前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 山本憲二

    山本憲二から見た柏原竜二柏原竜二

    高校3年時の全国都道府県対抗駅伝競走大会では石川県チームの1区を走った。この時の1区にはのちのチームメイトとなる柏原竜二、宇野博之、佐藤寛才も出場しており、区間賞は柏原竜二だった。山本憲二 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学陸上競技部

    東洋大学陸上競技部から見た柏原竜二柏原竜二

    2002年にはシドニーオリンピックマラソン代表川嶋伸次が長距離部門の監督に就任。2008年に通学途中の部員が強制わいせつ行為で現行犯逮捕されたのを受けて辞任するも第85回箱根駅伝では柏原竜二の活躍もあり大学史上初の総合優勝を達成した。2009年4月からは長距離部門の監督にOBの酒井俊幸が就任している。東洋大学陸上競技部 フレッシュアイペディアより)

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走

    東京箱根間往復大学駅伝競走から見た柏原竜二柏原竜二

    第80回(2004年)の金栗四三杯創設以来、5区で区間賞を取った選手が同賞を14回中9回(第84回、第87回、第90回、第92回、第93回以外)受賞している。また、この区間で圧倒的な実力を示した選手に対しては「山の神」(今井正人や柏原竜二や神野大地など)という異名が付けられることがある。東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走

    第87回東京箱根間往復大学駅伝競走から見た柏原竜二柏原竜二

    2011年の箱根駅伝は2年連続で20チームで行われた。1区から4区までは早稲田大学が独走したが、5区で東洋大学の柏原竜二が16キロ過ぎでトップに立ち、そのまま東洋大学が3年連続3回目の往路優勝を果たした。2位の早稲田大学との差は27秒差。18位の中央学院大学までが1位とタイム差が10分以内に入り、19位の学連選抜、20位の上武大学の2校が復路繰り上げ一斉スタートとなった。総合10位以内に与えられるシード権争いでは、5区を終えて7位の城西大学と13位の山梨学院大学との差がわずか1分20秒という大混戦になった。第87回東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 第85回東京箱根間往復大学駅伝競走

    第85回東京箱根間往復大学駅伝競走から見た柏原竜二柏原竜二

    2009年の箱根駅伝は85回目を記念して史上最多の23チームで行なわれた。往路は5区で8人抜きによりトップに立った東洋大学が初優勝した。復路は6区で2位に後退した東洋大が8区で再び首位に立つとそのまま逃げ切り、初の総合優勝を果たした。併せて復路での優勝も記録した東洋大は初のタイトルを完全優勝で飾った。初出場から77年目、67回目の挑戦での総合優勝は最も遅い記録となった。また、関東学連選抜が2年連続でのシード圏内となる9位に入り、次大会の予選会枠が1校多くなった。金栗四三杯(MVP)は5区区間新記録を達成した東洋大学の柏原竜二が受賞した。第85回東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回東京箱根間往復大学駅伝競走

    第88回東京箱根間往復大学駅伝競走から見た柏原竜二柏原竜二

    4年連続で5区を走った東洋大学の柏原竜二が最優秀選手に選出され金栗四三杯を獲得した。第88回東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 田口雅也

    田口雅也から見た柏原竜二柏原竜二

    中学3年生の時に全国都道府県対抗駅伝競走大会の2区に出場。区間10位と好走した。この時、田口の待つ第1中継所に先頭で飛び込んできたランナーが当時高校3年生の柏原竜二だった。田口雅也 フレッシュアイペディアより)

  • 神野大地

    神野大地から見た柏原竜二柏原竜二

    この記録は第90回箱根駅伝後の2014年2月7日をもって従来の5区および6区の通過点となっていた函嶺洞門が通行禁止となり、第91回大会から函嶺洞門バイパスへとコースが変更となった ため、神野の記録は新コースでの区間記録となった。第90回大会以前の記録として参考記録となった、2012年の第88回箱根駅伝で当時・東洋大学の柏原竜二が記録した1時間16分39秒という驚異的な区間記録を、約20m長くなったコースで24秒上回った。神野大地 フレッシュアイペディアより)

  • がんばれゆうすけ

    がんばれゆうすけから見た柏原竜二柏原竜二

    作新学院・東洋大学出身。大学在学中、東洋大学自体は第83回東京箱根間往復大学駅伝競走に出場したが、がんばれゆうすけ自身は一度も箱根路を走ることができなかった。東洋大学時代の後輩に柏原竜二がいる。東日本大震災が発生したあと、仮設住宅で漫才をするボランティア活動をした。2013年ごろからテレビの仕事が増加し、TBSオールスター感謝祭『赤坂5丁目ミニマラソン』などに出演。日清食品の「日清焼そばU.F.O.」のコマーシャルに出演した経験も持つ。2013年2月、淀川寛平マラソンで2位入賞を果たして注目を集める。2013年12月、福岡国際マラソンに出場したが、日本人トップの川内優輝に19分以上差をつけられて80位に沈んだ。高田千春が5位入賞を果たして日本人2位に入ったこともあり、アジア大会代表選出は絶望的になった。リオデジャネイロオリンピックへの出場を目指していることを公言している。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する漫才師、宮川大助(同じよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するタレントの宮川大輔や、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する女性漫才師、「海原やすよ・ともこ」のメンバー海原やすよの夫で元プロ野球選手の宮本大輔とは別の人物)や宮川花子、宮川さゆみらと親交が深く、漫才についての指導も受けている。元早大生のマラソンランナー、駅伝選手の梅木蔵雄とも親しい。がんばれゆうすけ フレッシュアイペディアより)

  • 第86回東京箱根間往復大学駅伝競走

    第86回東京箱根間往復大学駅伝競走から見た柏原竜二柏原竜二

    2010年の箱根駅伝は2年ぶりに20チームで行われた。往路は1区から4区までは明治大学が独走したが、5区で東洋大学の柏原竜二が前年の自身の走りを上回る快走で一気にトップに立ち、そのまま東洋大学が2年連続2回目の往路優勝を果たした。2位の山梨学院大学との差は過去10年で最大となる3分36秒差。11位の学連選抜までが1位とタイム差が10分以内に入り、12位の東海大学以下の9チームが復路一斉スタートとなった。総合10位以内に与えられるシード権争いでは、5区を終えて10位の城西大学と11位の学連選抜の差が2分12秒となった。第86回東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「柏原竜二」のニューストピックワード

  • お父さんになるのは楽しみですが、今は子供を授かってはいません

  • Spice World 2019 UK Tour

  • ハワード・アンド・ハワード法律事務所