186件中 71 - 80件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た池谷友良

    2004年、日立製作所サッカー部OBの池谷友良がコーチから監督に昇格したが、1stステージは15位の成績。1stステージ終了後に池谷は辞任。早野宏史が後任監督に就任したが、2ndステージも15位。J1年間最下位に終わったが、J1・J2入れ替え戦で福岡に勝利し、J1に残留した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た洪明甫

    1999年、横浜Fから薩川了洋、平塚から洪明甫を獲得した一方、2ndステージ前にストイチコフが退団した。リーグ戦は年間3位の成績。また、ナビスコカップで優勝し、クラブ初タイトルを獲得。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た小林慶行

    シーズン開幕後、アルセウがケガのため登録抹消。フランサ、李忠成などが相次いで負傷離脱。大宮から小林慶行、クルゼイロECからアンセウモ・ハモン、G大阪からパク・ドンヒョクをレンタル移籍で獲得したが、第17節終了時点でリーグ最多失点の17位と低迷したため、7月15日をもって高橋を監督から解任。東京V、名古屋元監督のネルシーニョが後任監督に就任したが、第33節の大宮戦に引き分けて、2006年以来2度目のJ2降格となった。なお、ナビスコ杯はグループリーグ敗退、天皇杯は3回戦で敗退した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た井原正巳

    石崎の後任監督に高橋真一郎が就任。更に元日本代表DFの井原正巳や、元清水のシジマール・アントニオ・マルチンスをコーチに招聘。選手では目立った退団者は千葉に移籍したアレックスのみで、新入団選手は柏レイソルユースから史上最多の5人の選手が入団。退団したアレックスに代わる外国人選手として、2007年に在籍していたアルセウが復帰、更にナイジェリアからアデバヨを獲得した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たアンセウモ・ハモン・アルヴェス・エルクラノ

    シーズン開幕後、アルセウがケガのため登録抹消。フランサ、李忠成などが相次いで負傷離脱。大宮から小林慶行、クルゼイロECからアンセウモ・ハモン、G大阪からパク・ドンヒョクをレンタル移籍で獲得したが、第17節終了時点でリーグ最多失点の17位と低迷したため、7月15日をもって高橋を監督から解任。東京V、名古屋元監督のネルシーニョが後任監督に就任したが、第33節の大宮戦に引き分けて、2006年以来2度目のJ2降格となった。なお、ナビスコ杯はグループリーグ敗退、天皇杯は3回戦で敗退した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たマルシオ・アラウージョ

    J1復帰に貢献したリカルジーニョ、ディエゴが退団。GK水谷雄一、MFアルセウ、マルシオ・アラウージョ、FW阿部吉朗、そして名古屋を10年間支えたDF古賀正紘などが加入。J1復帰1年目の目標を「勝ち点45を取る」と設定した。シーズンでは開幕戦の磐田戦に勝利。その後も苦手にしていたアウェーでも勝ち点を得るようになり、前半戦の台風の目となる。また、3月末に小野寺重之から河西晋二郎に社長が交代した。中盤戦は、2年前は大敗したアウェーの浦和戦を1-1で乗り切ると、苦戦が予想された8月を3勝2分と無敗で過ごす。特に浦和・横浜FMら強豪クラブと共にJ1最少失点の座を争い、8月までの23試合中12試合が無失点であった。9月23日の川崎戦で当初の目標の勝ち点45を残り8試合を残して達成したがその後は故障者が相次いだ事もあり、4連敗を含む1勝1分6敗であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た谷澤達也

    GK水谷雄一、MF谷澤達也が移籍したものの、GK菅野孝憲、MFアレックス、FWポポなどを獲得。DFの補強は鎌田次郎のみと攻撃陣の補強が目立った。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た小野寺重之

    J1復帰に貢献したリカルジーニョ、ディエゴが退団。GK水谷雄一、MFアルセウ、マルシオ・アラウージョ、FW阿部吉朗、そして名古屋を10年間支えたDF古賀正紘などが加入。J1復帰1年目の目標を「勝ち点45を取る」と設定した。シーズンでは開幕戦の磐田戦に勝利。その後も苦手にしていたアウェーでも勝ち点を得るようになり、前半戦の台風の目となる。また、3月末に小野寺重之から河西晋二郎に社長が交代した。中盤戦は、2年前は大敗したアウェーの浦和戦を1-1で乗り切ると、苦戦が予想された8月を3勝2分と無敗で過ごす。特に浦和・横浜FMら強豪クラブと共にJ1最少失点の座を争い、8月までの23試合中12試合が無失点であった。9月23日の川崎戦で当初の目標の勝ち点45を残り8試合を残して達成したがその後は故障者が相次いだ事もあり、4連敗を含む1勝1分6敗であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たアジウソン・ペレイラ・デ・ソウザ

    GK水谷雄一、MF谷澤達也が移籍したものの、GK菅野孝憲、MFアレックス、FWポポなどを獲得。DFの補強は鎌田次郎のみと攻撃陣の補強が目立った。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たアントニーニョ

    1995年、Jリーグ昇格1年目は1stステージで大苦戦し、最終戦はそれまで10連敗していたホームで勝利をあげるも最下位に終わる。1stステージ終了後,クラブは,ゼ・セルジオを解任。2ndステージからは,アントニーニョが監督に就任。1stステージ優勝の横浜Mに2戦2勝するなど5位となった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

186件中 71 - 80件表示