186件中 11 - 20件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たジュビロ磐田

    1990年にプロリーグ(Jリーグ=1993年創設)参加を表明。1992年には運営会社となる株式会社日立スポーツを設立し、初年度からのJリーグ参加は成らなかったが、「日立FC柏レイソル」(後に「日立FC」は日本協会正式登録名からは除去)とクラブ名称を改称して、フジタ(現:湘南ベルマーレ)、ヤマハ(現:ジュビロ磐田)と共にJリーグ準会員に認可された。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た日立製作所

    Jリーグ加盟の希望時より、日立製作所が保有していた日立柏サッカー場(以下日立台)をホームスタジアムとした。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たアディダス

    1992年 - 1994年(Jリーグ準会員)アディダス柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た浦和レッドダイヤモンズ

    10月15日、アウェーの浦和戦で、2人の退場者を出すなどし、0-7で大敗。11月26日、ホームの東京V戦に5-1と大勝したが、年間16位の成績となり、2年連続でJ1・J2入れ替え戦に回った。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た湘南ベルマーレ

    1990年にプロリーグ(Jリーグ=1993年創設)参加を表明。1992年には運営会社となる株式会社日立スポーツを設立し、初年度からのJリーグ参加は成らなかったが、「日立FC柏レイソル」(後に「日立FC」は日本協会正式登録名からは除去)とクラブ名称を改称して、フジタ(現:湘南ベルマーレ)、ヤマハ(現:ジュビロ磐田)と共にJリーグ準会員に認可された。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た兵働昭弘

    2009年以来2度目のJ1復帰。右SBのレギュラーだった小林祐三が横浜FMへ、古賀正紘、菅沼実が磐田へそれぞれ完全移籍した。一方で、大宮から安英学、京都から増嶋竜也、福岡から中島崇典、清水から兵働昭弘を獲得、新外国人としてジョルジ・ワグネルを獲得。ネルシーニョ監督はシーズン6位以内を目標に掲げてシーズンに入った。シーズンではU-22日本代表の酒井宏樹、澤昌克、ジョルジ・ワグネルらの活躍もあり首位戦線で健闘、名古屋、G大阪との熾烈な優勝争いの中、11月に首位に立つとリーグ最終節で浦和に3-1で勝ち、J1初優勝を、Jリーグ初となるJ1昇格1年目での優勝で飾った。また、J1、J2の両ディビジョンで年間優勝のタイトルを受賞した初のチームとなった。ナビスコ杯は初戦敗退、天皇杯は4回戦で敗退した。また、FIFAクラブワールドカップ2011はオークランド・シティFC、CFモンテレーに勝利。3位決定戦でアル・サッドに敗退したが4位の成績を残した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た中島崇典

    2009年以来2度目のJ1復帰。右SBのレギュラーだった小林祐三が横浜FMへ、古賀正紘、菅沼実が磐田へそれぞれ完全移籍した。一方で、大宮から安英学、京都から増嶋竜也、福岡から中島崇典、清水から兵働昭弘を獲得、新外国人としてジョルジ・ワグネルを獲得。ネルシーニョ監督はシーズン6位以内を目標に掲げてシーズンに入った。シーズンではU-22日本代表の酒井宏樹、澤昌克、ジョルジ・ワグネルらの活躍もあり首位戦線で健闘、名古屋、G大阪との熾烈な優勝争いの中、11月に首位に立つとリーグ最終節で浦和に3-1で勝ち、J1初優勝を、Jリーグ初となるJ1昇格1年目での優勝で飾った。また、J1、J2の両ディビジョンで年間優勝のタイトルを受賞した初のチームとなった。ナビスコ杯は初戦敗退、天皇杯は4回戦で敗退した。また、FIFAクラブワールドカップ2011はオークランド・シティFC、CFモンテレーに勝利。3位決定戦でアル・サッドに敗退したが4位の成績を残した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た北嶋秀朗

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たジョルジ・ワグネル

    2009年以来2度目のJ1復帰。右SBのレギュラーだった小林祐三が横浜FMへ、古賀正紘、菅沼実が磐田へそれぞれ完全移籍した。一方で、大宮から安英学、京都から増嶋竜也、福岡から中島崇典、清水から兵働昭弘を獲得、新外国人としてジョルジ・ワグネルを獲得。ネルシーニョ監督はシーズン6位以内を目標に掲げてシーズンに入った。シーズンではU-22日本代表の酒井宏樹、澤昌克、ジョルジ・ワグネルらの活躍もあり首位戦線で健闘、名古屋、G大阪との熾烈な優勝争いの中、11月に首位に立つとリーグ最終節で浦和に3-1で勝ち、J1初優勝を、Jリーグ初となるJ1昇格1年目での優勝で飾った。また、J1、J2の両ディビジョンで年間優勝のタイトルを受賞した初のチームとなった。ナビスコ杯は初戦敗退、天皇杯は4回戦で敗退した。また、FIFAクラブワールドカップ2011はオークランド・シティFC、CFモンテレーに勝利。3位決定戦でアル・サッドに敗退したが4位の成績を残した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た鈴木大輔 (サッカー選手)

    補強面では、アルビレックス新潟から鈴木大輔、横浜FMから谷口博之と狩野健太、山形から柏ユース出身の太田徹郎、Kリーグ・釜山アイパークから金昌洙を完全移籍、CSL・広州恒大からクレオを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ユースからは秋野央樹、木村裕、小林祐介、中村航輔が加入し、レンタル移籍した中川を含めて5人が昇格した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

186件中 11 - 20件表示