3551件中 11 - 20件表示
  • 京都共栄学園中学校・高等学校

    京都共栄学園中学校・高等学校から見た柔道柔道

    岩本隆志(柔道選手)2000年卒業。京都共栄学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た柔道柔道

    柔道の国際大会で活躍したのち総合格闘技に転向、2000年にリングスの大会で日本に渡り、ヘビー級と無差別級の王座に就く。2002年のリングス休止以降はPRIDEに出場し、2003年にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを下しヘビー級王座を獲得した。2004年にはヘビー級グランプリに優勝、2005年にはミルコ・クロコップを下し王座を防衛した。2007年のPRIDE消滅後も日本国外の大会を渡り歩き、2008年にはAfflictionで元UFCヘビー級王者ティム・シルビアを破りWAMMA世界ヘビー級王者となっている。その後も、2009年にはアンドレイ・アルロフスキーに勝ち、WAMMA王座の防衛に成功。2010年に敗れるまで10年間無敗という記録を作った。またプロ格闘家として活動する傍らコンバットサンボの大会にも出場し、世界選手権で4度の優勝を果たしている。2009年、政府認定のファン投票によりテニスのスベトラーナ・クズネツォワと共にロシアのベスト・アスリートに選ばれた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • 極真会館

    極真会館から見た柔道柔道

    大山倍達自らボクシング、柔道、合気道を学んでいたことから、道場には進取の精神があった。大山道場から極真会館へ組織変更した1964年にはタイへ遠征し、黒崎健時、中村忠、藤平昭雄がムエタイルールで、ムエタイと試合をした。極真会館 フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁武術世話掛

    警視庁武術世話掛から見た柔道柔道

    警視庁武術世話掛(けいしちょうぶじゅつせわかかり)とは、明治時代の警視庁に設けられた、警察官に剣術、柔術、捕手術を指導する係。現在の剣道、柔道、逮捕術の師範等に相当する。警視庁武術世話掛 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤勝昭

    佐藤勝昭から見た柔道柔道

    佐藤 勝昭(さとう かつあき、1946年4月4日 - )は、日本の空手家で、佐藤塾の塾長である。選手権大会参戦時の体格は、身長180センチメートル・体重90キログラム。柔道も参段を允許されている。佐藤勝昭 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た柔道柔道

    2001年(平成13年)1月6日の中央省庁再編により文部省を改組して、科学技術庁を吸収合併して廃止する形式で文部省と科学技術庁が統合されて、文部科学省が設置される。2003年(平成15年度)から情報科が新設されて、高等学校の必修教科となる。2011年(平成23年度)から小学校で、外国語活動の時間が設けられて、2012年(平成24年度)から中等教育で、安全性の問題が議論されている武道科(剣道科・柔道科・相撲科)の3種目と指導方法の向上が必要であるダンス科(創作ダンス・フォークダンス・現代的なリズムのダンス)が導入されて、3 種目から選択して必修化されるようになった。2012年(平成24年度)から、木造校舎の建設を可能とするため木造校舎の焼失実験が実施されて、1972年(昭和47年)に終了した放射線教育が約30年ぶりに中学校の理科で復活した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た柔道柔道

    三崎 和雄(みさき かずお、1976年4月25日 - )は、日本の男性元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。KATORI DOJO主宰。柔道三段。ブラジリアン柔術黒帯。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。東京学館高等学校卒業。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • リオン武

    リオン武から見た柔道柔道

    リオン武(リオン たけし、1980年3月10日 - )は、日本の男性総合格闘家。本名は井上 武(いのうえ たけし)。神奈川県横浜市出身。シューティングジム横浜所属。柔道弐段。元修斗世界ライト級王者。RISING SUN主宰。リオン武 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚国三郎

    飯塚国三郎から見た柔道柔道

    飯塚 國三郎(いいづか くにさぶろう、明治8年(1875年)2月13日 - 昭和33年(1958年)7月25日)は、日本の柔道家。段位は講道館柔道十段、大日本武徳会柔道範士。慶應義塾體育會柔道部師範、国際柔道協会会長などを歴任した。飯塚国三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 海兵隊マーシャルアーツプログラム

    海兵隊マーシャルアーツプログラムから見た柔道柔道

    1956年、当時サンディエゴ海兵新兵訓練所の柔道チームリーダーだったラルフ・ヘイワード中佐は、ビル・ミラー一等軍曹を徒手格闘の専任者としてて任命した。ミラーは体重50キログラムから100キログラムの海兵隊員が素早く敵を殺すことのできる新しいカリキュラムを開発するよう命令された。ミラーは沖縄空手、柔道、テコンドー、カンフーボクシング、柔術など様々な格闘技からプログラムを作成し、サンディエゴの海兵隊新兵訓練を通過する全ての海兵隊員がミラーの戦闘プログラムを教育されることとなった。このプログラムの対象はアメリカ全軍種からなる特殊作戦部隊、そして各種の文民組織も含んでいた。2001年後半、引退したビル・ミラー一等軍曹は「海兵隊マーシャル・アーツの開発」に対して名誉ブラックベルトを与えられた。海兵隊マーシャルアーツプログラム フレッシュアイペディアより)

3551件中 11 - 20件表示

「柔道」のニューストピックワード