49件中 21 - 30件表示
  • 新田良太郎

    新田良太郎から見た柏原竜二柏原竜二

    コニカミノルタ陸上競技部に所属し、ニューイヤー駅伝などで活躍。2013年のニューイヤー駅伝では6区を担当。先頭でタスキを受け取ると、社会人ルーキーとして注目された柏原竜二(富士通)などを抑える区間賞の走りで2位以下に大差を付け、コニカミノルタの5年ぶり7度目のニューイヤー駅伝優勝を決定付けた。翌2014年のニューイヤー駅伝でも6区を担当。5区で区間賞の走りを見せた東北高校時代の1学年の先輩でもある野口拓也から2位と3秒差の先頭でタスキを受けると、前年と同じく区間賞の走りで独走態勢に持ち込む。結果として2位以下に1分30秒以上の差を付けタスキをつなぎ、コニカミノルタのニューイヤー駅伝2連覇の立役者となった。しかし、その後はニューイヤー駅伝に出走することなく、2016年3月に現役を引退した。新田良太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 定方俊樹

    定方俊樹から見た柏原竜二柏原竜二

    東洋大学陸上競技部OBで第61回?第63回東京箱根間往復大学駅伝競走に出場した定方次男を父に持つ。旭化成陸上部に所属する松尾良一は小学校の同級生。2013年1月に開催された、第89回東京箱根間往復大学駅伝競走で、山の神と呼ばれた柏原竜二の卒業後、初めて東洋大生として5区を走り、1位で襷を受け3位でゴールをする。区間10位。その年の6月には日本学生陸上陸上競技個人選手権で5000mで優勝した。第90回東京箱根間往復駅伝競走ではメンバーを外れたが、当日には箱根の山の風の様子を伝えるためだけに往路フィニッシュ地点の芦ノ湖にいた。定方俊樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩之 (1986年生の陸上選手)

    山本浩之 (1986年生の陸上選手)から見た柏原竜二柏原竜二

    大学時代には東洋大学陸上競技部の一員として駅伝などで活躍。最高学年4年生として迎えた第85回東京箱根間往復大学駅伝競走ではエース区間である2区を担当し、3区を走った同学年のエース大西智也(元旭化成)や、後に4年連続5区で区間賞を獲得することになるスーパールーキー柏原竜二(元富士通)らとともに東洋大学史上初の総合優勝を手繰り寄せた。山本浩之 (1986年生の陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 近藤重勝 (陸上選手)

    近藤重勝 (陸上選手)から見た柏原竜二柏原竜二

    箱根駅伝「5区」への思いは、指導者となった今も変わらず。「「山の神」と呼ばれる2人の選手(今井正人(順天堂大学)、柏原竜二(東洋大学))を見た時には興奮で体温が上がった、同時代に生まれていたら、勝負してみたかった。」と語る。近藤重勝 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • ふくしま駅伝

    ふくしま駅伝から見た柏原竜二柏原竜二

    柏原竜二 - いわき市出身、箱根駅伝「2代目山の神」(当時東洋大)ふくしま駅伝 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫傑

    大迫傑から見た柏原竜二柏原竜二

    2010年、世界クロスカントリー選手権ジュニアに初出場して32位に入った。日本人では村澤に次ぐ2位であった。同年、早稲田大学に進学。7月にカナダ・モンクトンで行われた、世界ジュニア選手権10000mに同学年の志方文典と共に出場。8位に入賞し、志方も9位に入った。同年の第22回出雲駅伝では2区を走り先頭を守ったが後続に差を詰められ、本人曰く悔しさの残る大学駅伝デビューとなった。早稲田大学は14年ぶり2回目の優勝を飾った。第42回全日本大学駅伝では2区で先頭の東洋大・柏原竜二との差を20秒縮めて、1区の遅れを取り戻す7人抜きの快走を見せた。その後佐々木、志方等の活躍で早稲田大学は優勝を飾った。大迫傑 フレッシュアイペディアより)

  • 今井正人

    今井正人から見た柏原竜二柏原竜二

    なお、今井が大学卒業後の2009年・第85回大会の5区では、東洋大学の柏原竜二が今井の区間記録を47秒も更新する1時間17分18秒をマークして、東洋大学の往路・復路共に首位の総合初優勝に貢献。奇しくも柏原は今井と同じ福島県浜通りの出身であり、ゴールの瞬間の実況では今井になぞらえて「新・山の神」「山の神童」とも言われた。その時の今井は、ゲスト出演者として柏原の快走を見届けており、「自分と同じ福島出身の後輩が活躍してくれて嬉しい」と祝福している。それ以後も柏原は、翌2010年・第86回大会で、自らの区間記録を10秒更新した。さらに2015年・第91回大会の5区では、コースが一部変更・20m延長された山登り区間で、青山学院大学の神野大地が、1時間16分15秒の驚異的なタイムをマークし、当大学の往路・総合初優勝にも貢献、神野は「三代目・山の神」と称された。今井正人 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た柏原竜二柏原竜二

    3日 - 【陸上競技】 東洋大学時代に箱根駅伝の山上り区間である5区(小田原→箱根・芦ノ湖)で4年連続区間賞を獲得し、「山の神」と呼ばれ社会人の富士通でも活躍が期待されていた柏原竜二が腰痛の影響で復帰の目処が立たないとして現役引退したことを富士通陸上競技部が発表。その後6月1日になりアメリカンフットボール・Xリーグの富士通フロンティアーズのマネージャーに就任していたことを柏原自らチームのブログにて公表した。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た柏原竜二柏原竜二

    7月13日 - 柏原竜二(福島県、陸上競技)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立いわき総合高等学校

    福島県立いわき総合高等学校から見た柏原竜二柏原竜二

    柏原竜二 - 陸上選手、2009年、2010年箱根駅伝5区区間賞、区間記録保持者(東洋大学)福島県立いわき総合高等学校 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「柏原竜二」のニューストピックワード

  • 勝った方も非常識ですから、居心地の悪さは当然

  • High School Japan Cup 2020

  • 全国高校総合体育大会