43件中 11 - 20件表示
  • 河原月夫

    河原月夫から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    高校卒業後は明治大学に進学。師範の姿節雄、曽根康治の両名や監督の神永昭夫のほか、後に世界チャンピオンとなる篠巻政利や須磨周司等の先輩にも鍛えられ、団体戦で全日本学生優勝大会で2度の優勝(1968,71年)を経験したほか、個人戦でも全日本学生選手権やアジア選手権で優勝を果たした。大学3年次の1970年には体重無差別で柔道日本一を決める全日本選手権に出場すると、本命とみられていた佐藤宣践や園田勇らを破り、決勝戦こそ大学OBの篠巻政利(富士製鉄)の前に優勢負けを喫したものの、学生ながら準優勝という好成績を残している。河原月夫 フレッシュアイペディアより)

  • 正木健人

    正木健人から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    天理大学に入学後、高校の先輩でもある監督の篠原信一による指導を受けて全日本学生柔道優勝大会の団体メンバーに入ったこともあったが、際立った活躍は見られなかった。正木健人 フレッシュアイペディアより)

  • 松本安市

    松本安市から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    1953年、天理大学柔道部設立と共に初代師範に就任。3年目には同大学を全日本学生柔道優勝大会で優勝に導いたほか、アントン・ヘーシンクや出稽古に来ていたウィレム・ルスカらを、体で覚えさせる、いわゆるスパルタ教育で指導し、後の世界チャンピオンにまで育て上げた。1961年の世界選手権の優勝者をヘーシンクと予測し当時の全日本柔道連盟の強化委員長を激怒させたほか、1972年のミュンヘンオリンピックでも優勝者をルスカと予測しまたも的中させるなど、指導者としての目も確かだったようである。なお、1964年の東京オリンピックでは柔道日本代表の監督も務め、コーチの曽根康治と共に、日本選手団を4階級のうち無差別を除く3階級で金メダルに導いている。松本安市 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫明伸

    大迫明伸から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    1979年に天理大学へ進学すると、2年次よりレギュラーとして活躍し、この間に同大学は全日本学生優勝大会において、1980年3位、81年優勝、82年準優勝という好成績を収めている。1983年春、同大学を卒業。大迫明伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高木長之助

    高木長之助から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    1967年に日本大学経済学部に入学するも、当時の世は学生運動の真っ盛りで、日本大学も例外ではなかった。2年次の6月から3年次の秋までは学園ストの影響で授業ができず、柔道部は一日中みっちり稽古をしていたようだ。そのおかげで1969年の全日本学生大会で、日本大学は拓殖大学を破り、優勝を飾る。高木長之助 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田優也

    吉田優也から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    2008年―2011年 - 全日本学生柔道優勝大会 4連覇 吉田優也 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋宏明 (柔道家)

    高橋宏明 (柔道家)から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    当時の中央大学は津沢寿志監督のもと柔道部強化の盛りで、高橋らが入学した頃から全日本学生優勝大会でも上位の常連となった。また個人戦でも全日本学生体重別選手権で1995年,96年と3位に入り、4年次の1997年には決勝戦で日本大学の上口孝太を破り優勝を果たした。高橋宏明 (柔道家) フレッシュアイペディアより)

  • 津沢寿志

    津沢寿志から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    その後、博報堂にてサラリーマンに。1975年9月の全日本選抜体重別選手権で敗れてモントリオール五輪の代表の座を逃すと、「その敗北でいっぺんに柔道への情熱を失った」と津沢。直後に渡米して1年間アメリカで漂流生活を送った。帰国後は柔道整復師を志して専門学校に入学し、1979年に地元富山県の高岡市にて接骨院を開業。1990年には上京して、1992年4月に母校・中央大学の監督に就任した。「闘志を前面に出して攻めろ、逃げるな」という指導方針のもと、2000年には全日本学生優勝大会で中央大学を24年ぶり3回目の優勝に導くなどの功績を残している。2003年3月1日付にて中央大学監督を退くと、全日本柔道連盟会長嘉納行光の依頼により、岩田久和の後任として同年4月から連盟の事務局長に就任した。津沢寿志 フレッシュアイペディアより)

  • 曽根康治

    曽根康治から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    当時は寮もなく、寄居から駿河台の校舎まで電車に2時間半揺られて通学していたが、3年になりようやく“柔道部”が創設されて葛飾区の堀切に白雲寮ができると、そちらに移り住んだ。1952年に柔道部は葉山三郎7段(のち8段)を監督として、姿節雄7段(のち9段)を師範として迎え、4年生になり身長180cm・体重90kg弱と堂々たる体格となった曽根は、主将として柔道部を率いた。明大柔道部は総勢150人の部員を数えて他校を圧倒し、団体戦で全日本学生優勝大会を制したほか、曽根自身は個人戦でも全日本学生選手権で優勝を飾っている。曽根康治 フレッシュアイペディアより)

  • 石井竜太

    石井竜太から見た全日本学生柔道優勝大会全日本学生柔道優勝大会

    千葉県出身。柔道は10歳の時に始めた。東海大浦安高校3年の時にはインターハイ団体戦で2位となった。東海大学に進学後、全日本ジュニアに優勝して世界ジュニアに出場するが、準決勝でフランスのテディ・リネールに大外返で敗れるなどして5位に終わった。その後、学生優勝大会では2度優勝を果たした。また、学生体重別では2度3位となった。石井竜太 フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「全日本学生柔道優勝大会」のニューストピックワード