61件中 41 - 50件表示
  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2011年のJリーグ

    2011年、シーズン当初は前年度から大きく様変わりした戦術にフィットせず、自身の調子もチームの成績も芳しくない時期が続いたため、一時はスタメン落ちも経験する事になった。しかし、シーズン終盤にかけて調子を上げ、11月26日のJリーグ第33節、アビスパ福岡戦では前半終了間際に起死回生の同点ゴールを挙げる等の活躍を見せ、チームのJ1残留に大きく貢献した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た北京オリンピックサッカーアジア予選

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た御津町 (兵庫県)

    兵庫県神戸市生まれ、揖保郡御津町(現:たつの市)育ち。Jリーグの浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはミッドフィールダー。広島県立吉田高等学校卒業。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2010年のJリーグ

    2010年1月9日、埼玉スタジアムで浦和への加入記者会見が開かれた。背番号はかつて浦和に大きな貢献をもたらした広瀬治、小野伸二、アレックスといった選手達が付けていた8に決定した。シーズン開幕直後は不慣れなサイドでの起用、本職のトップ下に入っても周りの選手とのコンビネーションや広島と浦和のサッカースタイルのギャップに苦しみ、なかなか本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、8月末に阿部勇樹が退団した影響もあって手薄になったボランチで起用されるようになってからはゴールに絡む場面が増えるなど徐々に本領を発揮出来るようになっていった。尚、浦和移籍後初ゴールは5月5日のJリーグ第10節、名古屋グランパス戦の後半3分に記録している。最終的にこのシーズンは公式戦全試合出場したエジミウソンに次ぐ、公式戦43試合に出場した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た日本プロサッカーリーグ

    兵庫県神戸市生まれ、揖保郡御津町(現:たつの市)育ち。Jリーグの浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはミッドフィールダー。広島県立吉田高等学校卒業。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たAFCアジアカップ2011 (予選)

    2009年12月15日、浦和レッズへの完全移籍が両チームから発表された。柏木はこの移籍について、ステップアップのためのものとコメントしている。なお、契約満了をもっての移籍であったため移籍金は発生せず、トレーニング育成費として浦和から広島に4800万円が支払われた。同年12月21日にはアジアカップ最終予選・イエメン代表戦に向けたA代表に初招集された。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2009年のJリーグ

    2009年はJ1復帰初年度でありながら4位と躍進した広島の攻撃の中心として活躍したが、ブログにメールアドレスと電話番号を載せてしまうという失態もあった。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2007年のJリーグ

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たオシムジャパン

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダーとして、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していたほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあったが、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た広島スタジアム

    公式戦初出場:2005年6月4日 ナビスコカップ第5節 vsガンバ大阪戦 (広島スタジアム)柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード