696件中 61 - 70件表示
  • IN.FIGHT

    IN.FIGHTから見た柏レイソル柏レイソル

    一方で威圧的・暴力的な言動をとるメンバーが多く、スタジアムでの女性や子供への威嚇、選手やサポーターへの暴行などの問題行動が頻発している。2008年9月20日の柏レイソル戦にて発生した事件(後述)について、「従来の試合が白熱することにより興奮したサポーター同士で発生するトラブルとは一線を画す、欧州などのフーリガンを想起させる深刻な事態」と指摘された。IN.FIGHT フレッシュアイペディアより)

  • フクダ電子アリーナ

    フクダ電子アリーナから見た柏レイソル柏レイソル

    現在までの最多入場者数は、2010年J2第26節(2010年9月19日)の千葉ダービー(ジェフ対柏レイソル戦)における18,031人(立見席販売なしで緩衝地帯を空けた状態での収容限度ぎりぎりの人数が来場)、入場者数記録の第2位は2009年シーズンのガンバ大阪戦(17,916人。ホーム開幕戦であり、フクアリの奇跡後初のホームゲーム。)、第3位は同年シーズンの柏戦(17,899人)である。多数のアウェイ・サポーターの来場が予想される浦和戦は、15,000?16,000人台で推移しているが、これは無用のトラブルを避けるため、あらかじめチケットの発券枚数を抑えていることによる。フクダ電子アリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 伊達倫央

    伊達倫央から見た柏レイソル柏レイソル

    選手時代のポジションはDF。クレバーな守備を持ち味とした。ヤマハ発動機サッカー部およびジュビロ磐田、柏レイソルに在籍し、1997年に引退した。伊達倫央 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原慎也

    吉原慎也から見た柏レイソル柏レイソル

    2010年に柏レイソルに完全移籍したが、不動の正GK菅野孝憲の前に出番はなく、南アフリカW杯終了後の7月14日に現役引退を表明した。吉原慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 谷真一郎

    谷真一郎から見た柏レイソル柏レイソル

    愛知県立西春高等学校から筑波大学を経て、1991年に日立製作所本社サッカー部(のち柏レイソル)に入団した。柏がJリーグに昇格した1995年までプレーし、JFL通算36試合8得点、Jリーグ通算2試合0得点の記録を残した。谷真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤望

    加藤望から見た柏レイソル柏レイソル

    大学卒業後の1992年、柏レイソルの前身である日立製作所本社サッカー部に入団した。入団当初の2年間は出場機会に恵まれなかったが、「試合に出ている人と同じことをしていてはダメだ。練習をするしかない」と危機感を持ってサッカーに打ち込み、1994年からは主力選手となり、その年の柏のJリーグ昇格に貢献した。翌1995年には日本代表候補にも選出され、以降右利きながら左足でも精度の高いボールを出せるなど高いテクニックと豊富な運動量を武器にチームの中心選手として活躍してきた。しかし2002年以降しだいに出場機会が減少し、入団から13年目の2004年に柏から戦力外通告を受けた。加藤望 フレッシュアイペディアより)

  • 池谷友良

    池谷友良から見た柏レイソル柏レイソル

    静岡県立浜名高校時代は全国大会の出場経験はないが、3年生の時に国体の静岡県選抜の一員として優勝。中央大学に進学し、卒業後日立製作所サッカー部(現在の柏レイソル)に入部。当時の日立製作所サッカー部は日本サッカーリーグの1部と2部の往復生活で、池谷自身それほど出場機会が多くないこともあり、選手としては全国区になれないまま29歳で引退した。池谷友良 フレッシュアイペディアより)

  • 早野宏史

    早野宏史から見た柏レイソル柏レイソル

    2002年から再びサッカー解説者としてNHK衛星放送、WOWOWで活動した後、2004年7月、柏レイソルが成績不振を理由に前監督を解任したのに伴い新監督として就任。しかし半年でチームは立て直せずチームは年間最下位。幸いこの年はJ1チームを16チームから18チームに増やすのに伴い、例年のように自動降格ではなくJ1最下位とJ2・3位との入れ替え戦があった。J2のアビスパ福岡とのJ1・J2入れ替え戦で2勝して残留を決めた。しかし、翌2005年もチームは低迷を続け、結局、年間16位で2年連続のJ1・J2入れ替え戦(相手はヴァンフォーレ甲府)に回る。入れ替え戦では、第1戦を1-2、第2戦を2-6と連敗してチームはJ2降格となった。その後、J2降格の責任を取って辞任した。早野宏史 フレッシュアイペディアより)

  • 山根巌

    山根巌から見た柏レイソル柏レイソル

    2005年末に川崎を戦力外になり引退を決意。広島のサッカースクールに就職する予定だったが、J2に降格した柏レイソルの監督に就任した石崎に誘われ柏へ移籍。山根巌 フレッシュアイペディアより)

  • マイアミの奇跡

    マイアミの奇跡から見た柏レイソル柏レイソル

    スカウティング担当松永英機やブラジル人GKコーチのジョゼ・マリオ(後に仏W杯日本代表や柏レイソル等でもGKコーチを務めた)が事前にブラジル入りして偵察し、ブラジル五輪代表の試合の映像を入手した。また、ブラジルの新聞を取り寄せ、細かな情報まで仕入れるなど綿密なスカウティングを行った。それを元に、スタメン(先発出場選手)や交代のパターンを予想した。ブラジル五輪代表の2トップの内、スピードがあるFWベベットにはDF鈴木秀人をマークにあてることにした。2トップのもう一人のFWサヴィオは、試合が接戦になった場合、サヴィオから、足元も上手く、高さもあるFWロナウジーニョ(所謂ロナウド)に交代することが予想された為(ベベットは戦力アップの為に加えられたオーバーエイジなので交代させないと予想)、その対応を考え、最初からサヴィオのマークに空中戦も強いDF松田直樹をあてることにした。実際に試合ではスタメンも交代パターンも予想通りであった。また、GKコーチのジョゼ・マリオは、強烈な左足でのシュートが武器の左サイドバックのロベルト・カルロスのシュートパターンや、シュートの軌道を日本の正GK川口能活に徹底的に叩き込んだ。このように守備面で万全の手を打つ一方で、攻撃面では打てる手は少なかった。唯一、ブラジル五輪代表にはセンターバックのアウダイールがオーバーエイジとして加入したていたが、直前での加入だったためGKジーダとの連係面に不安を抱えていた。さらに、アウダイールは経験豊富だが、反面スピードが無く、もう一人のCBロナウド・ギアロ(大会登録名ロナウド)も同様に比較的スピードが無かった為、ブラジルCB2人の背後のスペースは数少ない狙い目だと日本五輪代表選手たちに伝えていた。マイアミの奇跡 フレッシュアイペディアより)

696件中 61 - 70件表示

「柏レイソル」のニューストピックワード