480件中 21 - 30件表示
  • 柔道

    柔道から見たちばてつや

    姿三四郎(キャラクターデザイン・ちばてつや 日本アニメーション)1986柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た松井勲

    小俣幸嗣、尾形敬史、松井勲著、竹内善徳監修『詳解 柔道のルールと審判法』大修館書店 ISBN 4-469-26423-7柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た美空ひばり

    柔 (監督・渡辺邦男)1964年- 主題歌 美空ひばり「柔」柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た渡辺千秋

    初代総裁に小松宮彰仁親王(皇族、陸軍大将)、会長に渡辺千秋(京都府知事)、副会長に壬生基修(平安神宮宮司)が就任した。同年に第1回の武徳祭と武術大会が行われ、1942年(昭和17年)太平洋戦争のため中止されるまで、恒例の行事として行われた。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た小川直也

    タケル道(大和八重子 監修・小川直也)2000-柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た黒澤明

       續姿三四郎(監督・黒澤明)1945柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た浦沢直樹

    YAWARA!(原作・浦沢直樹)(監督・吉田一夫)実写映画 1989柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た市川崑

    銀座三四郎(縮小版・銀座の猛者(もさ))(原作・富田常雄)(監督・市川崑)1950柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た谷亮子

    柔道の創始者である嘉納治五郎は『柔道概要』の中で「初段より昇段して十段に至り、なお進ましむるに足る実力ある者は十一段十二段と進ましむること際限あるなし」と述べている通り上限は決められていない。ただし十段よりも上へ昇段した前例はなく、今日では十段が事実上の最高段位になっている。そもそも段位は柔道の「強さ」のみで決まるものではないため、高段者になればなるほど、名誉段位という意味合いが強くなっている。実際に、昇段の為の条件(競技成績・修業年限・審判実績など)が明文化されているのは八段までで、九段の昇段については存命の九段所有者が審議して決める事になっており、十段については講道館長の裁量に任されるなど、基準が非常に曖昧になっている。一方、現役選手では三?五段までが殆どで、これは全日本柔道選手権やオリンピック柔道競技、世界柔道選手権、春・秋の講道館紅白試合の技量抜群者に与えられる「特別昇段」の段位上限や、年齢・修行年限などの制限が課されているためである。実際にオリンピック2連覇で世界選手権を7度制した谷亮子も、現役時代の段位は四段であった。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見たモンキーパンチ

    姿三四郎(キャラクターデザイン・モンキーパンチ 東京ムービー新社)1981柔道 フレッシュアイペディアより)

480件中 21 - 30件表示

「柔道」のニューストピックワード