31件中 21 - 30件表示
  • 原口元気

    原口元気から見た柏木陽介柏木陽介

    チームメイトである柏木陽介のブログで「生意気小僧」と評されていた。2009年には練習中にエジミウソンと小競り合いを起こし「謝れよ!」と怒鳴ったが、練習後和解している。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • たつの市

    たつの市から見た柏木陽介柏木陽介

    柏木陽介 - サッカー選手(浦和レッズ)たつの市 フレッシュアイペディアより)

  • 宇賀神友弥

    宇賀神友弥から見た柏木陽介柏木陽介

    2010年、キャンプや練習試合で左サイドバックとして質の高いプレーを披露し、2月20日に行われたプレシーズンマッチ、対徳島戦では柏木陽介、ロブソン・ポンテが欠場したことにより左サイドハーフとして先発出場した。この試合では序盤から積極的なプレーで攻撃陣を牽引し、後半には鋭い突破から精度の高いクロスを上げエスクデロ・セルヒオのゴールをアシストした。そして3月6日、J1第1節、対鹿島戦で左サイドバックとして先発出場。これがプロでの公式戦デビューとなった。その後はサヌと左サイドバックのポジションを争う中でJ1第15節の対京都戦で途中出場し、J1初得点を記録。J1第18節、対名古屋戦では一時は同点となる鮮やかなミドルシュートを決めるなど、守備的なポジションでありながらも左サイドの攻撃の起点として活躍。終盤は故障での離脱を繰り返すこともあったが、最終的に公式戦32試合に出場し、3得点を記録した。宇賀神友弥 フレッシュアイペディアより)

  • 粟島 瑞丸

    粟島瑞丸から見た柏木陽介柏木陽介

    2007年、俳優の吉岡毅志と「演劇集団スプートニク」を立ち上げ(旗揚げメンバーは粟島、吉岡のほか川岡大次郎、福沢重文、佐藤晴彦)、定期的に公演を行っていたが2012年6月をもって活動休止。『ウルトラマンガイア』で主人公を演じた吉岡のほかにも特撮ヒーロー出身の俳優と交友が多く、永井大、杉浦太陽、友井雄亮、富田翔などがよくブログに登場している。他に浦和レッドダイヤモンズ所属で日本代表サッカー選手・柏木陽介やEXILEのネスミス、RIZE、AA=のドラムで俳優の金子ノブアキなどと交友がある。粟島瑞丸 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市

    神戸市から見た柏木陽介柏木陽介

    柏木陽介(サッカー選手)神戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 木下真吾

    木下真吾から見た柏木陽介柏木陽介

    小中学校の同級生に柏木陽介がいる。木下真吾 フレッシュアイペディアより)

  • フォルカー・フィンケ

    フォルカー・フィンケから見た柏木陽介柏木陽介

    結果が求められた2010年は、柏木陽介、マシュー・スピラノビッチ、フライブルク時代の教え子であるウィルフリード・サヌと、自らの要望で多数の即戦力選手を獲得。必勝態勢で臨み、前年と同様に4月に首位に立つなどスタートダッシュに成功する。しかしワールドカップによる中断明けの夏場には、7月、8月だけで下位クラブ相手のものを含む5敗を喫し、怪我人が続出したことも考慮すべきとはいえ、結果的に前年の同時期と同じ失速を繰り返す。この結果が発端となり、毎年行われているトークイベント「Talk on together」でサポーター400人と直接質疑応答の機会を設けるという、シーズン中としては異例の事態も起きた。その後も試合の内容自体は評価されながらも勝ったり負けたりの不安定な戦いに終始。リーグ戦最終節でも降格圏にいたヴィッセル神戸に0-4の大敗を喫するなど最後まで成績は上がらず、結局前年を下回る10位に終わった。フォルカー・フィンケ フレッシュアイペディアより)

  • 山本真希

    山本真希から見た柏木陽介柏木陽介

    各年代の代表で10番を背負い続けており、2005年のFIFAワールドユース選手権は飛び級ながら最終候補まで残った。エースとして期待された2007年のFIFA U-20ワールドカップでも2大会連続で最終候補まで残ったが、清水での出場機会が乏しく、ポジションが重なる梅崎司、田中亜土夢、柏木陽介らの台頭もあり、最終選考で外れた。山本真希 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た柏木陽介柏木陽介

    大量の選手を招集し、様々なテストを行ったが、結果としてそれが軸となる選手が定まらない状態を生んだ。本戦メンバーには、予選などでさして実績を残していない新しい選手が多く選ばれ、予選常連組の青山直晃、柏木陽介らは外された。結果として、五輪本大会はアメリカ、ナイジェリア、オランダ相手に3戦全敗。1996年のアトランタ大会以降、初となる白星なしでのグループリーグ敗退に終わり、選手選考や采配に対して厳しい批判を浴びた。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た柏木陽介柏木陽介

    2009年シーズン途中から特別指定選手としてトップチームに登録していた流通経済大学の宇賀神友弥が新卒選手として正式に加入し、2009年シーズンから水戸へ期限付き移籍していた高崎寛之が復帰した。また、広島から柏木陽介を完全移籍で、ドイツ・ブンテスリーガ1.FCニュルンベルクからマシュー・スピラノビッチを、ドイツ・ブンデスリーガ1.FCケルン所属のウィルフリード・サヌを期限付き移籍で獲得した。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード