前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 山田直輝

    山田直輝から見た柏木陽介柏木陽介

    2011年、阿部勇樹の移籍によって欠番となった22番に背番号を変更、シーズン当初は前年の故障の影響もありシーズン開幕からベンチ入りすらままらならない状態が続き、6月5日のナビスコカップ1回戦第1節、対モンテディオ山形戦でようやくシーズン初の公式戦出場を記録、以降もゼリコ・ペトロビッチ監督に不慣れな右サイドでのプレーを命じられたり、戦術上の問題で得意とするピッチを縦横無尽に動く働きを封じられ、本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、監督が堀孝史に交代後は柏木陽介と共にダブルトップ下のレギュラーに固定され、チームのJ1残留に大きく貢献した。山田直輝 フレッシュアイペディアより)

  • ミハイロ・ペトロヴィッチ

    ミハイロ・ペトロヴィッチから見た柏木陽介柏木陽介

    昨季15位にまで低迷したチームだったが、広島時代に指導した柏木陽介やこの年加入した槙野智章ら愛弟子と共にチームを再建し、リーグ前半戦を3位という好成績で折り返す。同年9月、その手腕を評価され、2013年シーズンも指揮を執ることが決定。ここ数年、シーズン終盤で監督の進退問題が取り沙汰されることが多かった浦和にとっては、異例の早期続投決定となった。重要な試合で勝ち切れないことも多々あったが、最終的にリーグ戦を3位で終了。就任1年目ながらACL出場権を獲得し、浦和を2008年以来5年ぶりとなるアジアの舞台へと導いた。ミハイロ・ペトロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • サンフレッチェ広島

    サンフレッチェ広島から見た柏木陽介柏木陽介

    新監督のペトロヴィッチは3-5-2を採用、DFラインからのビルドアップを最重視し本来はボランチを本職とする戸田・森崎和をセンターバックで起用、青山敏弘と柏木陽介の若手を抜擢、この時期からウェズレイがチームにフィットし佐藤寿との抜群のコンビを見せ始め、最終的にはチーム総得点50のうち7割を二人(ウェズレイ16得点、佐藤寿は日本人得点王となる18点)で叩き出した。結果、第31節でJ1残留を決定、最終的には10位で終了した。サンフレッチェ広島 フレッシュアイペディアより)

  • ずっとラプソディ (SHYの曲)

    ずっとラプソディ (SHYの曲)から見た柏木陽介柏木陽介

    『ラッキーカラー』バージョンは、現在使用されている作品。自身・真鍋かをり・柏木陽介などが出演したCMソング。また、同曲のインストゥルメンタルバージョン、小倉優子の回でも放送された。ずっとラプソディ (SHYの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 趙佑鎮

    趙佑鎮から見た柏木陽介柏木陽介

    2006年、サンフレッチェ広島に入団、同期入団は橋内優也・柏木陽介・槙野智章。高校を卒業後すぐに来日し、当初は全く日本語を話せなかったが、ほぼ1年の独学でほぼ日本語を習得し、自身のTwitterでは平仮名ではあるが現在でも日本人と会話もできる。同年末に怪我人や代表招集でFWが少なくなったため、天皇杯でプロ初ベンチ入りし、初出場する。その後は出場機会を与えられなかった。趙佑鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立吉田高等学校

    広島県立吉田高等学校から見た柏木陽介柏木陽介

    柏木陽介 - AFCアジアカップ2011広島県立吉田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た柏木陽介柏木陽介

    一方、埼玉では前半1本もシュートも打てなかった浦和が後半開始時に山田に代えてFW原一樹を投入し、2列目のMF柏木陽介・MF原口元気の仕掛けを生かした攻撃を始めると、徐々に浦和にもチャンスが生まれる。53分、浦和MF平川忠亮の放ったクロスを飛び込んできた柏木が頭で合わせて、浦和が1点を返し、埼玉スタジアムは一気に盛り上がりを見せ浦和に勢いをもたらす。機を同じくして、新潟では名古屋がゴール右45度で得たフリーキックをFW玉田圭司が直接決めて名古屋に待望の先制点が入る。また、同じ頃、清水でもG大阪MF二川孝広のゴールが生まれて2点差とし、優勝争いの3会場は一気に緊迫の度合いを高めることになる。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァ

    ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァから見た柏木陽介柏木陽介

    珍しいエピソードとして、広島在籍時のゴール後のパフォーマンスである“片膝をついて左手で弓を構え、矢を放つしぐさで両手をパーにする”という、通称「弓矢パフォーマンス」というのがある。当時のチームメイトであった柏木陽介、槙野智章、平繁龍一が出場した2007 FIFA U-20ワールドカップにおいてU-20日本代表全員でこの弓矢パフォーマンスを行っていた。同チームの大会での快進撃も相まって一時話題となった。ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 丸谷拓也

    丸谷拓也から見た柏木陽介柏木陽介

    69分、柏木陽介に代わり途中出場、83分平繁龍一と途中交代丸谷拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 木原正和

    木原正和から見た柏木陽介柏木陽介

    2003年、サンフレッチェ広島ユースに入団、同期に柏木陽介・福本尚純・槙野智章。2年生(2004年)から3トップの一角としてレギュラーを獲得、ユース3大大会のうち3大会とも決勝に進出し2冠達成、3年時には高円宮杯3位入賞に貢献した。木原正和 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード