前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たミハイロ・ペトロヴィッチ

    2006年に広島のトップチームに昇格。同期入団は橋内優也、槙野智章、趙佑鎮ら。6月にミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任すると、「若手を積極的に起用する」という方針から攻撃的MFとしての出場が増加し、レギュラーに定着する。17試合に出場し、シーズン終盤の快進撃に貢献した。11月にはAFCユース選手権2006に出場し、3得点4アシストを挙げる。この活躍を受けてペトロヴィッチからは、「広島のダイヤモンド」と称された。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たエジミウソン・ドス・サントス・シルバ

    2010年1月9日、埼玉スタジアムで浦和への加入記者会見が開かれた。背番号はかつて浦和に大きな貢献をもたらした広瀬治、小野伸二、アレックスといった選手達が付けていた8に決定した。シーズン開幕直後は不慣れなサイドでの起用、本職のトップ下に入っても周りの選手とのコンビネーションや広島と浦和のサッカースタイルのギャップに苦しみ、なかなか本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、8月末に阿部勇樹が退団した影響もあって手薄になったボランチで起用されるようになってからはゴールに絡む場面が増えるなど徐々に本領を発揮出来るようになっていった。尚、浦和移籍後初ゴールは5月5日のJリーグ第10節、名古屋グランパス戦の後半3分に記録している。最終的にこのシーズンは公式戦全試合出場したエジミウソンに次ぐ、公式戦43試合に出場した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た阿部勇樹

    2010年1月9日、埼玉スタジアムで浦和への加入記者会見が開かれた。背番号はかつて浦和に大きな貢献をもたらした広瀬治、小野伸二、アレックスといった選手達が付けていた8に決定した。シーズン開幕直後は不慣れなサイドでの起用、本職のトップ下に入っても周りの選手とのコンビネーションや広島と浦和のサッカースタイルのギャップに苦しみ、なかなか本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、8月末に阿部勇樹が退団した影響もあって手薄になったボランチで起用されるようになってからはゴールに絡む場面が増えるなど徐々に本領を発揮出来るようになっていった。尚、浦和移籍後初ゴールは5月5日のJリーグ第10節、名古屋グランパス戦の後半3分に記録している。最終的にこのシーズンは公式戦全試合出場したエジミウソンに次ぐ、公式戦43試合に出場した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た三都主アレサンドロ

    2010年1月9日、埼玉スタジアムで浦和への加入記者会見が開かれた。背番号はかつて浦和に大きな貢献をもたらした広瀬治、小野伸二、アレックスといった選手達が付けていた8に決定した。シーズン開幕直後は不慣れなサイドでの起用、本職のトップ下に入っても周りの選手とのコンビネーションや広島と浦和のサッカースタイルのギャップに苦しみ、なかなか本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、8月末に阿部勇樹が退団した影響もあって手薄になったボランチで起用されるようになってからはゴールに絡む場面が増えるなど徐々に本領を発揮出来るようになっていった。尚、浦和移籍後初ゴールは5月5日のJリーグ第10節、名古屋グランパス戦の後半3分に記録している。最終的にこのシーズンは公式戦全試合出場したエジミウソンに次ぐ、公式戦43試合に出場した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た田中亜土夢

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た本田圭佑本田 圭佑

    2011年1月、AFCアジアカップ2011に出場する日本代表に選出。トップ下を勤める本田圭佑の負傷により、グループリーグ第3戦サウジアラビア戦に同ポジションで先発出場した。この試合は大勝し献身的なプレーは評価された一方得点やアシストはつかず、本田の復帰により以後の出場は無かった(日本はこの大会優勝)。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た高木琢也

    2008年には背番号が27から10に変更された。なお、広島の背番号10は代々高木琢也、久保竜彦、ウェズレイらストライカーの選手が背負っており、中盤の選手が10を背負うのは柏木が初めてであった。北京五輪代表候補にも名前が挙がっていたが、序盤の怪我による不振から北京五輪本大会のメンバーには選ばれなかった。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た梅崎司

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た青山隼

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た久保竜彦

    2008年には背番号が27から10に変更された。なお、広島の背番号10は代々高木琢也、久保竜彦、ウェズレイらストライカーの選手が背負っており、中盤の選手が10を背負うのは柏木が初めてであった。北京五輪代表候補にも名前が挙がっていたが、序盤の怪我による不振から北京五輪本大会のメンバーには選ばれなかった。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード