件表示
  • 1993年のJFL

    1993年のJFLから見た柏レイソル柏レイソル

    しかし、これですんなりJ昇格という訳には成らなかった。ヤマハが1991年にプロリーグ参加候補から落選した苦い経験から、全ての問題をクリアにしていたのに対し、フジタはホームスタジアムとして使用している平塚競技場の整備が遅れた事が災いし、昇格は保留され、リーグ戦5位と低迷した柏レイソルが候補として再浮上。新たにナビスコカップの成績も選考材料に加えられる等、昇格争いは混迷を続けたが最終的に11月の理事会によってフジタとヤマハのJ昇格が決定した。1993年のJFL フレッシュアイペディアより)

  • 竹本一彦

    竹本一彦から見た柏レイソル柏レイソル

    読売退団後は1999年から2004年までガンバ大阪、2005年は柏レイソルのコーチを務める。2001年と2005年はシーズン途中から監督(2005年は代行)を務めた。ちなみに2回とも、前任者は早野宏史である。竹本一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 豊嶋邑作

    豊嶋邑作から見た柏レイソル柏レイソル

    小学生の頃は、鹿島アントラーズの下部組織に所属し、セレクションを受けずにジュニアユースへの昇格を受けていたが、実家のあるつくばみらい市から近かった柏レイソルに入団。柏レイソルジュニアユースに入った初年度のレガフトロで得点王、MVPを獲得しチームの優勝に貢献した。またその年には、ナショナルトレセンにも選出されている。U-14日本代表時には、原口元気・高木俊幸・田口泰士・風間宏希・扇原貴宏・大崎淳矢・阿部巧ら、現在Jリーグや海外でプレーしている選手と共に韓国親善試合に出場している。中学最後の年では、メニコンカップに出場。茨田陽生・原口元気・宇佐美貴史・高木俊幸らと共にプレーをした。豊嶋邑作 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺毅

    渡辺毅から見た柏レイソル柏レイソル

    2004年シーズン限りで現役引退し、現在はJリーグ・柏レイソルのジュニアチームでコーチを務めている。渡辺毅 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田謙太郎

    沢田謙太郎から見た柏レイソル柏レイソル

    藤沢西高校から中央大学を経て、1993年に柏レイソルに入団。入団当時は攻撃的なMFでの出場機会が多かったが、2年目から右サイドバックにコンバートされた。右サイドからの素早い上がりを持ち味とし、DFとしても堅実な守備で貢献した。この活躍が認められJFLの新人王とベストイレブンに輝くなど、チームの原動力となりJリーグ昇格も果たした。沢田謙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井直樹 (サッカー選手)

    酒井直樹 (サッカー選手)から見た柏レイソル柏レイソル

    流山市立常盤松中学校では、元プロ野球選手の工藤友也(湖北高ー中日)、社会人野球で日本代表にもなった安田真範(二松学舎沼南高ー亜細亜大ー東芝)と同期。1994年、ユースから柏レイソルトップチームに昇格。スピードある突破を武器に、得点力のある攻撃的MFとして活躍した。ユース育ちであることや、ハンサムであることから「柏のプリンス」と呼ばれた。1996年には日本代表にも選出。酒井直樹 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 丸山祐市

    丸山祐市から見た柏レイソル柏レイソル

    2012年からFC東京へ加入。第21節柏レイソル戦でJリーグ出場を果たす。公式戦初先発となった9月5日のナビスコカップ準決勝清水エスパルス戦では、事故的な接触から決勝点となるPKを得た。丸山祐市 フレッシュアイペディアより)

  • 羽地登志晃

    羽地登志晃から見た柏レイソル柏レイソル

    その後モンテディオ山形、ジェフユナイテッド市原、柏レイソルと渡り歩き、2005年よりJリーグ(J2)へ参入したばかりの徳島ヴォルティスへ移籍。徳島では2005年に12得点、2006年に9得点を挙げるなどエースストライカーとして充分な成績を残した。羽地登志晃 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤茂光

    須藤茂光から見た柏レイソル柏レイソル

    引退後は柏レイソルサテライトコーチを経て、日本サッカー協会のナショナルコーチングスタッフに。2002年にはU-16日本代表のコーチ、監督、2005年にはJFAエリートプログラムU-13監督、2006年にはJFAエリートプログラムU-14監督などを歴任している。須藤茂光 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ペリマン

    スティーブ・ペリマンから見た柏レイソル柏レイソル

    しかし2001年途中に柏レイソルのヘッドコーチに招聘され再来日。同年1stステージ終了後に柏は西野朗を解任し、ペリマンが監督に昇格。しかし、その後も勝ちきれないゲームが続き、2ndステージは、1stステージよりも順位を上げる事ができず7位に終わる。翌2002年の1stステージでは、柏にとってワースト記録となる7連敗を喫し解任された。スティーブ・ペリマン フレッシュアイペディアより)

696件中 51 - 60件表示

「柏レイソル」のニューストピックワード