1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • 山の神

    山の神から見た柏原竜二柏原竜二

    また近年では、箱根駅伝の5区(山登り区間)で複数年に渡り圧倒的な快走を見せた選手を指して、マスメディア(日本テレビや文化放送など、中継を担当する放送局)が比喩的に「山の神」と表現する場合がある。一般に元祖が順天堂大学の今井正人、二代目が東洋大学の柏原竜二、三代目が青山学院大学の神野大地を指す。スポーツライターの生島淳は『元祖・山の神』を1974年から4年連続で5区の区間賞を獲得した大久保初男(大東文化大学)であるとし、今井以前の「山の神」に上田誠仁や木下哲彦(金哲彦)を挙げている。山の神 フレッシュアイペディアより)

  • 中京大学附属中京高等学校

    中京大学附属中京高等学校から見た柏原竜二柏原竜二

    神野大地 第91回箱根駅伝競走・第5区の山登りで今井正人・柏原竜二を上回る区間新記録を達成、青山学院大学総合初優勝に貢献中京大学附属中京高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • いわき市

    いわき市から見た柏原竜二柏原竜二

    柏原竜二(元陸上競技選手、東洋大学出身、富士通所属)いわき市 フレッシュアイペディアより)

  • A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜

    A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜から見た柏原竜二柏原竜二

    2012年頃から、アニスパリスナーかつ、アニメ・ゲームとはあまり関係ないジャンルで有名な人物がゲストとして呼ばれている。きっかけは2012年1月7日放送分で、浅野と交友のある陸上の柏原竜二がゲストとして来たことで、その後2012年2月4日放送分には前の枠で放送された『電人★GA部ぅ〜』のゲストとして来ていたクイズ王の大美賀祐貴が出演している。両者とも出演当時大学生だったことから『ある筋で有名な大学生アニスパリスナーを番組に出演させよう』という動きが生まれつつある。また文化放送のスポーツ部がアニスパリスナーで有名な人物を「接待」としてスタジオ見学に招くこともあり、2012年5月5日放送分には陸上の梶原有高がスタジオ見学に来ていた。A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 鎧坂哲哉

    鎧坂哲哉から見た柏原竜二柏原竜二

    2010年4月にカナダ・キングストンで開催された第17回世界大学クロスカントリー選手権では、各国の代表を抑えて優勝を飾った。同年の第42回全日本大学駅伝では故障を抱えながらも2区を走って柏原竜二らを抑え、竹澤健介の持つ区間記録を4秒上回る37分38秒の区間新記録をマークした。2011年の第87回箱根駅伝では2区に出場し、15番手でタスキを受けると村澤明伸とともにごぼう抜きを見せた。11人を抜きさる走りで順位を4位まで上げて流れを作り、明治大学の総合5位に貢献した。鎧坂哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本

    1989年の日本から見た柏原竜二柏原竜二

    7月13日 - 柏原竜二、陸上競技選手1989年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木寛文

    佐々木寛文から見た柏原竜二柏原竜二

    佐久長聖高校の同期である平賀翔太とともに早稲田大学に進学。箱根駅伝では、山の神と呼ばれ当時5区山登りで無類の強さを見せていた東洋大学の柏原竜二に対抗できる存在として、初年度から出場が期待されたが、大会直前に新型インフルエンザにかかった影響からメンバーを外れた。2年生になると早稲田大学の主力選手として活躍。出雲駅伝では4区を担当し、区間新記録の快走。早稲田大学14年ぶりの出雲路制覇に貢献した。続く全日本大学駅伝では4区を担当し、東洋大学・駒澤大学に次ぐ3位でタスキを受けると、高校時代の同級生である駒澤大学の千葉健太と競り合いを制し、先頭の東洋大学も捉えトップで5区走者の志方文典に中継し区間賞も獲得。5区の志方も区間賞の走りで後続を突き放すと、その後は先頭を譲ることなく、早稲田大学は15年ぶりに全日本大学駅伝優勝を果たした。大学駅伝三冠がかかる第87回箱根駅伝でも活躍が期待されたが、坐骨神経痛の影響で前年の箱根駅伝に続き欠場。出雲駅伝・全日本大学駅伝と区間賞を獲得した佐々木を欠いた早稲田大学であったが、大迫傑や平賀翔太の活躍もあり、見事18年ぶりの箱根駅伝優勝を果たし、史上3校目の大学駅伝三冠を成し遂げた。箱根駅伝には3年時の第88回大会で初出走し、7区で区間3位であった。最終学年時には駅伝主将としてチームをまとめた。佐々木寛文 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺康幸

    渡辺康幸から見た柏原竜二柏原竜二

    2010年1月の第86回箱根駅伝で7位に終わった後、10月の第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走では監督として初めてとなる男子大学三大駅伝の、そして自らの現役時代に果たせなかった出雲路での優勝を飾った。続く11月の第42回全日本大学対校駅伝選手権大会も制した。2011年の第87回箱根駅伝では柏原竜二擁する東洋大学に往路優勝を譲ったものの、逆転して押し切る采配を振って優勝を飾り、男子大学駅伝三冠を達成した。三冠は1990年の大東文化大学、2000年の順天堂大学に続いて10年ぶり3校目の快挙であった。この年は例年と異なり、全日本大学駅伝後の11月から200キロを走らせる距離練習を組んで箱根に備えた。早稲田大学は主力選手を故障で欠いたが1区から先頭を奪い、5区で逆転されながらも食い下がった流れを復路につなげて再逆転するなど、要所に配した4年生を中心に締める活躍を見せて東洋大学の追撃を振り切った。渡辺康幸 フレッシュアイペディアより)

  • 7月13日

    7月13日から見た柏原竜二柏原竜二

    1989年 - 柏原竜二、元陸上競技選手7月13日 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示

「柏原竜二」のニューストピックワード

  • 勝った方も非常識ですから、居心地の悪さは当然

  • High School Japan Cup 2020

  • 全国高校総合体育大会