44件中 11 - 20件表示
  • 趙佑鎮

    趙佑鎮から見た柏木陽介柏木陽介

    2006年、サンフレッチェ広島に入団、同期入団は橋内優也・柏木陽介・槙野智章。同年末に怪我人や代表招集でFWが少なくなったため、天皇杯でプロ初ベンチ入りし、初出場する。その後は出場機会を与えられなかった。趙佑鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 橋内優也

    橋内優也から見た柏木陽介柏木陽介

    2006年、サンフレッチェ広島に入団、同期は柏木陽介・槙野智章・趙佑鎮。同シーズン4月から暫定で監督を務めた望月一頼は、橋内をプレス要員としてFWで起用。同年5月3日J1対大宮アルディージャ戦にてFWとして出場、広島のシーズン初勝利に貢献した。橋内優也 フレッシュアイペディアより)

  • サンフレッチェ広島F.Cの育成組織

    サンフレッチェ広島F.Cの育成組織から見た柏木陽介柏木陽介

    前田俊介・高柳一誠・森脇良太・柏木陽介・槙野智章・平繁龍一ら、タレントがズラリ揃った2004年には、3大会とも決勝に進出した。レギュラー11人が全員プロ入りしたこのチームは強さと巧さを兼ね備え、なおかつ勝負強く、史上最強ではといわれる伝説のチームであった。ただ、最上級生に田坂祐介・西山貴永・田村祐基ら、そしてクラブ史上初のプロの高校生Jリーガーとなる高萩洋次郎が在籍した2003年のチームのほうが記録的には上で、公式戦でわずか2敗のみ(高円宮杯準決勝・静岡学園戦と2003年天皇杯1回戦対J2水戸ホーリーホック戦)しかしていない。サンフレッチェ広島F.Cの育成組織 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJリーグカップ

    2014年のJリーグカップから見た柏木陽介柏木陽介

    組み合わせ抽選は前年同様決勝トーナメント進出クラブ代表によるオープンドロー(公開抽選)により行われ、8月4日放送のフジテレビ系『すぽると!』内でOAされた(同番組のスタジオにて当日事前収録)。立会人はJリーグ・村井満チェアマンとタレント・中村静香。参加者は野津田岳人(広島)、森岡亮太(神戸)、山口蛍(C大阪)、宇佐美貴史(G大阪)、伊藤翔(横浜FM)、小林悠(川崎)、柏木陽介(浦和)、茨田陽生(柏)。2014年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のJリーグチャンピオンシップ

    2016年のJリーグチャンピオンシップから見た柏木陽介柏木陽介

    迎えた後半11分、浦和MF柏木陽介の放ったクロスにあわせに行ったFW興梠がペナルティエリア内で鹿島DF西大伍に体当たりで倒され、主審の家本政明はPKの判定を下す。これを浦和MF阿部勇樹が落ち着いてゴール中央に決めて、浦和が先制点を挙げる。追う展開となった鹿島はMF中村充孝に替えて故障明けのMF柴崎岳を投入、さらにFWファブリシオも投入し前線を厚くして必死の反撃を試みるが、守備を固めた浦和の守りを崩しきれず、浦和が貴重なアウェーでの勝利を挙げた。2016年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 木下正貴

    木下正貴から見た柏木陽介柏木陽介

    兄の真吾やその同級生の柏木陽介たちと同じく兵庫県の御津町(現・たつの市)でサッカーを始め、地元の小中学校に通う。木下正貴 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た柏木陽介柏木陽介

    一方、埼玉では前半1本もシュートも打てなかった浦和が後半開始時に山田に代えてFW原一樹を投入し、2列目のMF柏木陽介・MF原口元気の仕掛けを生かした攻撃を始めると、徐々に浦和にもチャンスが生まれる。53分、浦和MF平川忠亮の放ったクロスを飛び込んできた柏木が頭で合わせて、浦和が1点を返し、埼玉スタジアムは一気に盛り上がりを見せ浦和に勢いをもたらす。機を同じくして、新潟では名古屋がゴール右45度で得たフリーキックをFW玉田圭司が直接決めて名古屋に待望の先制点が入る。また、同じ頃、清水でもG大阪MF二川孝広のゴールが生まれて2点差とし、優勝争いの3会場は一気に緊迫の度合いを高めることになる。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見た柏木陽介柏木陽介

    12月15日 - 柏木陽介(兵庫県、サッカー)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山本真希

    山本真希から見た柏木陽介柏木陽介

    各年代の代表で10番を背負い続けており、2005年のFIFAワールドユース選手権は飛び級ながら最終候補まで残った。エースとして期待された2007年のFIFA U-20ワールドカップでも2大会連続で最終候補まで残ったが、清水での出場機会が乏しく、ポジションが重なる梅崎司、田中亜土夢、柏木陽介らの台頭もあり、最終選考で外れた。山本真希 フレッシュアイペディアより)

  • 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た柏木陽介柏木陽介

    この試合には日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチが異例の視察に訪れた。準決勝での負傷でMF柏木陽介を欠く浦和は試合開始早々にDF槙野智章がGK西川周作と接触し右手を負傷(試合後に20針縫う重症と判明)。一方リーグ戦レギュラーのDF岩下敬輔とMF大森晃太郎を欠くG大阪も12分にDF米倉恒貴が足の負傷でMF井手口陽介と交代を余儀なくされるなど、お互いに満身創痍の中での立ち上がりとなった。前半32分、G大阪MF倉田秋がセンターライン付近から浦和DF陣の背後に浮き球を送ると、これにG大阪FWパトリックが反応して抜け出し、右サイドを快足を飛ばしてドリブル。最後は浦和DF森脇良太を振り切って右足でゴールを決め、G大阪が先制する。しかし浦和もその4分後、MF梅崎司が上げたクロスボールを浦和FW李忠成が頭で合わせるも左ポストに嫌われるが、そのこぼれ球を浦和FW興梠慎三が決めて同点に追いつき、前半は1-1で終える。第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード