186件中 21 - 30件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た西野朗

    1998年、監督に西野朗が就任。また、7月にブルガリア代表のフリスト・ストイチコフが加入した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2005年、韓国代表のFW崔成国やクレーベルらを獲得(崔は7月31日付でレンタル移籍を終了)。なお、4月23日のホームで行われた名古屋戦では、試合後一部サポーターが相手サポーターを暴行し処分される騒ぎが起こった。その後、低迷打破のため、元ブラジル代表FWフランサを獲得し、元東京Vのラモス瑠偉をコーチに起用した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た矢野貴章

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た藏川洋平

    藏川洋平が退団、パク・ドンヒョクが大連実徳に、仙石廉(岡山)、池元友樹(北九州)がそれぞれレンタル移籍していたにチームに完全移籍、兵働昭弘が千葉に、相馬大士がJFL・FC琉球に、岡山にレンタル移籍していた山崎正登がFC岐阜に、JFL・秋田にレンタル移籍していた比嘉厚平が山形に、FC岐阜にレンタル移籍していたエフライン・リンタロウがJFL・秋田にレンタル移籍、武富孝介の熊本への期限付き移籍期間も延長した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た谷口博之

    補強面では、アルビレックス新潟から鈴木大輔、横浜FMから谷口博之と狩野健太、山形から柏ユース出身の太田徹郎、Kリーグ・釜山アイパークから金昌洙を完全移籍、CSL・広州恒大からクレオを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ユースからは秋野央樹、木村裕、小林祐介、中村航輔が加入し、レンタル移籍した中川を含めて5人が昇格した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た大津祐樹

    戦力外になった選手以外ではレンタル元の清水に戻った杉山浩太のみの移籍に留め、フランサ、大津祐樹など、多くの主力選手は残留した。J2屈指の戦力を揃え、1年でのJ1復帰を目指した。シーズン途中にフランサが退団、菅沼実、古賀正紘が期限付きで磐田に移籍。それでも、司令塔レアンドロ・ドミンゲスを中心としたリーグ最多得点タイの攻撃と、GK菅野孝憲を中心としたリーグ最少失点の鉄壁の守備が噛み合い、開幕から19試合無敗と年間最少敗戦数「2」のJリーグ新記録を樹立した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た李忠成

    シーズン開幕後、アルセウがケガのため登録抹消。フランサ、李忠成などが相次いで負傷離脱。大宮から小林慶行、クルゼイロECからアンセウモ・ハモン、G大阪からパク・ドンヒョクをレンタル移籍で獲得したが、第17節終了時点でリーグ最多失点の17位と低迷したため、7月15日をもって高橋を監督から解任。東京V、名古屋元監督のネルシーニョが後任監督に就任したが、第33節の大宮戦に引き分けて、2006年以来2度目のJ2降格となった。なお、ナビスコ杯はグループリーグ敗退、天皇杯は3回戦で敗退した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た水野晃樹

    安英学、三浦雄也、エフライン・リンタロウ、ネット・バイアーノ、GKコーチのシジマールが退団、那須大亮が浦和、水野晃樹が甲府、福井諒司が東京Vに、北嶋秀朗(熊本)、比嘉厚平、林陵平(共に山形)、山崎正登(FC岐阜)、中島崇典(横浜FC)、兵働昭弘(千葉)がレンタル先にそれぞれ完全移籍。ユースから昇格した中川寛斗、クォン・ハンジン、熊本にレンタル移籍中だった武富孝介が湘南、川浪吾郎が徳島、JFL・FC琉球にレンタル移籍中だった相馬大士がJFL・町田にそれぞれレンタル移籍した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た高橋真一郎

    石崎の後任監督に高橋真一郎が就任。更に元日本代表DFの井原正巳や、元清水のシジマール・アントニオ・マルチンスをコーチに招聘。選手では目立った退団者は千葉に移籍したアレックスのみで、新入団選手は柏レイソルユースから史上最多の5人の選手が入団。退団したアレックスに代わる外国人選手として、2007年に在籍していたアルセウが復帰、更にナイジェリアからアデバヨを獲得した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た狩野健太

    補強面では、アルビレックス新潟から鈴木大輔、横浜FMから谷口博之と狩野健太、山形から柏ユース出身の太田徹郎、Kリーグ・釜山アイパークから金昌洙を完全移籍、CSL・広州恒大からクレオを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ユースからは秋野央樹、木村裕、小林祐介、中村航輔が加入し、レンタル移籍した中川を含めて5人が昇格した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

186件中 21 - 30件表示

「柏レイソル」のニューストピックワード