前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 山部佳苗

    山部佳苗から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    2010年になると、6月の全日本学生柔道優勝大会決勝の大将戦で東海大学の田知本を破り、山梨学院大学を初優勝に導いた。さらに11月の講道館杯では初優勝を果たした。12月のグランドスラム・東京は3位だった。山部佳苗 フレッシュアイペディアより)

  • 拓殖大学柔道部

    拓殖大学柔道部から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    1900年、拓殖大学の開校と同時に創部した。1961年に「鬼の木村」と呼ばれたOBの木村政彦が監督に就任。木村がスカウトした岩釣兼生が4年生になりキャプテンとなった1965年には全日本学生柔道優勝大会で優勝を果たした。この時のメンバーには東京オリンピックの柔道で銀メダルを獲得したダグ・ロジャース も入っていた。拓殖大学柔道部 フレッシュアイペディアより)

  • 塚田真希

    塚田真希から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    2000年4月には東海大学に入学すると、フランスジュニア国際では2連覇を飾った。6月の学生優勝大会では早くもチームの優勝に貢献することとなった。さらに、9月の全日本ジュニアで2連覇を達成すると、10月の世界ジュニアでも優勝を飾った。学生体重別と11月の全国女子柔道体重別選手権大会では決勝で筑波大学の薪谷翠に敗れて2位にとどまった。12月の福岡国際では78kg超級で5位だったものの、無差別ではキューバのダイマ・ベルトランに注意で敗れたものの2位となった。塚田真希 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田早希 (柔道)

    吉田早希 (柔道)から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    1993年 - 全日本学生柔道優勝大会 団体戦 2位吉田早希 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 上口孝太

    上口孝太から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    小学校の時は野球をやっていたが、向丘中学に入ると柔道と相撲を始めた。高校は近畿大学附属福山高校に進学すると、2年の時に金鷲旗で3位となった。大学は日大に進むと、2年の時には正力杯95kg超級で優勝を果たした。さらには無差別の学生選手権でも優勝を成し遂げた。しかし学生2冠を達成しながら、全日本ジュニアの決勝では東海大相模高校の井上康生に背負投で一本負けを喫して2位に終わった。その後の世界学生ではオール一本勝ちで優勝を飾った。3年の時には学生優勝大会で優勝を果たして優秀選手にも選ばれた。卒業後、社会福祉法人慈雄会を経て警視庁に入庁すると、2001年のアジア柔道選手権大会無差別で優勝を飾った。2003年には体重別決勝で村元辰寛を警告で破って優勝した。世界選手権個人戦の代表にはなれなかったが、今大会において設けられた団体戦の代表には選ばれて2位となった。上口孝太 フレッシュアイペディアより)

  • 原吉実

    原吉実から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    明治大学には大きな選手が多かったので最初は大変だったが、大きな選手と練習することでパワーが付いたので、結果として良かったという。学生優勝大会では1、2年の時に優勝を果たした。1974年には世界学生の中量級で優勝を成し遂げた。原吉実 フレッシュアイペディアより)

  • ダグ・ロジャース

    ダグ・ロジャースから見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    1965年になると、拓殖大学と兵庫県警との2週間の合同合宿に参加して、1日8時間の猛練習にも耐え抜いたことで自信をつけたことにより、東京オリンピック前に猪熊対策を伝授されていた木村政彦を慕って拓殖短期大学貿易科フランス語部に入学することを決めた。入学するなり全日本学生柔道優勝大会東京予選で拓殖大学の初優勝に貢献すると、全日本学生柔道優勝大会では決勝で明治大学の選手相手に一本勝ちするなどオール一本勝ちの大活躍で、拓殖大学の初優勝に大きく貢献することとなった。この際に、「先生に会わなかったらボクはオリンピックのときから全然強くならなかったでしょう。ボクが頑張れたのも先生が親切に教えてくれたおかげね」と語った。ダグ・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • 岩釣兼生

    岩釣兼生から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    岩釣は師匠ゆずりの独特の大外刈りや腕緘(キムラロック)を身につけて、1965年の大学4年時、キャプテンとして部を率い、全日本学生柔道優勝大会決勝でそれまで4連覇していた明治大学を破って拓殖大学を戦後団体戦初優勝に導く。そのレギュラーメンバーの中には東京オリンピック重量級銀メダリストのロジャースらがいた。岩釣兼生 フレッシュアイペディアより)

  • 下出善紀

    下出善紀から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    高校卒業後は上京し、東海大学に入学。個人戦で大学2年次の1989年より全日本学生体重別選手権で3連覇を成し遂げ、3年次に講道館杯を制しシニア初タイトルを獲得したほか、4年次には東京代表として全日本選手権にも出場した。また団体戦でも、全日本学生優勝大会で同大学が1989,90年と連覇した際には、その原動力となった。下出善紀 フレッシュアイペディアより)

  • 穴井亮平

    穴井亮平から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    7歳の時に柔道を始めた。熊本県東海大学付属第二高等学校から東海大学に進み、2009年には全日本学生柔道優勝大会と学生体重別で優勝を果たした。大学を卒業後、2011年の体重別では決勝で千葉県警の加藤博剛に肩固で一本勝ちして優勝を飾った。穴井亮平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「全日本学生柔道優勝大会」のニューストピックワード