1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会

    日本クラブユースサッカー選手権 \(U-18\)大会:2回(2003年、2004年)柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2012年のJリーグ

    2012年、広島時代の恩師でもあるミハイロ・ペトロヴィッチ氏が新監督に就任し、柏木自身はかつて広島時代もプレーしたシャドーのポジションでプレー。攻撃の中心として、以前の輝きを感じさせるプレーを随所に披露した。チームは最終節の名古屋戦を柏木の得点もあって2-0で勝利。この結果シーズン3位となり、AFCアジアチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2007 FIFA U-20ワールドカップ

    2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダー として、サイドの梅崎司・田中亜土夢、守備的なボランチの青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していた ほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあった が、最終的に広島に残留した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たサッカーイエメン代表

    2009年12月15日、浦和レッドダイヤモンズへの完全移籍が両チームから発表された。柏木はこの移籍について、ステップアップのためのものとコメントしている。なお、契約満了をもっての移籍であったため移籍金は発生せず、トレーニング育成費として浦和から広島に4800万円が支払われると報道された。同年12月21日にはアジアカップ最終予選・イエメン代表戦に向けたA代表に初招集された。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た兵庫県

    柏木 陽介(かしわぎ ようすけ、1987年12月15日 - )は、兵庫県神戸市生まれ、揖保郡御津町 (現:たつの市) 育ちのサッカー選手。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。元日本代表。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たJリーグベストイレブン

    2016年、6年ぶりとなる背番号10に変更。これはクラブとして福永泰以来日本人では16年ぶりとなる背番号10となった。初のJリーグベストイレブン受賞を果たした。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2016年のJリーグ

    2016年、6年ぶりとなる背番号10に変更。これはクラブとして福永泰以来日本人では16年ぶりとなる背番号10となった。初のJリーグベストイレブン受賞を果たした。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た2015年のJリーグ

    2015年、攻撃的なズラタン、武藤雄樹などを補強したためボランチに固定された。7月、東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに選出されたが、直前のリーグ戦で左内転筋を負傷し出場辞退となってしまった。10月、再び代表に招集され10月13日のイラン戦で約3年ぶりに、伝統の背番号7を託され国際Aマッチ出場を果たした。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見たJ1リーグ

    J1リーグ 1stステージ:1回(2015年)柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「柏木陽介」のニューストピックワード