186件中 81 - 90件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た波戸康広

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た鎌田次郎

    GK水谷雄一、MF谷澤達也が移籍したものの、GK菅野孝憲、MFアレックス、FWポポなどを獲得。DFの補強は鎌田次郎のみと攻撃陣の補強が目立った。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た大野敏隆

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た土屋征夫

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た薩川了洋

    1999年、横浜Fから薩川了洋、平塚から洪明甫を獲得した一方、2ndステージ前にストイチコフが退団した。リーグ戦は年間3位の成績。また、ナビスコカップで優勝し、クラブ初タイトルを獲得。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た木村裕

    補強面では、アルビレックス新潟から鈴木大輔、横浜FMから谷口博之と狩野健太、山形から柏ユース出身の太田徹郎、Kリーグ・釜山アイパークから金昌洙を完全移籍、CSL・広州恒大からクレオを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ユースからは秋野央樹、木村裕、小林祐介、中村航輔が加入し、レンタル移籍した中川を含めて5人が昇格した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た澤昌克

    2009年以来2度目のJ1復帰。右SBのレギュラーだった小林祐三が横浜FMへ、古賀正紘、菅沼実が磐田へそれぞれ完全移籍した。一方で、大宮から安英学、京都から増嶋竜也、福岡から中島崇典、清水から兵働昭弘を獲得、新外国人としてジョルジ・ワグネルを獲得。ネルシーニョ監督はシーズン6位以内を目標に掲げてシーズンに入った。シーズンではU-22日本代表の酒井宏樹、澤昌克、ジョルジ・ワグネルらの活躍もあり首位戦線で健闘、名古屋、G大阪との熾烈な優勝争いの中、11月に首位に立つとリーグ最終節で浦和に3-1で勝ち、J1初優勝を、Jリーグ初となるJ1昇格1年目での優勝で飾った。また、J1、J2の両ディビジョンで年間優勝のタイトルを受賞した初のチームとなった。ナビスコ杯は初戦敗退、天皇杯は4回戦で敗退した。また、FIFAクラブワールドカップ2011はオークランド・シティFC、CFモンテレーに勝利。3位決定戦でアル・サッドに敗退したが4位の成績を残した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た藤田優人

    補強は横浜FMから昨シーズン横浜FCに期限付き移籍していた藤田優人、栃木SCからリカルド・ロボ、磐田から那須大亮、東京Vから昨シーズン北九州にレンタル移籍していた福井諒司を完全移籍で獲得、FC岐阜にレンタル移籍していた川浪吾郎、栃木SCにレンタル移籍していた渡部博文が復帰、ユースから山中亮輔が昇格した。また、リーグ戦の開幕後に三浦雄也が加入した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た阿部吉朗

    J1復帰に貢献したリカルジーニョ、ディエゴが退団。GK水谷雄一、MFアルセウ、マルシオ・アラウージョ、FW阿部吉朗、そして名古屋を10年間支えたDF古賀正紘などが加入。J1復帰1年目の目標を「勝ち点45を取る」と設定した。シーズンでは開幕戦の磐田戦に勝利。その後も苦手にしていたアウェーでも勝ち点を得るようになり、前半戦の台風の目となる。また、3月末に小野寺重之から河西晋二郎に社長が交代した。中盤戦は、2年前は大敗したアウェーの浦和戦を1-1で乗り切ると、苦戦が予想された8月を3勝2分と無敗で過ごす。特に浦和・横浜FMら強豪クラブと共にJ1最少失点の座を争い、8月までの23試合中12試合が無失点であった。9月23日の川崎戦で当初の目標の勝ち点45を残り8試合を残して達成したがその後は故障者が相次いだ事もあり、4連敗を含む1勝1分6敗であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たレアンドロ・ドミンゲス・バルボーザ

    戦力外になった選手以外ではレンタル元の清水に戻った杉山浩太のみの移籍に留め、フランサ、大津祐樹など、多くの主力選手は残留した。J2屈指の戦力を揃え、1年でのJ1復帰を目指した。シーズン途中にフランサが退団、菅沼実、古賀正紘が期限付きで磐田に移籍。それでも、司令塔レアンドロ・ドミンゲスを中心としたリーグ最多得点タイの攻撃と、GK菅野孝憲を中心としたリーグ最少失点の鉄壁の守備が噛み合い、開幕から19試合無敗と年間最少敗戦数「2」のJリーグ新記録を樹立した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

186件中 81 - 90件表示

「柏レイソル」のニューストピックワード