480件中 51 - 60件表示
  • 柔道

    柔道から見た富木謙治

    嘉納亡き後も、嘉納の求めた「離れて行う柔道」の試行は望月稔や富木謙治などに引き継がれ、1942年に講道館2代目館長南郷次郎時代に講道館において「柔道の離隔態勢の技の研究委員会」が設置されている。中でも富木謙治による離れて行う柔道の当身と立ち関節を主体とする「離隔態勢の柔道」の研究は、講道館護身術や合気道競技(柔道第二乱取り法)などとしてまとめられることになる。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た南郷次郎

    嘉納亡き後も、嘉納の求めた「離れて行う柔道」の試行は望月稔や富木謙治などに引き継がれ、1942年に講道館2代目館長南郷次郎時代に講道館において「柔道の離隔態勢の技の研究委員会」が設置されている。中でも富木謙治による離れて行う柔道の当身と立ち関節を主体とする「離隔態勢の柔道」の研究は、講道館護身術や合気道競技(柔道第二乱取り法)などとしてまとめられることになる。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た北川みゆき

    ぷりんせすARMY(北川みゆき)1990-柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た望月稔

    参加メンバーの望月稔は、古武道研究会について「武術が殺傷の技術であったのに対し、武道は青少年の体育、徳育、知育に志向した教育手段として近代化されたものである。従って技術的には殺傷の技としては有効であっても、体育的には不適当と見做された多くの技が全て淘汰されてしまった。嘉納治五郎先生は大正の末期から、之に対する再検討に入られて、当時既に消滅に瀕していた古流武術の保存に力を入れられたのである」と述べている。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た前田光世

    また一方で嘉納の志向した武術としての柔道とは異なる流れとして、海外に渡り柔道普及活動の一環で異種格闘技を戦い名声を上げた谷幸雄や前田光世などの活躍もある。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た枝川弘

    講道館四天王(監督・枝川弘)1955柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た本部朝基

    また、1911年(明治44年)、沖縄県師範学校の唐手部の生徒6名が修学旅行で上京した際、嘉納治五郎に招かれて講道館で唐手の演武、形の解説、板割りなどを行った。このときも「柔道元祖嘉納先生をして嘆賞辟易せしめた」という。これは船越が上京する11年前の出来事であった。また、嘉納が沖縄を訪問した際には、本部朝基を料理屋に招いて唐手について熱心に質問するなど、唐手に対して並々ならぬ関心を抱いていた。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た川石酒造之助

    また、フランス柔道の父川石酒造之助の「川石メソッド」などの例からも、海外に渡った柔道家の残した柔道技術の中には現在国内においては失われたものもあることが伺える。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た斎藤ゆずる

    柔道一直線(原作・梶原一騎 永島慎二・斎藤ゆずる)1969-柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た九里一平

    ジュードー・ボーイ(九里一平)1961-柔道 フレッシュアイペディアより)

480件中 51 - 60件表示

「柔道」のニューストピックワード