480件中 91 - 100件表示
  • 柔道

    柔道から見たバロン吉元

    「柔俠伝」シリーズ(バロン吉元)漫画 1970年- 新2000-柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見たかざま鋭二

    大樹の道(かざま鋭二)1996-柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た猿渡哲也

    TOUGHタフ 番外編 柔の章(猿渡哲也)2017-柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た西郷四郎

    この試合の後、三島通庸警視総監が講道館柔道を警視庁の必修科として柔術世話掛を採用した為、全国に広まっていったという(なお該当の試合については日時、場所、対戦相手、勝敗結果について明白な史料はなく、山下義韶の回想記(雑誌『キング』1929年(昭和4年)10月号)では明治19年(1886年)2月に講道館四天王の西郷四郎(小説「姿三四郎」のモデル)が好地円太郎に山嵐で勝ったという他、明治18年5月、明治19年(1886年)6月、10月説などもあり、西郷四郎の相手も昭島太郎であったという説もある)。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た嘉納徳三郎

    1882年創立の嘉納塾以降、1888年善用塾、成蹊塾、1900年全一塾と対象年齢毎の私塾を展開していく。そこでは知育、徳育、体育のどれにも偏らない教育を塾の方針とし、そこから杉村陽太郎、高島平三郎、南郷次郎、嘉納徳三郎など様々な各方面に活躍する多くの卒業生が巣立っている。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た講道館四天王

    この試合の後、三島通庸警視総監が講道館柔道を警視庁の必修科として柔術世話掛を採用した為、全国に広まっていったという(なお該当の試合については日時、場所、対戦相手、勝敗結果について明白な史料はなく、山下義韶の回想記(雑誌『キング』1929年(昭和4年)10月号)では明治19年(1886年)2月に講道館四天王の西郷四郎(小説「姿三四郎」のモデル)が好地円太郎に山嵐で勝ったという他、明治18年5月、明治19年(1886年)6月、10月説などもあり、西郷四郎の相手も昭島太郎であったという説もある)。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た永岡秀一

    なお、2012年現在での講道館十段所有者は、山下義韶、磯貝一、永岡秀一、三船久蔵、飯塚国三郎、佐村嘉一郎、田畑昇太郎、岡野好太郎、正力松太郎、中野正三、栗原民雄、小谷澄之、醍醐敏郎、安部一郎、大沢慶己(昇段年順)の15人のみで、柔道入門者12万人に1人と非常に狭き門となっている。また国際柔道連盟での十段所有者は、アントン・ヘーシンク(オランダ)、チャールズ・パーマー(イギリス)、ジョージ・カー(イギリス)の3人となっている。他にもフランス柔道連盟のアンリ・クルティーヌ、オランダ柔道連盟の:nl:Jaap Nauwelaerts de Agéが十段位を取得している。女子では十段は福田敬子(在アメリカ)ただ1人(2011年8月に昇段)である(講道館は九段)。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た小泉八雲

    柔道や柔術の海外への伝播はちょうど第一次世界大戦前であり、多くの柔道家・柔術家が海外に渡って普及活動を行っている。アメリカなどでは第一次大戦前、柔術ブームとでも呼ぶべき現象が起きていた。またそこには当時、日清・日露戦争での勝利に対して世界から向けられた日本への興味、東洋趣味からの観点や、嘉納治五郎の教育者の立場からの部下にあたるラフカディオ・ハーン(小泉八雲)などによる柔道(柔術)の海外への紹介、また嘉納治五郎自身の渡欧の影響なども柔道・柔術ブームへの影響が見受けられる。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た摩文仁賢和

    なお、嘉納の船越義珍、本部朝基、宮城長順、摩文仁賢和等への接近やその上京への斡旋、協力などを通し、1934年には唐手の名称改め空手は嘉納の斡旋によって大日本武徳会の柔道部門への入部が認められることになる。空手の本土における上陸、全国的な普及活動の糸口となったのが講道館での演武会であり、それが近代空手道の出発点となる。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た大島やすいち

    おれが大将(大島やすいち)1978-柔道 フレッシュアイペディアより)

480件中 91 - 100件表示

「柔道」のニューストピックワード