前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • ミハイロ・ペトロヴィッチ

    ミハイロ・ペトロヴィッチから見た柏木陽介柏木陽介

    昨季15位にまで低迷したチームだったが、広島時代に指導した柏木陽介やこの年加入した槙野智章らと共にチームを再建し、リーグ前半戦を3位という好成績で折り返す。同年9月、その手腕を評価され、2013年シーズンも指揮を執ることが決定 重要な試合で勝ち切れないことも多々あったが、最終的にリーグ戦を3位で終了。就任1年目ながらACL出場権を獲得し、浦和を2008年以来5年ぶりとなるアジアの舞台へと導いた。ミハイロ・ペトロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • サンフレッチェ広島F.C

    サンフレッチェ広島F.Cから見た柏木陽介柏木陽介

    新監督のペトロヴィッチは3-5-2を採用、DFラインからのビルドアップを最重視し本来はボランチを本職とする戸田・森崎和をセンターバックで起用、青山敏弘と柏木陽介の若手を抜擢、この時期からウェズレイがチームにフィットし佐藤寿との抜群のコンビを見せ始め、最終的にはチーム総得点50のうち7割を二人(ウェズレイ16得点、佐藤寿は日本人得点王となる18点)で叩き出した。結果、第31節でJ1残留を決定、最終的には10位で終了した。サンフレッチェ広島F.C フレッシュアイペディアより)

  • ずっとラプソディ (SHYの曲)

    ずっとラプソディ (SHYの曲)から見た柏木陽介柏木陽介

    『ラッキーカラー』バージョンは、現在使用されている作品。自身・眞鍋かをり・柏木陽介などが出演したCMソング。また、同曲のインストゥルメンタルバージョン、小倉優子の回でも放送された。ずっとラプソディ (SHYの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 木下真吾

    木下真吾から見た柏木陽介柏木陽介

    小中学校の同級生に柏木陽介がいる。木下真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 高校生Jリーガー

    高校生Jリーガーから見た柏木陽介柏木陽介

    柏木陽介 (サンフレッチェ広島)高校生Jリーガー フレッシュアイペディアより)

  • Ai Se Eu Te Pego

    Ai Se Eu Te Pegoから見た柏木陽介柏木陽介

    サッカー選手のネイマールやクリスチアーノ・ロナウド、マルセロがこの楽曲のサビのダンスを披露したことによってヒットの火付け役火になった。また、Jリーグでもジュビロ磐田の松浦拓弥と山田大記、浦和レッズの柏木陽介、槙野智章、梅崎司などがゴールパフォーマンスで踊っている。その後、恋愛ソングではあるが、サッカー選手がゴールパフォーマンスでこのダンスを真似して披露することが多くなり、サッカーの曲として広まりコナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン2013」にこの楽曲が収録されている。Ai Se Eu Te Pego フレッシュアイペディアより)

  • 福本尚純

    福本尚純から見た柏木陽介柏木陽介

    岡山のクラブチーム・玉野FCから2003年にサンフレッチェ広島ユースに入団。同期生に柏木陽介、木原正和、槙野智章ら。高校3年次にボランチとしてレギュラーを掴み、高円宮杯3位入賞に貢献した。福本尚純 フレッシュアイペディアより)

  • 足立修

    足立修から見た柏木陽介柏木陽介

    2002年、サンフレッチェ広島にヘッドハントされ、広島のトップチームおよびユースのスカウトに就任した。例えば、青山敏弘・柏木陽介(ユース時)・清水航平の広島入団は足立がスカウトとして絡んでいる。そのほかには高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ中国競技委員長を務め、一時はスタジアムFMの解説者としても活躍していた。その他平和祈念広島国際ユースサッカーで毎年、広島県高校選抜のヘッドコーチを務め、トレセン活動でも地元に貢献しており、将来の広島へのスカウト活動に向け地道な種まきを行っている。足立修 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のJリーグチャンピオンシップ

    2015年のJリーグチャンピオンシップから見た柏木陽介柏木陽介

    試合は一進一退の攻防を繰り広げながら決定力を欠き前半はスコアレスで終える。後半に入り2分、高い位置でボールを奪ったG大阪MF大森晃太郎がグラウンダーのクロスを上げると、これを受けたMF今野泰幸が右足で流し込んでG大阪が先制する。1点を返したい浦和は後半27分、MF柏木陽介の放ったコーナーキックにDF森脇良太がヘディングシュートするもクロスバーに阻まれるが、このこぼれ球を途中出場のFWズラタンが頭で押し込んで同点に追いつく。その後も浦和が押し込む場面が見られるがG大阪GK東口順昭の好守もあって追加点を奪えず、試合は1-1のまま延長戦へと突入する。2015年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァ

    ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァから見た柏木陽介柏木陽介

    珍しいエピソードとして、広島在籍時のゴール後のパフォーマンスである“片膝をついて左手で弓を構え、矢を放つしぐさで両手をパーにする”という、通称「弓矢パフォーマンス」というのがある。2006年開幕前に清神社で行われた必勝祈願の際、紹介された「毛利元就の三本の矢」の故事と、奉納された弓矢から思いついたとのこと。当時のチームメイトであった柏木陽介・槙野智章・平繁龍一が出場した2007 FIFA U-20ワールドカップにおいてU-20日本代表全員でこの弓矢パフォーマンスを行っていた。同チームの大会での快進撃も相まって一時話題となった。ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード