79件中 61 - 70件表示
  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2007年のJリーグ

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダー として、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していた ほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあった が、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たオシムジャパン

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダー として、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していた ほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあった が、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た広島スタジアム

    公式戦初出場:2005年6月4日 ナビスコカップ第5節 vsガンバ大阪戦 (広島スタジアム)柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た万博記念競技場

    Jリーグ初得点:2006年8月23日 J1第19節 vsガンバ大阪戦 (万博記念競技場)柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たスカウト (勧誘)

    兵庫県神戸市生まれ、揖保郡御津町育ち。小中学校の同級生には木下真吾がいた。中学3年時、ヴィッセル神戸ユースに進もうとしていたが、サンフレッチェ広島からスカウトされ、ユース寮などの練習環境に惹かれ、テストを経て2003年広島ユースに加入。その当時は体がかなり細かったこともあり、関西圏チームのどこからも具体的なスカウトはなかった。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2006年のJリーグ

    2006年に広島のトップチームに昇格。同期入団は橋内優也、槙野智章、趙佑鎮ら。6月にミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任すると、「若手を積極的に起用する」という方針 から攻撃的MFとしての出場が増加し、レギュラーに定着。17試合に出場し、シーズン終盤の快進撃に貢献した。11月にはAFCユース選手権2006に出場し、3得点4アシストを挙げる。この活躍を受けてペトロヴィッチからは、「広島のダイヤモンド」 と称された。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たAFCアジアカップ2011

    2011年1月、AFCアジアカップ2011に出場する日本代表に選出。トップ下を務める本田圭佑の負傷により、グループリーグ第3戦サウジアラビア戦に同ポジションで先発出場した。この試合は大勝し献身的なプレーは評価された一方得点やアシストはつかず、本田の復帰により以後の出場は無かった(日本はこの大会優勝)。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た東アジアカップ2015

    2015年、攻撃的なズラタン、武藤雄樹などを補強したためボランチに固定された。7月、東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに選出されたが、直前のリーグ戦で左内転筋を負傷し出場辞退となってしまった。10月、再び代表に招集され10月13日のイラン戦で約3年ぶりに、伝統の背番号7を託され国際Aマッチ出場を果たした。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た卒業

    ポジションはミッドフィールダー。広島県立吉田高等学校卒業。妻は元TBSアナウンサーの佐藤渚。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たJユースカップ

    Jユースカップ:1回(2003年)柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード